こんにちは!Mac-BCL777です。

Intelが、ノートPC向けの「Core i9」プロセッサを発表しました。i9シリーズ初のCoffee Lakeプラットフォームのプロセッサで、第8世代となります。

Main

Intelは、すでに2017年夏にデスクトップPC向けとして最大18コア32スレッドのCore i9を発表していますが、モバイル版は今回の6コア12スレッドの「Core i9-8950HK」が初となります。クロック周波数は通常時2.9GHz、ターボブースト時4.8GHzで、オーバークロックが可能です。

Intelは、Core i9-8950HKについて、同じ消費電力でのパフォーマンスは、第7世代のCore i7よりも29%高速であると発表しています。

MacRumorsによると、Core i9が45Wであることから、早ければ今年発表が見込まれる次期15インチMacBook Proに搭載されるだろうと予想しています。また現行のMacBook Proが発表されたのが昨年の世界開発者会議(WWDC 17)であることから、早ければWWDC 18で新MacBook Proがお目見えする可能性があるとも報じています。