MacとBCLの時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのApple製品やBCL、デジカメに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。
Instagramもやっています。

BCL受信機・ラジオ

こんにちは!Mac-BCL777です。

多機能なD-808をここ数日使っていますが、今日はあまり使わない機能をまとめてみました。人によっては、使う機能かもしれませんね。とりあえず、私が使わないなあと思った機能をあげてみました。
  • スケルチ
    AIRバンドなどで使う機能だと思います。チューニングダイヤルを長押しすると、スケルチが使えるようになります。10段階で設定できます。AIRバンドしか使えないと思っていましたが、FM、MW、SWでも起動しました。全バンド使えるようです。

    画面はAIRバンドでスケルチを設定した画面です。

  • スケルチ02

    スケルチ01

  • 温度表示
    電源OFF時に「3」キーを長押しすると、摂氏、華氏の温度表示が切り替えられます。特にボタンには印字がありません。華氏でみたいことはありませんので、切り替えるとこはないでしょう。

  • 温度表示01

    温度表示02

  • リセットボタン
    本体の底の部分に、RESETボタンがあります。初期化したいときに使うものですが、ほぼ使うことはないでしょう。

  • リセット01

  • 自動メモリ
    「FM」「LW/MW」などのバンド切り替えボタンを長押しすると、スキャンして自動的にメモリにセットしてくれます。私はあまりメモリ機能を使いませんので、使うことはありません。
  • スキャン
    UP/DOWNボタンを長押しすると、スキャンできます。短波は5kHz、中波は9kHz/10kHzなど、ステップ単位でのスキャンになります。ちょっとスキャンが遅い気はします。短波は放送バンド内でのスキャンになります。
いろいろと機能を搭載しているD-808ですが、私があまり使わない機能を紹介してみました。



こんにちは!Mac-BCL777です。

最近、よく使っているXHDATA D-808ですが、今日は付属品のケースについて書いてみたいと思います。
D-808には、標準でラジオ本体を入れるケースがついています。合皮のケースです。

IMG 0876

サイズはボディーサイズギリギリといったところ。ちょっと入れにくいです。見ていていただくとわかると思います。

IMG 0878

収納したところです。本当にきちきちです。高さもギリギリなので、紐で口を絞ろうとしても、閉まりません。つまり、本体サイズにあっていないということですね。う〜む、この辺りが中華ラジオのクオリティーでしょうか。

IMG 0880

きちきちなうえに、紐で口もきっちりと閉まらないので、ちょっと使うことはなさそうですね。ちゃんと本体のサイズを考慮して欲しいですね。中国のやっつけ仕事的なところが出ていると思います。Apple製品などの精度の高い製品を組み立てている中国なんですから、この程度のことはできると思うんですがねぇ。

ということで、D-808付属のケースについて書いてみました。



こんにちは!Mac-BCL777です。

D-808を使い始めて数日が経ちました。いろいろと遊べるラジオですね。今日は、BCLなら使うことがあるSSB受信をしてみたので、記事に書きたいと思います。

SSBボタンを押すと、5秒くらい切り替わるのに時間がかかりますが、ちゃんとSSB受信をしてくれます。SSBモードでINFOボタンを押すとUSB、LSBの切り替えもできます。

なかなかいい感じでSSBが聞こえます。FINE TUNINGつまみを使えば、ちゃんとゼロビート受信ができます。ただ、音質の問題なのか、ゼロビートが少し取りづらいかなと思いますが、音程を気にしなければ十分に使えると思います。

SSB01

D-808は同期検波がありませんので、混信があるときには、このSSB受信をすることになりますね。フィルタ幅も4/3/2.2/1.2/1/0.5kHzの6種類から選べますので、かなり混信除去に頑張ってくれます。

気になったのは、FINE TUNINGでゼロビートを取っても、USB、LSBを切り替えると、音程がずれます。通信型受信機のように、USB、LSBでピッタリにはならないですね。まあ、そこはポータブルラジオですので、ご愛嬌といったところでしょうか。

ということで、D-808のSSB受信も結構使えることがわかりました。なかなか楽しいラジオですね。



こんにちは!Mac-BCL777です。

XHDATA D-808を購入してから数日経ちますが、使っていて感じたことを書きたいと思います。バッテリーの減り具合が早いような気がします。フル充電してから2時間程度の利用で、バッテリー残量表示が一つ減りました。まだなくなるまで使い切ったことがありませんが、ちょっと早いかなと感じています。

D 808

このペースだと10時間ぐらいしか持たないかも。幸いにリチウムイオン電池で容量の大きな電池が使えるようなので、ちょっと探してみようかと思っています。Amazonで検索すると、たくさん出てきますので、評判が良さげな大容量のリチウムイオン電池を選びたいと思います。ただ、中国製が多く、信頼性に疑問があるので、価格が高くても、できればパナソニックあたりの信頼性のある電池にしたいなあと思っています。



こんにちは!Mac-BCL777です。

先日、ICF-SW35の生産終了の記事を出したところですが、ICF-SW7600GRも生産を終了するようです。下記の画像の通り、「本商品のソニーストアでも販売は終了しております」との記載があることから、生産が終了したものとみられます。ついに日本の家電メーカから短波ラジオが消えますね。寂しい限りです。

no title



↑このページのトップヘ