MacとBCLの時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのApple製品やBCL、デジカメに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。
Instagramもやっています。

2017年12月10日(日)夜の受信ログです。

受信機:ICOM IC-R75mPerseus
アンテナ:ΔLOOP9+
Time(JST)kHzSINPOLang.Station
19:40-19:45976545433EngRNZ Pacific
19:45-19:50737033333EngKNLS
19:50-19:53502025232EngSolomon Islands BC
19:53-19:56502525232SpaRadio Rebelde
19:56-19:59986535333HinAll India Radio



こんにちは!Mac-BCL777です。

Apple Insiderによると、「iPhone X」のTrueDepthカメラの構成部分の一つであるVCSELレーザーの2番目に大きなサプライヤーが、生産能力を拡張する計画が明らかになり、来年はすべての「iPhone」にTrueDepthカメラとFace IDが搭載される可能性が高まってきました。

写真01

AppleサプライヤーのFinisarは、12月7日、2017年第4四半期の収支報告の中で、VCSELレーザー(垂直共振器面発光レーザー)の生産能力を拡大する計画を発表しました。

米国テキサス州のシャーマンに700,000平方フィートの製造プラントを購入したFinisarは、2018年第1四半期には、収益をこれまでの数十倍の3,000万ドル(約34億円)に伸ばすと予測されています。尚、AppleのVCSELレーザーサプライヤーの中で最大のLumentumの2017年第3四半期の収益は4,000万ドル(約45.4億円)でした。

VCSELレーザーの生産能力の拡張は、次世代「iPhone」のためだけでなく、「iPhone X」の現モデルの供給制約の緩和にもつながると考えられます。

TrueDepthカメラの製造は、かなり難しかったらしく、「iPhone X」の供給に時間がかかった原因ですから、TrueDepthカメラの安定供給と増産は次世代「iPhone」で、Face IDが標準になることを示していると思われます。



9To5Macによると、Appleの情報提供で定評のあるKGI証券のアナリスト・Ming-Chi Kuo氏が、2018年のiPhoneは、全モデルでバッテリ容量が増加するとレポートしているそうです。

IPhone

2018年のiPhoneは、以下の3モデルが発売されるだろうと予想されています。
  • 有機ELディスプレイ 5.8インチ
  • 有機ELディスプレイ 6.5インチ
  • 液晶ディスプレイ 6.1インチ
有機ELディスプレイの2モデルで、iPhone Xと同じL字型のバッテリーが採用され、容量も大きくなるとのことです。

重量は増えると思いますが、バッテリーが増強されることはいいことですね。でも気になるのは、どのモデルも大画面ばかりなのは、ちょっと気になりますね。私は小さいモデルに魅力を感じていますので、ぜひ、iPhoneSE2を出して欲しいです。



2017年12月10日(日)朝の受信ログです。

受信機:ICOM IC-R75、Perseus
アンテナ:ΔLOOP9+
今朝はさっぱり聞こえませんでした。
Time(JST)kHzSINPOLang.Station
05:43-05:47586035232PerRadio Farda via Kuwait
05:47-05:52595545333JapIRIB



こんにちは!Mac-BCL777です。

昨日は、いつも仲良くさせていただいている関西のBCL仲間と忘年会を行いました。私が幹事で執り行いました。

IMG 0592

場所はここ数年恒例となっている大阪・北新地の豚しゃぶのお店でした。飲み放題、豚しゃぶ、野菜の食べ放題で、美味しくいただきました。2時間半の飲み会でしたが、BCL談義や最近の話題など、いろいろと楽しく話すことができました。あっという間に時間が過ぎました。次回は、多分新年会となりますが、今からどこでやろうかを考えているところです。こうやって、同じ趣味の仲間が集まって話せることは、とても幸せなことだなあと思います。



にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへにほんブログ村 PC家電ブログ Macへ
にほんブログ村