こんにちは!Mac-BCL777です。

MacRumorsによると、最新のはずのMacBook Air 2019 に搭載されている256GBのSSDが、1年前の2018年のMacBook AirのSSDよりも遅いことがフランスのConsomacによって報告されています。Consomacによる測定に使われたベンチマークプラットフォームは、「Blackmagic Disk Speed」でした。

MacoBook Air SSD

MacBook Air 2019の256GB SSDのテストでは、1GB/秒の書き込み速度と1.3GB/秒の読み取り速度であることが確認されました。ただ、2018年にリリースされた同等モデルは920MB/秒の書き込み速度と2GB/秒の読み取り速度でした。ということは、2019年モデルの書き込み速度は旧モデルより多少優れているものの、読み取り速度はなんと35パーセントも低下しているということです。

Appleは、MacBook Airの価格をより手頃な価格に下げるために、遅い性能のSSDを採用した可能性がありますね。ただそれによってMacBook Air評価が変わるわけではありません。古いモデルからアップグレードするユーザーからすれば、十分に高速と思われます。

速度を重視をしている人は、2018年モデルのMacBook Airか、MacBook Proのご購入を検討してはいかがでしょうか。市場在庫はまだありますし、2018モデルは値引き販売されていますからね。