MacとBCLの時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのApple製品やBCL、デジカメに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。
Instagramもやっています。

2017年04月

こんにちは!Mac-BCL777です。

新たにリリースされたiOS10.3.2ベータ版では、iPhone5や第4世代のiPad用の復元ファイル(ipswファイル)が提供されていないことから、これら32ビットデバイスのiPhone5や第4世代のiPadのサポートをAppleが近いうちに終了するのではないか、という観測が浮上しています。

 iPhone5/5Cの復元ファイルがない


すでにデベロッパー版、パブリックベータ版の両方がリリースされているiOS10.3.2ですが、32ビットデバイス向けの復元ファイルが用意されていないことが判明しました。このファイルがないと、ユーザーはアップグレードやダウングレードを自由に行えません。

iPhone5、iPhone5c、第4世代iPadは、CPUとしてA6チップを搭載しています。このA6チップは32ビットアーキテクチャを用いており、iPhone5s(A7)以降の64ビットとは処理効率が異なります。今回対象外となったiOS端末は、どれもこの32ビットデバイスにあたります。

 正式なサポート終了は、iOS11からか


iOSは32ビットのアプリをサポートしない方針です。ですので、64ビットに対応していないデバイスのサポートはなくなると予想されています。なお、iOS11の発表は6月5日に開催されるWWDCが予定されています。

写真



こんにちは!Mac-BCL777です。

昨日ポチったBlutoothイヤフォンの「SoundPEATS Q12」、届きましたので、早速レビューをしたいと思います。

 パッケージ・外観


  • 包装はこんな感じ。結構しっかりとした箱に入っています。購入価格からすると、かなり立派な箱だと思います。
  • DSC 0674

  • 箱を開けるとこんな感じ。イヤフォンやケーブルなどは、専用のケースに入っています。
  • DSC 0675

  • 箱から取り出して見ました。ケースと一緒に取扱説明書が入っています。ただし、英語です。スイッチをオンオフした時にイヤフォンに流れるメッセージは、ちゃんと日本語でしたので、取扱説明書も日本語にしてくれてもいいような気がしますが、そこは価格が安いので、我慢しましょう。
  • DSC 0676

  • ケースを開けるとこんな感じで製品が収まっています。
  • DSC 0677

  • 製品をケースから取り出して見ました。イヤーピースやコード留め、クリップ、充電用ケーブルなど、しっかりと必要なものが入っています。価格を考えると、とても充実した付属品ですね。
  • DSC 0678


 SoundPEATS Q12の概要


イヤホン界のユニクロとも言うべき「SoundPEATS」は、安くてクオリティの高いイヤホンを豊富に取り扱っているブランドらしいです。初めて購入しましたが、確かに安いのに、しっかりとした作りのように感じます。付属品を充実していますしね。

Bluetooth4.1に対応し、apt-Xを搭載しているのでBluetoothのワイヤレス接続でも高音質な音が再生可能。2時間の充電で6時間再生可能なので、日中での使用時間としては十分な時間が確保できています。防水防滴仕様なのでスポーツでの仕様もOKという優れモノです。

仕様を簡単にまとめてみると、以下のとおり。
  • バージョン:Bluetooth4.1対応
  • オーディオコーデック:aptX対応
  • 接続範囲:10m以内
  • 出力:DC 5V / 80mA
  • 再生時間:6時間以上
  • 充電時間:2時間
  • 重さ:15g

 地味に使いやすい


結構使い勝手が考えられており、地味に助かる仕掛けがあります。
  • マグネットで左右のイヤフォンがくっつきます。カバンなどのポケットにしまう時になかなか便利だと思います。
  • DSC 0679

  • リモコンのボタンも3つだけなのでわかりやすいです。+ーのボタンは、短く押すとボリュームの調整、長押しすると曲を移動できます。真ん中のボタンは、電源のオンオフです。長押しするとペアリングモードになります。電源のオンオフなど、操作が完了すると、日本語で、「電源をオンにします」「電源をオフにします」「接続が完了しました」などのメッセージがイヤフォンから流れます。他のメーカでは、ビープ音などでしかわからないことが多い中、ちゃんとメッセージが流れるのは、とても親切だと思います。少しアナウンスの音量が大きい気がしますが、ちゃんと伝える姿勢がありがたいですね。ちょっとボタンの反応が遅い気もしますが、慣れれば問題ありません。
  • DSC 0680

  • 充電は付属のUSBケーブルを使います。リモコンに接続します。2時間ぐらいで充電できます。
  • DSC 0681


 音質、使い勝手など


  • 音質ですが、価格を考えると、結構いい音がしていると思います。ちょっと低音が弱い気もしますが、私の良く聴くフュージョンやジャズを聴くぶんには、特に問題がないかなと思っています。さすがに今まで使っていた密室型のヘッドフォンに比べると、音に迫力はありませんが、通勤の電車の中で聴くぶんには、まずまずの音だと思います。
  • 先ほども書きましたが、電源のオンオフ、ペアリングに実施時には、女性の声でアナウンスがあるので、わかりやすい。
  • マグネットでまとめるのが便利、コードも形状が平べったいので、ぐちゃぐちゃ絡まることはない。
  • 充電は2時間程度で6時間使えるので、私の場合は1週間で2回充電すれば、毎日聞くことができます。
  • これだけの品質のBluetoothイヤフォンが2,000円台で手に入るのですから、すごいですね。
全体的な感想としては、とても機能、性能的に、私は満足度が高いBluetoothイヤフォンだと思います。耐久性などは、これから使って見ないとわかりませんが、現時点では、かなり満足です。結構オススメできる製品なのかなと、現時点では感じています。






おはようございます!Mac-BCL777です。
今朝も01:30に起きまして、Fusion(JIMSAKU)聴きながら、絶賛作業中でございます。
新・おはようございます

 昨日の受信状態


昨日はPLCノイズがローバンドで強力に出ていたので、ローバンドの受信はダメでしたね。5020kHz SIBCが、かろうじて音になっていました。ハイバンドもノイズが多くて、あまり聞こえませんでした。まあ、こんな日もあるさということで、今日の受信をしたいと思います。

 IC-R8600の取扱説明書


アイコムのサイトにIC-R8600の取扱説明書がアップされていました。早速ダウンロードしました。やはり多機能ですね。ですが、Perusesのような帯域記録はできないようですね。スタンドアローン受信機でSDカードが使えるので、期待していましたが、ちょっと残念です。でも、興味のある受信機には変わりません。お金に余裕ができたら欲しいなあと思います。

写真



にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへにほんブログ村 PC家電ブログ Macへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ