MacとBCLの時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのApple製品やBCL、デジカメに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。
Instagramもやっています。

2017年5月2日(火)夕方の受信ログです。

受信機:ICOM IC-R75、Perseus、ETON E1XM
アンテナ:ΔLOOP9+
今夕は、良くも悪くもない受信コンデょションでした。この時間から7570kHz TOM via WRMIが音になっていました。あとは常連局を聴いていました。
Time(JST)kHzSINPOLang.Station
17:25-17:271178045333EngKNLS Anchor Point
17:28-17:30757025232EngTOM via WRMI
17:31-17:331788025332DarRadio Azadi
17:34-17:361785025232FreRadio France Int'l
17:37-17:4217790SNR:11dBEngBBC-WS [DRM]
17:45-17:47742545444EngRadio New Zealand Int'l

17790kHz BBC-WS [DRM]の受信画面です。たまにしか音になりませんでした。

no title



こんにちは!Mac-BCL777です。

Appleは、現地時間5月2日(火)に、現金保有高が2,500億ドル(約27.9兆円)を突破したことを報告する予定です。これはWal-Mart Stores、P&Gの市場価値よりも大きく、イギリスとカナダの外貨準備高の合計も上回る数字らしいです。

写真

 注目を集めるAppleの資産


2016年12月の時点では、Appleは現金、現金同等物、有価証券などの資産を合わせて2,460億ドル(約27.4兆円)を保有しているそうです。東京都の年間予算が13兆円ぐらいなので、その2倍以上の資産をAppleは持っているということ。ただ、Appleはこの資産を他のアメリカ企業と同様に、利益をアメリカに税金として払うのではなく、資産の大部分を海外に留めているそうです。

しかし、トランプ政権が「法人税を現行の35%から15%に引き下げる」と提案しています。もし、トランプ政権の政策の効果で、アメリカ企業が資産をアメリカ内に持ち込むとすれば、どのようにお金が使われるのか、特に大きな資産を持っているAppleの資産が、注目されているわけです。



こんにちは!Mac-BCL777です。

ホンダが2018年度からザウバーF1にパワーユニットを供給することを正式に発表しましたね。今年までは、マクラーレンへの供給のみでしたが、来年度からは2チームへホンダのパワーユニットが供給されることになります。

とはいうものの、ホンダは2015年から復帰して以来、信頼性不足、パワー不足など、散々なシーズンを過ごしています。1チームだけの供給でもうまくいっていないのに、2チームへの供給がうまくいくのか、ちょっと疑問ですね。でも、懸命に努力を続けているホンダですから、来年は強力なパワーユニットを供給してほしいですね。

ホンダがザウバーにパワーユニットを供給することが決まりましたが、ひょっとすると、来年以降、ザウバーに日本人ドライバーが誕生するかもしれませんね。そのことも少し気になるところです。

写真



2017年5月2日(火)朝の受信ログです。

受信機:ICOM IC-R75、Perseus
アンテナ:ΔLOOP9+
今朝の受信コンディションは良くもなく、悪くもなくといったコンディションでした。11610kHz Madagascar World Voiceが当地としては珍しく聞こえていました。
Time(JST)kHzSINPOLang.Station
04:38-04:411197525232RomRadio Romania Int'l
06:00-06:021209535333EngBBC via Ascension
06:03-06:051204045444ChiAdventist World Radio
06:06-06:081191525232AraBSKSA
06:09-06:121181044444EngBBC via Ascension
06:13-06:161162035333EngAll India Radio
06:17-06:201161025232ChiMadagascar World Voice
06:21-06:25983534232MalRTM Sarawak FM
06:26-06:29976545432JapIRIB



こんにちは!Mac-BCL777です。
昨日、しばらく倉庫にしまっていたアンテナ「AOR SA7000」を復活しましたので、記事に書きたいと思います。

皆さん、AOR SA7000というパッシブアンテナをご存知でしょうか。私がBCLを復活した2003年にベランダに設置するアンテナとして、購入したものです。復活当時、あまりBCLにかけるお金もなくて、安くてマンションベランダに設置できて、幅広い周波数をカバーしているものがないか探して、見つけたアンテナがSA7000でした。本当はALA-1530が欲しかったのですが、予算がなかったので、このアンテナにしたことを覚えています。

仕様は以下の通りだったと思います。
  • 周波数:30kHz~2GHz
  • 利得:最大0dB
  • インピ-ダンス:50Ω
  • 耐風速:50m/sec
  • 適合マスト径:30~60mm
  • 全長:1800mm
  • 重量:1.5kg
  • 電源:不要
DSC 0760

DSC 0759

今回復活させた理由ですが、Eスポシーズンを前に、FM-DXをしたいなあと思ったのと、リビングのFMラジオ(ラジカセSONY CFS-V1、とICF-SW7600GR)に接続して、ロッドアンテナでは綺麗に入らなかったC-FM局を受信したいなと考えたからでした。今年1月にΔLOOP9+を導入して、非同調アンテナだったので、同調アンテナのΔLOOP7を復活させようかと考えていましたが、ΔLOOP9+の性能が良く、短波の受信に不満がありませんので、だったら、FM以上の受信ができるアンテナがいいなと考えたための「AOR SA7000」でした。あと、ΔLOOP7にすると設置面積の問題もあり、家族からもやめてほしいと言われたことも理由の一つです。

早速、FM受信してみましたが、いつもはノイズに埋もれていたC-FM局が綺麗に入るようになりました。ラジカセのチューナーで、たくさんのFM局が聴けるようになり、ナイスでした。よく考えると、ラジカセなのに外部アンテナ端子があるCFS-V1はいいですね。

これでEスポの時も、ICF-2010、ICF-SW7600GRにつなげば、かなり活躍してくれそうですね。ちょっと楽しみが増えました。さすがに短波は、ΔLOOP9+にはかないませんが、FMより上はよく入りますね。さすが広域アンテナです。しばらくはΔLOOP9+とSA7000の2本体制でBCLを楽しみたいと思います。



にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへにほんブログ村 PC家電ブログ Macへ
にほんブログ村