MacとBCLの時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのApple製品やBCL、デジカメに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。
Instagramもやっています。

BCL受信機・ラジオ

こんにちは!Mac-BCL777です。

久しぶりにDEGEN DE1105をリビングで聞いていみた。外部アンテナ端子がないので、リビングのアンテナAOR SA7000につなげません。すると、外部アンテナの時にはNHK-FMは86.5MHzの神戸放送局の方がノイズが少なかったが、DE1105の内臓アンテナでは、88.1MHzの大阪放送局の方が綺麗に聞こえました。こっちの方が大阪放送局なので、精神衛生上はいいでしょうね。

最近メインのXHDATA D-808と比べると、内臓スピーカーの音が少し硬い感じがしますね。操作性もD-808の方がわかりやすいです。だた、SメータはDE1105に方がバー表示で見やすいです。

DE1105とD-808ですが、感度にそれほど差はないと思いますが、外部アンテナ端子がないのがイタイですね。特に短波受信では、外部アンテナ端子がないのは、特にイタイと思います。

まあ、ベット横のラジオとしては、まあまあだと思います。電源を入れると自動で90分スリープタイマーがセットされるのも便利だと思います。

IMG 0995



こんにちは!Mac-BCL777です。

先日も少し書きましたが、XHDATA D-808のバッテリー残量表示ですが、少し癖がわかってきました。

バッテリー1個目はすぐに消えるのですが、2個目、3個目は、なかなか消えません。で、残量ですが、2個消えた状態で充電するとバッテリー容量は、半分以上残っていることが多いです。ですので、D-808でバッテリーの充電時期は、2個消えても、しばらくは持ちますので、3個目が消えるころに充電でいいように思いました。まあ、現在D-808のバッテリーは、2個体制なので、使い切ってから交換でも十分です。最初は、このラジオはバッテリーの減りが早いように思いましたが、実はバッテリーは結構持つこともわかりました。

このラジオのバッテリー表示は、早めに充電させるための表示なのかもしれません。

IMG 0991



こんにちは!Mac-BCL777です。

久しぶりにICF-2010を使って受信しました。そこで思ったことは、やっぱりICF-2010の同期検波はすごいなあということ。今まではETON E1XMの同期検波が最高だと思っていましたが、ICF-2010もなかなかやりますね。ETON E1XMとは違い、DSBの選択はできませんが、USB、LSBで混信の除去が綺麗にできます。音質も悪くならないし、ICF-2010の同期検波は使えますね。

IMG 0979

ETON E1XMの同期検波との違いは、ICF-2010は周波数を上下にずらす感じなんですよね。USB、LSBは、周波数をずらすことで選択できる感じです。この操作を行うことで、混信がスパッと切れますので、結構快感ですね。ICF-2010(ICF-2001D)が発売されたのは、1986年ごろですが、この頃から同期検波を装備していたのはすごいですね。今は中華ラジオも同期検波を搭載していますが、ICF-2010に比べると切れも悪いですし、ICF-2010の同期検波はやっぱりすごいと思います。



こんにちは!Mac-BCL777です。

先日、BCLラジオのD-808の時刻ずれの原因がわかったという記事を書きました。その方法を今日はご紹介します。どこかに書いておかないと忘れると思いましたので、自分のためにも、ブログにアップしておきます。

D-808の時刻合わせ方法を「Manual」にセットする方法は以下の通りです。
  1. D-808を電源オフの状態で「TIME SET」ボタンを2秒以上押して、時刻入力モードにします。
  2. 10キーを使って、現在時刻を入力します。
  3. 本体右下のカーソルキーを使って、「Manual」を選択します。
以上で、D-808の時刻モードが「Manual」になります。

D 808



こんにちは!Mac-BCL777です。

久しぶりに寝ラジオにしているDEGEN DE1105の電源を入れました。最近は、ベッドに入るとラジオをつけずに寝ていましたので、久しぶりにラジオを聞きながらの就寝です。ここのところ、ポータブルラジオはXHDATA D-808ばかり使っていたので、DE1105の操作方法を忘れていました。時刻あわせの方法がわからない・・。DE1105に比べるとD-808の操作のしやすさがわかりますね。DE1105って、外部アンテナ端子がないんですよね。ですので、短波受信はロッドアンテナに先端にアンテナ線をつけて聞いています。感度は悪くないと思いますが、特別よくもないです。Sメータがバー表示になっているので、電波の強さを把握しやすいです。

IMG_0966



↑このページのトップヘ