こんにちは!Mac-BCL777です。

気になる、記になる・・・によると、Appleは先日にリリースした「iOS 10.3 beta」で新しいファイルシステム「Apple File System(APFS)」を採用しましたが、その結果、「iOS 10.3 beta 1」を搭載した端末では、従来のファイルシステムの端末に比べて、起動時間が高速化されているそうだ。

そもそも現行のMacのファイルシステムは「HFS+」で、かなり古いファイルシステムなので、現在のSSDなどの高速なディスクシステムが全盛の現代では、もう時代遅れのファイルシステムらしい。つまり、現状に合っていないということ。そこでAppleは、「AFPS」という新しいファイルシステムを開発したということ。

この新しいファイルシステムを搭載することで、iPhoneの起動時間は、約20%ぐらい高速化するそうだ。高速化は嬉しい話だが、記事の内容なiOSのみなので、iPhoneやiPadにのみ搭載なのか、Macにも搭載されるのかはわかりません。ぜひMacにも搭載してほしいですね。

写真01