MacとBCLの時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのApple製品やBCL、デジカメに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。
Instagramもやっています。

BCL受信機・ラジオ

こんにちは!Mac-BCL777です。

しばらくの間、シャックのサブラジオには、TECSUN PL-660とSONY ICF-SW7600GRを使っていました。ですが、久しぶりにNational RF-2600に変更して見ました。

IMG 1444

IMG 1446

30年以上前の古いラジオですが、いい音でなりますね。特にFMの感度はいいですよ。短波は、少し周波数ズレや感度が少し悪くなっているように思いますが、リスニング局を聴くには、十分な性能を保っています。この頃のラジオはスピーカーが大きくて、とてもいい音でなりますので、RNZIやHCJB Australiaなどを聞くときに使おうかなと思っています。



こんにちは!Mac-BCL777です。

長らくリビングでは、XHDATA D-808をリスニング用ラジオとして使ってきました。ですが、ここで気分転換ということで、ラジオを変更することにしました。

変更したラジオは、SONY ICF-SW7600GRです。久しぶりの登場となりました。D-808よりも大きな筐体ですが、ボタンなどはICF-SW7600GRの方が押しやすいですね。さすがSONYです。

ですが、このICF-SW7600GRも、もうディスコンとなり、流通在庫しかありません。日本の家電メーカーで最後まで残った短波ラジオですから、大切に使っていきたいと思います。

肝心の感度ですが、さすがSONYですね。安定した良い感度で聞こえてくれています。リビングで聞くラジオですので、基本的にはFMが中心になりますが、楽しんで聞きたいと思います。

DSC00427

DSC00428



こんにちは!Mac-BCL777です。

ここ最近、我が家ではローカルノイズ(エアコンノイズ、PLCノイズ)で、短波帯が全然聞こえなくなっています。DXしていても、全然聞こえないので、楽しくない毎日です。

そんな理由もありますが、久しぶりにRF-2200をシャックに入れました。定期的にやってくるんですよね、アナログラジオで聴きたくなることが(笑)。間隔にすると2〜3ヶ月に一回くらいです。

アナログラジオでリスニング局を聴くと、なぜか気分がリラックスできます。多分、ヘッドフォンではなく、スピーカーで聴いているせいもあると思います。不思議ですね、アナログラジオって。受信するのは、現代のラジオの方が便利に決まっているのですが、手数の多いアナログラジオを使いたくなってしまいますね。多分、その手数が多いところが、短波受信の楽しさなのかもしれません。これからも、時々はアナログラジオで短波放送を聞いて行こうと思います。

IMG 1344



こんにちは!Mac-BCL777です。

愛用しているポータブルBCLラジオのXHDATA D-808。感度も良く、操作性も良く、気に入って使っています。現在は、リビングに置いて、FMを聴くのに良く使っています。

ほぼ不満はないのですが、気になる点が1点あります。それは、Sメータです。dBu、dBの数字での表示なんですよね。個人的にはPL-660のようなバー表示のSメータの方が見やすいと思うんですよね。アンテナで同調をとる時とか、数字だと合わせずらいです。バー表示だと一番伸びたところでいいので合わせやすいです。まあ、電源OFF時にこの位置に時刻や温度などの表示をしているので、仕方がないかもしれませんが・・。

まあ、感度も良く、良くできたラジオなので、これからも使って行きたいと思います。

IMG 1246



こんにちは!Mac-BCL777です。

久しぶりにリビングにSONY ICF-SW7600GRを追加して、2台体制にしました。特にXHDATA D-808に不満があるわけではなく、ちょっとした気分転換です。

リビングではRadio New Zealand Int’lや、日本語放送などを聴いていますが、2台同時に同じ放送局を鳴らすと、ステレオ放送みたいに聴こえますので、なかなか楽しく聴くことができます。

しばらくの間は、この2台のBCLラジオで、リビングでBCLを楽しみたいと思っています。

IMG 1218



↑このページのトップヘ