こんにちは!Mac-BCL777です。

Appleが、インドでのiPhone SEの初の試験的組立を完了、生産を開始したことがわかりました。

写真

 台湾Wistronがベンガルールで生産開始


Wall Street Journalによると、Appleから委託された台湾Wistronが今月初め、インド南西部のカルナータカ州(州都はベンガルール)で、iPhone SEの組立を開始したとのことです。Appleは、ベンガルールでiPhone SEの生産を開始し、今月中にはインド国内向けに出荷開始するようです。

インド産iPhone SEがいくらで売られるかは現時点では不明ですが、一部のインド量販店では、米国の国内価格である約399ドルを下回る約320ドルで販売し始めているようです。しかし、インド政府は現行の320ドルを100ドル下回る販売価格を希望しているそうです。iPhone SEは、iPhoneの中で最も安価な製品ですが、大半のインド人にとっては高級品だそうです。