こんにちは!Mac-BCL777です。

2020年 F1 第5戦 70周年記念GPの決勝レースが、8月9日(日)にシルバーストン・サーキットで行われ、レッドブル・ホンダF1のマックス・フェルスタッペンが今季初優勝を果たしました。ホンダF1勢としても3台が10位内入賞を果たしました。

シルバーストンでの2週連続開催の2戦目は、1950年にシルバーストンでF1世界選手権が初開催されてから70年を記念して『70周年記念GP』と名付けられた。地名ではない名称が与えられたレースは、F1の70年の歴史で初めてとなります。

上位勢で唯一ハードタイヤでスタートしたレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンでしたが、スタートで3位に浮上すると、メルセデスの2台にしっかりとついていく走りを見せた。するとメルセデスの2台が、タイヤの状態に苦しみだす。フェルスタッペンは、エンジニアからの「タイヤをケアしろ」との指示に逆らってメルセデスに攻撃を仕掛けた。コース上でメルセデスの2台を抜くことはできなかったが、メルセデスの2台がタイヤ交換でピットインしたことでから暫定でトップに立ちました。フェルスタッペンは、メルセデスのピットインの後、プッシュしてリードを広げ、26周目にピットインしてミディアムに交換。3.2秒とやや時間がかかり、ボッタスの後ろでコースに復帰するが、その周にすぐにリードを奪い返して再びトップに立ち、そのあとはレースをコントロール。最終的に2位のルイス・ハミルトンに11.326差をつけて、今シーズン初勝利。昨年のブラジルGP以来となる通算9勝目を挙げました。

結構見応えのあるレースでした。メルセデスの2台がタイヤの状態に苦しんでいたのに比べて、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは、特にタイヤに苦しむことなく、2列目のスタートから見事な勝利でした。

順位NoドライバーチームGAPINT
133マックス・フェルスタッペンレッドブル・ホンダLAP52
244ルイス・ハミルトンメルセデス11.32611.326
377バルテリ・ボッタスメルセデス19.2317.905
416シャルル・ルクレールフェラーリ29.28910.058
523アレクサンダー・アルボンレッドブル・ホンダ39.1469.857
618ランス・ストロールレーシングポイント42.5383.392
727ニコ・ヒュルケンベルグレーシングポイント55.95113.413
831エステバン・オコンルノー64.7738.222
94ランド・ノリスマクラーレン65.5440.771
1026ダニール・クビアトアルファタウリ・ホンダ69.6694.125
1110ピエール・ガスリーアルファタウリ・ホンダ70.6420.973
125セバスチャン・ベッテルフェラーリ73.3702.728
1355カルロス・サインツマクラーレン74.0700.700
143ダニエル・リカルドルノー1L23.326
157キミ・ライコネンアルファロメオ1L16.393
168ロマン・グロージャンハース1L2.170
1799アントニオ・ジョビナッツィアルファロメオ1L5.800
1863ジョージ・ラッセルウィリアムズ1L0.882
196ニコラス・ラティフィウィリアムズ1L0.607
リタイヤ20ケビン・マグヌッセンハース