MacとBCLの時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのApple製品やBCL、デジカメに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。
Instagramもやっています。

BCL受信機・ラジオ

こんにちは!Mac-BCL777です。

昨日の記事でも書きましたが、PROCEED 2600 のデジタル表示ずれを起こしましたので、急遽、SONY ICF-5900を代わりにシャック入りさせました。
  • シャック入りしたSONY ICF-5900(スカイセンサー5900)
  • 写真01

 スプレッドダイヤルでの受信が楽しい


ICF-5900の特徴は、250kHz毎の基準周波数にマーカで合わせて、スプレッドダイヤルでプラスマイナスして受信するというところです。クーガ2200のように、計算せずに合わせるダイヤルとは違い、ICF-5900は希望の周波数に合わせるためには、基準周波数からプラス、またはマイナス○○kHzと計算して合わせる必要があります。クーガ2200に比べると、少し面倒ですが、その操作が楽しいと言えます。

 クリスタルマーカーの出力が強く、合わせやすい


久しぶりに使って感じたことは、ICF-5900はマーカーの出力が強いのか、クーガに比べるとマーカ音がはっきりしていて、とても合わせやすいです。ですので、スプレッドダイヤルの計算は必要ですが、マーカの合わせやすさで、とても素早く受信することができます。スプレッドダイヤルが大きいので、とても合わせやすいです。

 スピーカから出る音は、迫力があって音がいい


この時代のBCLラジオはどの機種もそうですが、スピーカーが大きく、ボディ全体で音を鳴らしてくれますので、とても音がいいです。私が所有している、PROCEED 2600、クーガ2200も同様です。地元中波局や短波のリスニング局を聴くにはいいラジオです。

古いラジオですので故障が心配ですが、快適に使えるように、大切に使っていきたいですね。しばらくシャックに入れて使って見たいと思います。やっぱりラジオは使ってなんぼのものですから。

写真02



こんにちは!Mac-BCL777です。

前から少し気になっていたのですが、PROCEED 2600 のデジタル表示のズレが大きくなりました。前日ご紹介した記事の調整法でなんとかなっていたので、問題ないかと思って使っていたのですが、一昨日から急にズレが大きくなり、通常の受信に耐えれなくなりました。

「National RF-2600 デジタルカウンターを調整する」の記事はこちらからどうぞ。

写真01

 基本周波数のズレが拡大、装備されているSW CAL調整でも対応できなくなった


実際の受信周波数より10kHzほど周波数カウンターの表示がずれています。6055kHzのラジオNIKKEIを受信しようとすると、6065kHz表示のあたりで受信できます。ということで、SW CALつまみで調整しましたが、いくら調整しても、5kHz程度のズレが残ります。SW CALの調整範囲は、上下5kHz程度が限界のようです。ラジオNIKKEIを受信しても6060kHzで受信します。これではBCLが楽しめません。ちなみに周波数がずれているのは、短波だけのようで、中波やFMは問題なく表示通りの周波数で受信できています。これは、修理業者に依頼して、受信周波数の調整をしてもらうしかありませんね・・・。ちょうど、最近ちょっと買い物をしてしまいましたので、しばらく修理は我慢します。前回の短波帯の受信感度調整でも20,000円ほどかかりましたので、おそらく同じくらいはかかるでしょう。もし、安く対応してくれる修理業者をご存知でしたら、ご紹介ください。



こんにちは!Mac-BCL777です。

今日は、IC-R75のフィルタ設定をリスニング向けに変更してみましたので、そのことについて書きたいと思います。

今までのIC-R75のフィルタ設定は、以下の通りで運用していました。
タイプ9M455k
WIDE15kHz6kHz
INTER2.8kHz3.3kHz
NARROW2.4kHz2.4kHz

ほとんどの受信は、INTERの3.3kHzフィルター、リスニングは6kHzフィルターで運用してきました。NARROWの2.4kHzフィルターは、音が悪くて聞き取りづらいので、ほとんど使用したことがありませんでした。良い音で聞きたいときは、WIDEの6kHzフィルターで、通常またはDX受信では、INTERの3.3kHzフィルターで運用し、特に不満はありませんでした。

 リスニング重視にフィルターの組み合わせを変更


NARROWの2.4kHzフィルターは、ほとんど使用していませんでしたので、もっと有効に使えるようにフィルターの構成を変更してみようと思いましたので、リスニング重視のフィルターの組み合わせにしてみました。

ということで、以下の組み合わせに変更しました。
タイプ9M455k
WIDE15kHz15kHz
INTER15kHz6kHz
NARROW2.8kHz3.3kHz

思い切って2.4kHzフィルターの組み合わせをなくし、WIDEに15kHz、INTERに6kHz、NARROWに3.3kHzとしてみました。 15kHzは強力なリスニング局受信時に、大変音質がよく、聞きやすくなりました。

ですので、リスニング局を受信するときには、WIDEの15kHzかINTERの6kHzを使い、通常のDX受信のときは、NARROWの3.3kHzを使うことにしました。今まで2.4kHzは設定していても使うことがありませんでしたので、思い切ってリスニング寄りの設定にしてみました。しばらく、この組み合わせで運用してみたいと思います。さて、どんな使い心地になるでしょうか。



こんにちは!Mac-BCL777です。

今日は、IC-R75の機能で「あまりお世話になることのない」機能について書きたいと思います。

 1.時計機能


あまり知られていないようですが、IC-R75には時計機能があります。CLOCKボタンを押すとディスプレイが切り替わり、時計が表示されます。

写真13 時計

結構大きく表示されるので、見やすいといえば見やすいですが、時計画面に切り替えないといけません。通常の受信画面に表示してくれたら、多分便利に使えたと思います。ですので、ほとんどお世話になることのない機能です。また、あまり精度が良くないのか、月に2〜3分進みます。なので、月に1回程度は時刻合わせが必要です。

 2.ノイズブランカ


標準で付いている「ノイズブランカ」機能ですが、この機能が使えたことがありません。ONにすると、受信音がこもるような気がします。いったいどんなノイズを想定した機能なんでしょうね。私の受信環境で使うことはありません。

写真19 NB ON


 3.スリープタイマー機能


最大23時間59分まで1分単位で設定できる、スリープタイマー機能があります。 なぜか、スリープの時間になると、大きなビープ音が5回鳴ります。いったいどういう設計思想なのか理解できませんが、大きなビープ音がなるので、就寝時には使えません・・・。眠りを妨害するビープ音が鳴りますね。ビープ音を切る機能があれば使えたんですがね・・・。

写真25 スリープ


 4.タイマー機能


指定の時間になると、電源をON、OFFする機能があります。ですが、受信モードや周波数はセットできません。ですので、タイマーをセットするときに、最後に受信した周波数で電源がON、OFFされます。ないよりはあった方がいいのかもしれませんが、単に電源のON、OFFだけの機能なら、あまり必要がない気がします。

写真26 タイマー



以上、IC-R75でお世話にならない機能について書いてみました。もし、上記機能を有効に使っている方がいらっしゃいましたら、ぜひ使い方を教えてください。



こんにちは!Mac-BCL777です。

今日は、National RF-2600のデジタル周波数カウンターの調整方法について書きたいと思います。

National RF-2600は、デジタル周波数カウンターのズレを調整するつまみ「SW CAL」つまみが付いています。これを使うことで、周波数カウンターのズレを調整することができます。

 正しい周波数で送信されている電波を使って調整します


短波のデジタルカウンターの調整を行なうには、以下の手順で行います。
  1. 安定した受信状態にするために、30分ほど電源を入れておく。
  2. 選択している受信バンドで、正しい周波数で送信されている放送局を受信する。
  3. SW CALつまみを回して、最大感度になるように調整する。
以上の手順が完了すれば、デジタルカウンターの調整は終了です。注意点として、SW CALでの調整は、受信バントごと(SW1〜4)に行う必要があります。

RF2600 SWCAL

RF-2600が発売された頃は、10MHzや15MHzのJJY(標準電波局)で調整できましたが、現在はありませんので、ラジオNIKKEIなど、正い周波数で送信されている放送局を使って調整を行います。

正直なところ、あまり正確な調整方法でないように思いますが、この受信機の周波数直読精度(1kHz)から考えると、まあ問題ないのでしょうね。

以上、National RF-2600のデジタル周波数カウンターの調整でした。



↑このページのトップヘ