こんにちは!Mac-BCL777です。

皆さん、デジカメのオートフォーカスで、撮りたい場所にピントが合わないということはないでしょうか。私はあります。

ということで、今日はEOS M6ですごく使える「1点AF」の写真についてご紹介します。初心者なので、上手く撮れていないところもありますが、そこは暖かい目で見てやってください。では、行ってみましょう!

1点AFモードの設定方法


  • INFOボタンを押して、以下の画面を表示します。「AF」のところをタッチします。
  • no title

  • AF方式が表示されますので、「AF」(1点AF)を選択すればOKです。
  • no title


構図による1点AFの比較


  • まず、普通のオートフォーカス。どこにピントが合っているか?という感じです。多分、時計あたりに合っているのでしょう。
  • no title

  • そこで「1点AF」で狙ったところにピント合わせをしてみます。これ以降の写真は、すべて1点AFで狙ったところにAFしてます。まずはキーボードの「G」あたりに1点AFでロックしてみました。周りのヘッドフォンや腕時計はボケていますね。う〜む、狙い通りですね。
  • no title

  • 次はヘッドフォンの「Pioneer」の文字に1点AFをロックしました。見事にヘッドフォンの「Pioneer」の文字にフォーカスが合っていますね。
  • no title

  • 次は腕時計に1点AFをセットしました。
  • no title

  • 最後にディスプレイに1点AFを設定してみました。手前にある腕時計やヘッドフォンはボケていますね。うん、狙い通り!
  • no title

    こんな感じで、1点AFを使えば、狙ったところにフォーカスが自由自在にセットすることができます。通常のオートフォーカスで、なかなかピントが合わない場合や、狙ったところにピントを合わせたい場合は、この1点AFは便利ですよ。

    まとめ


    このように、1点AFモードは、オートと比べて、自分の好きなところにピントを合わせることができるので、とても便利ですね。レビュー時の製品を撮ったり、なかなか思ったところにオートフォーカスが当たらない場合に使うと便利だと思います。ただし、この1点AFは、止まっているものの撮影に限りますので、その辺りは、使い分けが必要ですね。私はあまり動いているものを取りませんので、この1点AFを多投しております。なんにしても、止まったものを取りときには狙ったところにピントが合わせられるので便利ですよ。ぜひ使ってみてください。