MacとBCLの時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのパソコンやBCLに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。

BCL受信機・ラジオ

こんにちは!Mac-BCL777です。

久しぶりにサブ受信機として、National RF-2600で受信してみました。しばらく受信していなかったのは理由がありまして、短波のデジタル周波数の表示が、5kHz上側にずれて表示されるようになったためでした。

久しぶりにFMでも受信しようかと思い、サブ受信機に位置にセットして、試しに短波も受信して見たら、元に戻って正常に周波数が表示されていました。どうして戻ったのかはあかりませんが、受信できるようになったのは嬉しいことです。しばらく強力なリスニング局でも受信して、RF-2600の音のいいスピーカで聞きたいですね。多分、RNZ Pacificあたりになることでしょうね。久しぶりに電源を入れましたが、相変わらず緑色のデジタル表示は綺麗ですね。

  • ラジオNIKKEI(9595kHz)を受信しているところ
  • RF2600 01

  • 綺麗な緑色のデジタル周波数表示
  • RF2600 02



こんにちは!Mac-BCL777です。

今までたまに電源を入れて受信していたYAESU FRG-7700ですが、どうやら故障してしまったようです。スイッチを入れてもおかしな周波数表示になったり、全く周波数を表示しなくなりました。時計は表示できるようですが、全く受信できなくなってしまいました。カウンター表示がおかしいのは、専用ICが故障した可能性が高く、修理も難しいでしょうね。気に入っていた受信機ですが、残念ながら廃棄処分でしょうか。とても残念ですね。

  • 電源OFFで時計表示はできます。
  • FRG 7700 01

  • 電源を入れると、一瞬「39545」と表示されて、すぐに表示しなくなる。
  • FRG 7700 02




こんにちは!Mac-BCL777です。

先日、SONY ICF-2010(2001D)をサブ受信機として、シャックにセットしました。久しぶりに使って見て感じたことを書きたいと思います。

写真02 19 34 32

ポータブルラジオながら、素晴らしい性能を持つSONY ICF-2010(2001D)。今更私が記事に書く必要なありませんが、とりあえず私が素晴らしいと思った点を挙げてみます。

素晴らしいと思う点
  • 同期検波の切れ味の良さ
    音質が変わらないし、聴きやすく受信音への影響が少ないですね。ICF-SW7600GRやPL-660よりも聴きやすく感じます。
  • 32個のメモリボタンが独立している。
    割り当てられたメモリボタンを押すと、瞬時に周波数が呼び出せるのは便利。メモリチャンネル番号を呼び出すのとは違って、わかりやすく、素早く呼び出せるのがいいです。
  • Sメータが10段階で見やすい。
    10連のLEDがとても見やすいです。ΔLOOP7などの同調アンテナで最大感度が合わせやすいです。
  • AM/FMアンテナ端子が独立している。
  • 直感的な操作パネル
    取扱説明書がなくても使いこなすことができます。
残念に思う点
  • 液晶表示が薄い
    少し斜めから見ると読めません。
  • 録音端子の音声出力レベルが低い。
    ICレコーダで録音すると、かなり音が小さいです。私はヘッドフォン端子からミキサーを通して、録音レベルを調整しています。
  • アンテナの入力が大きいと、すぐに飽和してしまう。ポータブルラジオなので、仕方がありませんが、ALA-1530S+などを繋ぐとすぐに飽和するので、いつもATTを使って調整しています。
とまあ、久しぶりに使って感じたことを書いて見ました。色々と書きましたが、やっぱり良いラジオだなあと改めて思いました。これからも大切に使っていきたいですね。



こんにちは!Mac-BCL777です。

久しぶりにラジオネタです。TECSUN PL-660といえば、同期検波を搭載し、AMの受信では、SONY ICF-SW7600GRと遜色ない性能を持っていることは知られていますね。私もAM受信の性能は良いと思っています。

写真01

そこで、あまり使ったことはなかったのですが、PL-660のSSB受信性能はどんなものだろう?ということで、実際にSSB受信して見ました。他にPL-660を使っている方も同期検波の性能についてレビューされている記事を書かれているのは見かけますが、SSB受信については、ほとんどレビュー書かれている方は見かけたことがなかったので、自分がPL-660のSSB受信の性能を把握する意味でも、今回SSB受信について記事を書くことにしました。

 SSB復調性能


メインダイヤルの他に、SSB復調用のサブダイヤルがありますので、かなりゼロビートは取りやすいと思います。ICF-2010(ICF-2001D)の場合は、100Hzステップの復調になるので、あまり正確にSSBの復調ができません。PL-660は、このサブダイヤルを使うことで、かなり綺麗な音で復調することができます。音も聴きやすく、とてもいいと思います。

 SSB受信時の安定度


ポータブルラジオとしては、かなり頑張っていると思います。時間が経つと、復調が怪しくずれることがあります。まあそこは、もう一度サブダイヤルで調整すればいいので、なんとか使えると思います。

 SSB受信時の受信音質


SSB受信で復調した音質ですが、まずまずの音質で綺麗に聞こえていると思います。ですが、通信型受信機などと比べると、安定度が甘いので、受信音質が時間が経つと変化するのがわかります。

PL-660のSSB受信性能ですが、ポータブルラジオとしては、かなり使えると思います。まあ、SSB受信はおまけみたいなものだと思いますので、これだけ綺麗に復調できれば問題ないと思います。同じポータブルラジオでも、ICF-2010(ICF-2001D)よりは良く、ETON E1XMよりはSSB受信は弱さを感じますが、価格を考えると十分でしょう。

そもそもAMで受信することが前提ですが、SSB受信をしてみると、結構使えるラジオだということがわかりました。



こんにちは!Mac-BCL777です。

今までサブ受信機をETON E1XMで使ってきましたが、久しぶりにSONY ICF-2010にしてみました。ちょっとした気分転換でもあります。
  • シャックにセットアップしたところの写真
  • 写真01

  • SONY ICF-2010のアップの写真
  • 写真02


長く使っているので、ICF-2010の場合、お決まりですが、テンキーが黄色くなっています(笑)。一応、ICF-2010が倒れないように、ブックエンドで支えています。シャックの見た目は、グッドなんですが、ICF-2010のボタンが少し押しにくいですね。まあ、そのうち慣れるでしょう。

ICF-2010の便利なところは、32しかメモリできませんが、32のメモリボタンが独立しているところにあります。最近の受信機はメモリの数が1,000ぐらいになっていますが、正直なところ、何番目のメモリにどの放送局の周波数をメモリしているなんて、覚えられません。その点、ICF-2010は32しかありませんが、ボタンが独立しているので、ボタンの場所でどの放送局の周波数をメモリしているか、簡単に覚えられますので、とても使いやすいメモリです。個人的には、このICF-2010のメモリの数はちょうどいいなと思っています。

こまめにコンピュータ用の電池は交換しているのですが、年々液晶パネルの表示が薄く練ってきているような気がします。一度メーカには修理に出したことがあるのですが、元々、仕様で液晶表示は薄めなんだとか。録音用のラインアウトの出力も、仕様でレベルが低いとか。結構デリケートな受信機なようですね。

でも、とてもいい受信機だと思いますので、大切に使いたいですね。



↑このページのトップヘ