MacとBCLの時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのパソコンやBCLに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。



2016年11月5日(土)の受信ログです。

受信機:ICOM IC-R75、Perseus、ETON E1XM
アンテナ:ALA-1530S+、ΔLOOP7
今日は全体的にイマイチな入感でした。
Time(JST)kHzSINPOLang.Station
17:00-17:041369545333FreRadio France Int’l
17:05-17:071784035333EngRadio Australia
17:08-17:101773025332AraRadio Saudi
17:11-17:151769035433PasRadio Azadi
17:16-17:181514535232FreAdventist World Radio
17:19-17:221529035232JapRadio Japan via Issoudun
17:23-17:31976545433EngRadio New Zealand Int’l
19:20-19:231206545333EngRadio Australia
19:24-19:271189535333EngBBC via Thailand
19:28-19:311166525232MalRTM Wai FM
19:32-19:40483535333EngABC Northern Territory
19:41-19:44502025231EngSolomon Islands BC




こんにちは!Mac-BCL777です。

MacBook Pro (Late 2016)に採用された「第2世代バタフライキーボード」は、以下の画像にある通り、改良されて打ちやすくなっているらしい。(赤線部分)

36


「第2世代バタフライ構造は、さらに快適な使い心地とさらに優れた反応が得られるように、細心の注意を払って改良されています。」と説明があるので、どれほど打ちやすくなったのか、とても期待されますね。実機が展示されたら、早く触ってみたいですね。いや〜、本当に楽しみです。




2016年11月5日(土)朝の受信ログです。

受信機:ICOM IC-R75、Perseus
アンテナ:ALA-1530S+、ΔLOOP7
今朝は空の状態が悪く、あまり聞こえませんでした。
Time(JST)kHzSINPOLang.Station
05:13-05:18736035443RusAdventist World Radio
05:19-05:22586035343PerRadio Farda
05:23-05:28483525232EngABC Northern Territory




こんにちは!Mac-BCL777です。

MacBook 12inch Retinaを4ヶ月使って、バタフライキーボードについて再認識したことを書きたいと思います。

 まず、前提条件として


キーストロークの深いキーボードと比べて「打ちやすい」ということは断言しません。あくまでも「力を抜いて触るように打つ」とかなり快適に入力できますよということです。感じ方、使いやすさは個人差があると思いますので、購入前に販売店で確かめることをお勧めいたします。私自身は、力を抜いて打つことに慣れましたので、かなり快適だと思っています。

DSC 0334


 バタフライキーボードのデザインを楽しむ


上記写真を見ていただくとわかると思いますが、バタフライキーボードの平面的なデザインがMacBook本体と一体化していて、キーストロークの深いキーボードに比べて、とても見た目が美しく感じます。この見た目が、MacBookのデザインの魅力となっていると思います。

 軽い気持ちでキーボードのホームポジションに手を置きましょう


気合を込めて、力を込めて打ってはいけません。あくまでも、軽く指を置いてください。力を入れると、きっと疲れます。バタフライキーボードは、軽く力を抜いて打つものと考えましょう。優しいキータッチで入力しましょう。

 軽いタッチで優しく打ち込む。「押す」というより、「触る」感じで。


軽い力でキーボードを触り、パタパタという感じで入力します。決して力を入れて、バシバシと打ってはいけません。慣れてくると、このパタパタという音が、気持ちよくなってきます。その頃にはきっと高速で入力できるようになっています。他のパソコンの深いキーストロークのキーボードがとても重く感じで、入力できなくなっていることでしょう。ここまで来たら、バタフライキーボードの専門家です。おめでとうございます!

 強く打ち込むと疲れます


何度も言いますが、バシバシ打ち込んではいけません。バタフライキーボードはキーストロークが浅いため、力を入れてバシバシと打つと疲れてしまいます。優しく触るように打たないといけません。

 フルサイズのキーボード


バタフライキーボードですが、キーストロークは浅いですが、キーピッチはフルサイズのキーボードと全く同じなんです。デスクトップのキーボードと全く同じですので、意外と打ちやすいはずです。モバイルパソコンのはずですが、キーピッチ小さくしていないところはさすがアップルですね。

 4ヶ月使っての使用感のまとめ


私が4ヶ月使って、このバタフライキーボードを使った感想は、「軽く、触るように打つ」ととても快適だということです。いや〜、慣れると本当に快適ですよ。今では、バタフライキーボードに慣れすぎて、他のパソコンのキーボードが重く感じるようになりました。会社のパソコンのキーボードが使いづらく感じます。慣れは恐ろしいですね。といっても、キーボードは個人の好き嫌いがあると思いますので、購入前に実機を触って判断をしてくださいね。私は今では、バタフライキーボードが快適で気に入っています。MacBookの購入を検討されている方に、この記事が参考になれば幸いです。

それでは、あなたのバタフライキーボード生活が豊かになりますように!




2016年11月4日(金)の受信ログです。

受信機:ICOM IC-R75、Perseus、ETON E1XM
アンテナ:ALA-1530S+、ΔLOOP7
今日はローバンドのノイズが多かったです。ほとんどの局が聞こえませんでした。
Time(JST)kHzSINPOLang.Station
19:20-19:26483525332EngABC Northern Territory
19:27-19:301789525332EngAll India Radio
19:31-19:331783035433TibRadio Free Asia
19:34-19:361776035433EngBBC via Thailand
19:37-19:391761525232AraRadio Saudi
19:40-19:431214035232DarRadio Azadi
19:44-19:461206545343EngRadio Australia
19:47-19:501203535333JapVoice of Mongolia
19:50-19:521194535333ChiRadio Veritas Asia
19:53-19:561166535333MalRTM Wai FM


にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへにほんブログ村 PC家電ブログ Macへ
にほんブログ村