MacとBCLの時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのApple製品やBCL、デジカメに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。
Instagramもやっています。

BCL受信機・ラジオ

こんにちは!Mac-BCL777です。

久しぶりにアナログラジオを触りたくなったので、RF-2200をシャック入りさせました。

IMG 0937

今までのサブ受信機のETON E1XMと入れ替えました。RF-2200は、ETON E1XMより少し縦、横が小さいので、うまい具合にシャックに収まります。見た目にもいい感じです。

早速、Radio New Zealand Int’l、ラジオNIKKEIと聞いてみました。両方とも強力局ですので、しっかりと受信してくれます。スピーカーが大きいので、いい音で鳴ってくれます。ボディー全体でしっかりと音が出るのがいいですね。

IMG 0936

ただ、やっぱりPerseusなどと比べると、弱い局はさっぱり音にならないですね。大昔のラジオですので、まあ仕方がないでしょう。強力なリスニング局を聞くときに使うことになるでしょうね。しばらく操作の楽しいRF-2200を使って気分転換したいと思っています。



こんにちは!Mac-BCL777です。

アイコムさんが、2018年2月27日に広域型受信機「IC-R8600」の新しいファームウェア「Ver1.31」を公開したそうです。今回のアップデート内容は、「製造工程上の変更 (通常の動作に変更はありません)」とアナウンスされています。IC-R8600をお持ちの方は、最新のファームウェアにアップデートした方がいいでしょうね。

IC R8600

ファームウェアのダウンロードページはこちらから。



こんにちは!Mac-BCL777です。

購入後、感度、使い勝手が良いので、結構使いまくっているXHDATA D-808ですが、最近に気が付いた「了解度」について書きたいと思います。

IMG_0921

このD-808ですが、感度が良く、リスニング局を聴くにはとてもいいラジオだと思っています。ですが、DX局を受信していると、受信はするのですが、IC-R75やPerseusなどに比べると、ノイズに弱い感じで、かなり了解度が悪いなあと思うことがあります。まあ、DXをするための受信機として作られているわけではありませんので、仕方がないことなのかもしれませんね。

現在はリビングに置いて聞いていますので、リスニング局がよく聞こえれば十分です。操作していても楽しいラジオですので、リビングで楽しんで使いたいと思います。



こんにちは!Mac-BCL777です。

たまたま「ユニバーサルラジオ」の通信型受信機の販売ページを開きました。すると、以下のようなページが表示され、こんなに通信型受信機の種類が少なくなったんだなあと寂しく感じました。

no title

しかもIC-R75は載っていますが、ディスコンになっています。広域受信機はまだたくさん販売されていますが、短波受信機の需要は、そんなに少なくなったでしょうか。とても残念に思います。



こんにちは!Mac-BCL777です。

今日はXHDATA D-808の選択度フィルターについて書きたいと思います。D-808は、選択度フィルターが6/4/3/2.5/2/1.8/1kHzの7種類選ぶことができます。この辺りはさすがDSPラジオなんですが、実際の聞こえ方について、動画で録画してみました。

動画は、6kHz > 4kHz > 3kHz > 2.5kHz > 2kHz > 1.8kHz > 1kHz > 6kHzと順に切り替えています。



いかがでしたでしょうか。個人的には、4 or 3kHzが聴きやすいと思っています。1kHzでも十分に聞き取れますので、混信がきついときも十分に聞けそうですね。D-808は、なかなか遊べるラジオですね。



↑このページのトップヘ