MacとBCLの時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのパソコンやBCLに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。

BCLアンテナ・周辺機器等設備

こんにちは!Mac-BCL777です。

PL 660

久しぶりにパッシブ垂直アンテナのAOR SA7000で短波を受信してみました。受信機はPL-660です。常連局の11725kHz RNZ Pacificを受信してみました。ダメですね。ノイズに埋もれて、ノイズの中でかろうじて男性アナのトークが確認できる程度。ラジオNIKKEIは、3925kHz、6055kHz、9595kHzともにノイズで聞こえません。どうも拙宅ではパッシブアンテナは使えないようです。ローカルノイズが多すぎのようです。やっぱりΔLOOP9+などのアクティブループアンテナを使うしかないようです。拙宅はあまりBCLをするには向いていない環境なのでしょうね。確かに影山さんのBBSでローバンドのDX局の情報が上がっていても、拙宅では聞こえないことが多いです。PLCノイズが強すぎるようです。残念な環境ですね。でもBCLは楽しいでの、聞こえる局を聞いてこれからも楽しんでいきたいと思います。



こんにちは!Mac-BCL777です。

今日は、FMアンテナに使っているAOR SA7000でトラブルがありましたので、そのことについて書きたいと思います。

写真01

最近、リビングのFMラジカセCFS-V1でのFMの受信状態がおかしくなりました。あまりよく入らず、ノイズっぽい受信になりました。昨日、少し時間があったので、アンテナ周りを調べてみると、どうも同軸ケーブルがおかしいようです。試しに、別の同軸ケーブルをつないでみると、綺麗にFM放送が入りました。

ということで、夜にケーブルの付け替え作業を行いました。10分ほどで終了、FM放送が綺麗に入るようになりました。同軸ケーブルって断線することがあるんですね。テスターで導通確認すると、確かに反応しませんでした。綺麗にFM放送が聴けるようになって良かったです。今年に入ってアンテナのトラブルは2回目ですね。お正月のALA-1530S+の故障に続いて、SA7000の同軸ケーブルのトラブルでした。皆さん、アンテナのメンテナンスは定期的に行いましょうね。故障してからだと大変です。



こんにちは!Mac-BCL777です。

昨日は、BCLで受信音を録音するのに使っているICレコーダーの録音レベルの調整を行いましたので、そのことについて書きたいと思います。

 ミキサーのライン出力レベルの調整


私はBCLで複数の受信機を使い分けているので、オーディオテクニカのオーディオミキサーを使っています。ICレコーダーへの録音は、ミキサーのライン出力端子から行っています。ですので、今回の調整では、ライン出力のボリュームを調整することになります。最適な録音レベルの位置に印をつけるということです。

幸いに私の使っているPanasonic、OLYMPUSのICレコーダーは、録音時にレベルメーターが表示されるため、この振れ具合を見ながら調整ができますので、楽に位置決めができます。ラジオNIKKEIを受信して、最適な録音レベルにレベルメーターが振れるように調整しました。これで、安心してBCL受信音の録音ができます。これからもミキサーのライン出力レベルの調整は定期的に行いたいと思います。

ちなみに、私が使っているICレコーダーは、以下の写真の2機種です。
  • Panasonic RR-XS460 (リニアPCM、MP3)
  • RR XS460

  • OLYMPUS V-801 (MP3、WMA)
  • V 801



こんにちは!Mac-BCL777です。

本日、影山さんのBBSで話題になっていたフィルターですが、私も2個導入しています。効果はあると思っています。PLCノイズにはなんの効果も発揮できませんが、電源からくるノイズをカットしてくれます。Amazonで購入できますので、商品リンクを以下にあげておきます。





こんにちは!Mac-BCL777です。
昨日、しばらく倉庫にしまっていたアンテナ「AOR SA7000」を復活しましたので、記事に書きたいと思います。

皆さん、AOR SA7000というパッシブアンテナをご存知でしょうか。私がBCLを復活した2003年にベランダに設置するアンテナとして、購入したものです。復活当時、あまりBCLにかけるお金もなくて、安くてマンションベランダに設置できて、幅広い周波数をカバーしているものがないか探して、見つけたアンテナがSA7000でした。本当はALA-1530が欲しかったのですが、予算がなかったので、このアンテナにしたことを覚えています。

仕様は以下の通りだったと思います。
  • 周波数:30kHz~2GHz
  • 利得:最大0dB
  • インピ-ダンス:50Ω
  • 耐風速:50m/sec
  • 適合マスト径:30~60mm
  • 全長:1800mm
  • 重量:1.5kg
  • 電源:不要
DSC 0760

DSC 0759

今回復活させた理由ですが、Eスポシーズンを前に、FM-DXをしたいなあと思ったのと、リビングのFMラジオ(ラジカセSONY CFS-V1、とICF-SW7600GR)に接続して、ロッドアンテナでは綺麗に入らなかったC-FM局を受信したいなと考えたからでした。今年1月にΔLOOP9+を導入して、非同調アンテナだったので、同調アンテナのΔLOOP7を復活させようかと考えていましたが、ΔLOOP9+の性能が良く、短波の受信に不満がありませんので、だったら、FM以上の受信ができるアンテナがいいなと考えたための「AOR SA7000」でした。あと、ΔLOOP7にすると設置面積の問題もあり、家族からもやめてほしいと言われたことも理由の一つです。

早速、FM受信してみましたが、いつもはノイズに埋もれていたC-FM局が綺麗に入るようになりました。ラジカセのチューナーで、たくさんのFM局が聴けるようになり、ナイスでした。よく考えると、ラジカセなのに外部アンテナ端子があるCFS-V1はいいですね。

これでEスポの時も、ICF-2010、ICF-SW7600GRにつなげば、かなり活躍してくれそうですね。ちょっと楽しみが増えました。さすがに短波は、ΔLOOP9+にはかないませんが、FMより上はよく入りますね。さすが広域アンテナです。しばらくはΔLOOP9+とSA7000の2本体制でBCLを楽しみたいと思います。



↑このページのトップヘ