MacとBCLの時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのパソコンやBCLに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。

BCL受信機・ラジオ

こんにちは!Mac-BCL777です。

先日、ETON E1XMの周波数調整を行なったと記事に書きましたが、その後です。頑張って調整を行いましたので、とても快適に使えています。やっぱりズレが少ないのはいいですね。本当はズレをゼロにしたいのですが、この機種の調整ネジがセンシティブなので、10Hzから20Hzが限界です。

調整したおかげで、SSBモードでの気になるズレが少なくなったので、いい感じで聞くことができます。音程の変なズレがないのがいいですね。これからも半年に1回ぐらいは、周波数調整を行いたいと思います。

写真01



こんにちは!Mac-BCL777です。

先日、ETON E1XMの周波数調整を行なったという記事を書きましたが、昨日使っていると、またズレが発生していました。先日の調整で20Hzぐらいに調整を追い込んでいたのですが、元の70〜80Hzに戻っていました。まあ、AM受信なら、そんなに気にならないとは思いますが、SSB受信では結構きになるズレです。また時間があるときに、周波数調整をしたいと思います。ズレている周波数は分かっていますので、実際の使用では、そのズレを考慮して使いたいと思います。ポータブルラジオに高い精度を求めるのが間違いなのかもしれませんね。

写真01



こんにちは!Mac-BCL777です。

最近、ICF-2010でSSB受信をした時に感じたことがありますので、記事に書いてみたいと思います。

写真

 周波数の分解能力が100Hzなのはイタイ


よく混信をかわすためにIC-R75などではSSB受信を使いますが、ICF-2010だと周波数分解能力が100Hzなので、音程がおかしいというか、綺麗に受信できませんね。同じポータブルラジオでもETN E1XMだと10Hzまで分解できるので、綺麗にSSB受信ができます。価格はICF-2010もETOM E1XMも変わらないんですが、発売時期がETON E1XMの方が新しいので、そのまま比べるわけにはいかないですけどね。

 ICF-2010では同期検波を使うべき


ICF-2010では、SSB受信で混信をかわすのではなく、同期検波でUSB、LSBを選択して受信しろということなんでしょうね。そもそもSSB受信することはおまけなんでしょうね。ICF-2010は同期検波が優秀なので、それでかなりの場面で頑張ってくれます。でも、たまにSSB受信したい時があるのは確かです。

 ICF-2010で周波数の微調整ができたらなあ


ETON E1XMでは、背面の隙間からドライバを回すことで、周波数の微調整を行うことができます。かなりセンシティブではありますが、自分で正しい周波数に調整できるのは便利ですね。ICF-2010なんですが、最近少し周波数がずれているような気がしているので、調整したいと思っていますが、自分ではできません。以前一度ソニーのサービスステーションに調整してもらったことがあります。もう修理受付もしていないので、サービスステーションに依頼できないので、なんとか自分でやりたいと思いますが、さすがに分解して調整する能力は自分にはありませんので、今のまま使っています。まあ、ICF-2010の周波数直読精度は100Hzなので、そんなに神経質なることはないのかもしれません。AM受信を想定して設計されていますので、SSB受信でないとズレを感じることはないので、そのまま使えというのがSONYさんの考えかもしれませんね。

ポータブルラジオとしては、とても性能の良いラジオですので、これからも大切に使いたいと思っています。



こんにちは!Mac-BCL777です。

ELADの新受信機、FDM-S3の写真がSWing POSTで公開されていました。ソフトウェアは、FDM-S2と同じもののようでした。ELADのサイトには、まだ製品情報が出ていません。ですので、性能など詳細スペックはわかりませんが、この写真で見た目の本体のつくりは良さそうですね。いつ発売されるのでしょうね。

Elad FDM S3



こんにちは!Mac-BCL777です。

先日、Perusesを使っていると、数分で固まってしまうという記事を書きました。昨日、時間が取れましたので、Persuesのファイルを全て再インストールしました。すると、固まらずに安定して動作するようになりました。よかった!

最初はPCの再インストールを考えていましたが、時間がかかるので、とりあえず、Pseruseのファイルを全て上書きして、新しく入れ替えて見たところ、うまくいったようです。何が悪かったのかは不明です。とりあえず、安心してBCLができるようになったので、よかったです。

20170307 Perseus



↑このページのトップヘ