MacとBCLの時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのApple製品やBCL、デジカメに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。
Instagramもやっています。

BCL受信機・ラジオ

こんにちは!Mac-BCL777です。

久しぶりにFDM-S1を使おうとしたら、起動しません。パソコンを調べてみると、FDM-S1をデバイスとして認識していない様子。パソコンのせいかなと色々とやってみても変化なし。

試しに他のパソコンに繋いでも、デバイスとして認識しなかったので、FDM-S1側の故障のようです・・。あまり使わなかったから、機嫌が悪くなったのかな(笑)。

一応、Perseusがありますので、困ることはありませんが、ちょっと残念です。ということで、FDM-S1は、お蔵入りです・・・。

IMG 1534



こんにちは!Mac-BCL777です。

久しぶりにRF-2600のネタです。

RF-2600ですが、短波帯のデジタル表示については、「SW CAL」というつまみで、デジタルカウンターの表示と実際の受信周波数の調整をする機能があります。子供の頃は、なんのつまみなのかわからなかったので、触ったことはなかったのですが、大人になると知識がついて、デジタルカウンターの調整ができるんだということで、触ることが多くなりました。

IMG 1533

合わせ方としては、正確な周波数で放送されている局を受信し、この「SW CAL」つまみを回して、最大感度で受信できるところに合わせます。取扱説明書にも、そのことは明記されていて、それに従って調整していたのですが、「SW CAL」つまみは使わない方がいいですね。短波バンドごとに調整が必要なのと、このつまみを使うほど、毎回つまみの位置が真ん中から大きく回した状態になり、そのうち回し切っても合わなくなります。やっぱり、ちゃんと専門業者に頼んで、内部で周波数調整をした方がいいです。

結局、再調整してもらい、それからはこの「SW CAL」つまみは触らないようにしています。なぜこのようなつまみをパナソニックはつけたのか?疑問ですね。

というわけで、RF-2600の「SW CAL」つまみについてでした。

IMG 1532



こんにちは!Mac-BCL777です。

リビングのラジオをICF-SW7600GRからD-808に変更しました。理由は気分転換です。複数のポータブルラジオを持っていますので、たまにはローテーションしないといけないかなという感じです。

基本はFMの受信ですが、D-808は感度がいいので、よく聞こえますね。ただ、筐体の大きさがICF-SW7600GRより小さい分、ボタン類も小さくて、若干押しづらいですが、慣れの問題でしょう。

このD-808、結構人気のようですね。Amazonで在庫がなくなっても、結構すぐに在庫が復活していますね。

リビング聞きますので、基本的にはFMの受信が中心になりますが、楽しんで聞きたいと思います。

IMG 1519

IMG 1520



こんにちは!Mac-BCL777です。

先日、TRY-X2000をシャックに出して来たと書きましたが、ICF-5900でも聞いて見たくなり、早速出して来てしまいました。

IMG 1508

IMG 1509

6055kHz ラジオNIKKEIを受信しましたが、アンテナを繋ぐと十分に聞こえていました。久しぶりに電源を入れましたので、ボリュームに少しガリ音が出ましたが、何度か回すとなくなりました。ICF-5900は、250kHzマーカーで基準点を合わせて、プラスマイナスして10kHzを直読しますが、この操作が楽しいですね。デザインはRF-2200が好きですが、操作感はICF-5900でいいですかね。

私はBCLを始めた頃は、すでにICF-2001などのデジタル機が主流でしたので、実際に手に入れたのは、ICF-2001を入手した後になります。ICF-2001の10キーは便利でしたが、ダイヤルのあるICF-5900のダイヤル操作も楽しいなあと思ったものでした。

今手元にあるICF-5900、RF-2200、TRY-X2000はヤフオクで入手したものですが、大切に使いたいと思います。



こんにちは!Mac-BCL777です。

またアナログラジオで聞きたい病が出ました。超久しぶりに東芝のTRY-X2000でラジオを聞きました。BCLブームのときに、ICF-5900、RF-2200と並んで御三家と呼ばれたラジオです。

IMG 1481

ICF-5900やRF-2200と比べると、短波の読み取り精度は低いですが、ボディーとスピーカーが大きいので、いい音で聞くことができます。最近は、短波の受信感度は低下しているようで、短波の受信は今ひとつですが、地元中波局やFM局を聞くには十分です。

以外に知られていませんが、TRY-X2000は中波とFMの読み取り精度は、ICF-5900やRF-2200よりもいいんですよ。以下の写真を見ていただくとわかりますが、FMは200kHz間隔、中波は20kHz間隔で目盛りがあります。左にあるDIAL ADJUSTつまみで目盛位置を調整すると、かなり正確に読み取れます。

IMG 1483

これで短波帯もICF-5900やRF-2200と同等に読み取りができれば、人気が出たと思いますね。BCL=短波とBCLブームの頃はされていましたから、短波が弱いのは致命的だったと思います。

まあ、気分転換ということで、RF-2600に変わってTRY-X2000にして見ました。内蔵スピーカーは音がいいですので、しばらくはリスニング局を聞いて楽しみたいと思っています。昔のBCLラジオは、本当に個性的でしたね。国内メーカーは短波ラジオを作らなくなりましたが、また作ってくれないかな・・と思います。



↑このページのトップヘ