MacとBCLの時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのApple製品やBCL、デジカメに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。
Instagramもやっています。

2018年06月

おはようございます!Mac-BCL777です。
今朝も04:00に起きまして、インターネットラジオでSmooth Jazzを聴きながら、絶賛作業中でございます。
P1010488

昨日の受信状態


昨日もイマイチな感じの受信コンディションでした。ですが、久しぶりに17670kHz Radi Romania Int’lが受信できました。決していい受信状態ではありませんでしたが、久しぶりに聞こえて嬉しいです。

ApplePayのクレジットカード登録


この後にも記事に書きますが、ApplePay(QuickPay)のクレジットカード登録をしました。簡単にオンラインで登録完了かと思ったら、クレジットカード会社に電話をかけて、本人確認をした上での登録でした。一応、クレジットカードによって使い道を管理したいと思ったので、2種類のクレジットカードを登録しました。個人的には、iPhoneにクレジットカード情報があるのは、なんとなく気になりますが、Appleがセキュリティ対策は万全と言っているので、それを信じたいと思います。

日本、決勝トーナメント進出


ワールドカップサッカー、日本、ポーランドに1-0で敗戦しましたが、セネガルが負けたため、2位通過で決勝トーナメントへ進みましたね。後半は、負けてもいいということで、パス回しで時間を稼いでいました。スポーツ的には、ちょっとブーイングですが、まあ、日本もこういう試合をするようになったんですね。とりあえず、決勝トーナメント進出おめでとうございます。



2018年6月28日(木)の受信ログです。

受信機:ICOM IC-R75、Perseus
アンテナ:ΔLOOP9+
Time(JST)kHzSINPOLang.Station
20:07-20:101788035333DarRadio Azadi
20:20-20:131783025231PerRadio Farda
20:13-20:151767025231EngRadio Romania Int'l
20:15-20:171763025232JapIRIB
20:17-20:191761525231AraBSKSA
20:19-20:211194535232ChiRadio Veritas Asia
20:21-20:24986535333HinAll India Radio



こんにちは!Mac-BCL777です。

Keyboard

MacRumorsに、MacBookのバタフライキーボード修理の詳細が掲載されていましたので、紹介したいと思います。

先週の6月22日から始まった修理プログラムの詳細は、以下の通り。
  • 修理した結果、キーボードに問題が生じた場合でも、修理対象となる。
  • 水などの液体による不良は修理の対象外。
  • キーを押しても反応しない、キーがゆるいまたは外れている場合、正規サービスプロバイダーはキーボードの清掃または問題のあるキーキャップの交換を行う。
  • 英語、イギリス英語、フランス語、ドイツ語、オランダ語、イタリア語、スペイン語、スウェーデン語、中国語、日本語のキーキャップ交換用キットが用意されている。
  • 同じ文字が連続して入力されてしまう、あるいは以前交換したキーキャップに問題がある場合、キーボードをそっくり交換することになる。これにはトップケース、トラックパッド、スピーカーグリルも含まれる。
  • 修理センターで修理を行うため、期間は5日〜7日かかる。ただし交換希望者が多ければ、修理時間がさらに延びる可能性がある。
  • Apple Store内で修理を行う場合もある。その場合でも数時間はかかる。
  • 修理プログラムによって、修理後も再びキーボードに問題が発生した場合、ユーザーは再度MacBookを持ち込むことができる。
  • 修理プログラムの開始前に対象モデルのキーボード修理を受けた顧客については、修理代金の返金を受けられるが、Apple Storeではなく、Appleサポートに電話、オンラインチャット、またはメールで直接問い合わせる必要がある。
  • 修理プログラムで交換してもらえるキーボードの設計が、これまでのものと同じなのか、それとも変更が加えられているのかは不明。
基本的にユーザがおかしいと感じた場合は修理してくれるようですね。キーボードがおかしいと感じたら、早めに修理に出した方がいいですね。



こんにちは!Mac-BCL777です。

Iphone6s

The Economic Timesによると、Appleは先週、インドのバンガロールにあるWistron(ウィストロン)の工場で、iPhone 6sの商業生産を開始しました。

今年の2月、インド政府は、輸入携帯電話の輸入関税を15%から20%に引き上げました。Appleは、今回のインド国内工場で生産することによって、iPhone 6sを輸入スマートフォン輸入関税なしの低価格で販売することができます。

Appleはこれまで、インドではiPhone SEの販売を行ってきましたが、iPhone 6sも販売されることになります。

日本ではiPhone Xですが、インドではまだiPhone 6sなんですね。やっぱりiPhone Xは高いということでしょうね。



こんにちは!Mac-BCL777です。

久しぶりにアプリアップデートの確認をしたら、愛用しているブログエディタの「MarsEdit4」のアップデート4.1.1が公開されていました。早速、AppStore経由でアップデートしました。問題なくアップデートできました。

アップデート内容ですが、基本的にバグ修正のようで、普通に使っている分には変化がありませんでした。でも、アプリは最新版を使う方が良いと思いますので、アップデートして安心です。

MarsEdit



にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへにほんブログ村 PC家電ブログ Macへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ