MacとBCLの時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのパソコンやBCLに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。

Mac

こんにちは!Mac-BCL777です。

MacBook Pro (2016) には、Touch Barのないモデルがありますが、そのモデルにTouch Barを追加して使っている動画が公開されていたので、ご紹介します。

iOSアプリDuet DisplayでiPadをサブディスプレイ化/TouchBarなしMacにバーを追加 https://www.youtube.com/watch?v=qFYFwX6RlDA&feature=youtu.be

上記の動画は、「Appleが大好きなんだよ」さんがYouTubeにアップしている動画です。Duet Dispalyというアプリを使って、iPadにTouch Barを表示させて使っている部分がありました。すごいですね。サブディスプレイに表示されているTouch Barで、見事に対応アプリを操作していました。このアプリとiOSデバイスがあれば、MacBook Pro (2016) Touch Barなしモデルでも、Touch Barを使うことができますね。MacBook 12inchでもできたらなあと思いますが、多分できないでしょう。MacBook Pro (2016) Touch Barなしモデルをお持ちの方で、Touch Barに興味のある方は、試してみてはいかがでしょう。(自己責任ですが)

写真01



こんにちは!Mac-BCL777です。

先日、Mac miniのバックアップ用ハードディスクを購入したことを記事に書きました。その後の状況について簡単に書きたいと思います。

写真

 とても音が静か


使ってみて思いましたが、最近のハードディスクはとても音が静かですね。交換する前に使っていたハードディスクは、モーター音がとても大きくて、部屋が静かだととても、回転音がとても気になりました。しかし、今回購入した1TBハードディスク(ELECOM ELD-XED010UBK)は、とても静かで、部屋が静かでも回転している音がほぼしません。家電製品の進化はすごいですね。

 バックアップも早い


交換前に使っていたハードディスクもUSB3.0だったんですが、このハードディスクの方が、バックアップのスピードが早いです。理由はわかりませんが、やっぱり新しい方が早いのでしょうか。音も静かで、バックアップも早いというのは、いいですね。買って正解でした。

まだ買って1週間ほどですが、快適に使えています。これからもMac miniのデータを守ってくれると思います。



こんにちは!Mac-BCL777です。

今日は、Macで自画面を音声付きで録画する方法について書きたいと思います。

 必要なソフトウェア


Macで自画面を録画するためには、以下のソフトウェアを使います。
  1. 「QuickTime」:macOS標準でインストールされています。
  2. 「LadioCast」:オーディオミキサー機能を持つアプリ(2017/02/27現在無料のアプリ)。標準ではインストールされていないので、App Storeよりダウンロードし、Macにインストールします。

 Macで自画面を録画する。


Macで自画面を録画するには、「QuickTime」を使います。ただ「QuickTime」だと、画面しか録音できず、音声が録音できませんので、音声を録音するために、App Storeより「LadioCast」をインストールします。

「LadioCast」のインストールが完了したら、以下の手順でソフトを起動します。
  1. まず、「LadioCast」を起動します。「入力1」に「Soundflower(2ch)」、「出力」に「内臓出力」を選択します。
  2. 写真01

  3. 「システム環境設定」ー「サウンド」で、「出力」ー「Soundflower(2ch)」を選択します。
  4. 写真02

  5. 音声付き録画をしたいアプリを起動します。起動すると、ミキサーの入力、出力レベルメータが振れていると思います。これで、録音準備ができました。
  6. 写真04

  7. 「QuickTime」を起動します。起動したら、「ファイル」ー「新規画面収録」を起動します。
  8. 写真03

  9. 「QuickTime」の入力リストより、「Soundflower(2ch)」を選択する。
  10. 写真05

  11. これで自画面の音声が入力されます。レベルメータが振れていることと思います。
  12. 写真06

  13. あとは、録音ボタンを押して、画面録画を開始します。
以上で、自画面の音声付き録画ができます。とても便利ですよ。一度お試しください。



こんにちは!Mac-BCL777です。

つい先日、家内のMac miniのデータバックアップに使っていた500GBのハードディスクが故障しました。5年ほど使っていたので、寿命だったんでしょう、頻繁に読み込みや書き込みのエラーが出て、ついには利用できなくなりました。ということで、MacでのTime Machineでの自動バックアップができるよう、新しいハードディスクを購入しました。ちょうど、よく買い物するJoshin Webショップで、プレミアムフライデーのキャンペーンをやっており、とても安かったので、購入することにしました。店頭や他のネットショップで買うより、2,000円ほど安くなっているタイムセールをやっていたので、速攻でポチりました。容量は1TBで、家内のMac miniのデータバックアップには、十分な容量です。これでまた5年くらいは持ってくれるでしょう。

ということで、恒例の開封の儀です。
  • 外箱の面はこんな感じ
  • DSC 0641


  • 外箱の裏はこんな感じ
  • DSC 0642


  • 内容物はこんな感じ。ハードディスク本体、ACアダプタ、USB3.0ケーブル、取扱説明書の4点。
  • DSC 0643


早速、ハードディスクを設置し、Mac miniに接続、ディスクのフォーマットを行い、Time Machineでもバックアップ設定を行いました。ちゃんと認識して、バックアップを始めました。これで一安心。 データのバックアアップはとても大切ですので、一安心ですね。Time Machineのバックアップがあったおかげで、先日の新Mac miniの入れ替えも簡単に移行できましたからね。使ってみると動作音が静かでとても良いです。旧ハードディスクはとてもモーター音が大きかったので、ちょっと音の静かさにびっくりしました。 これで、家内のMac miniのバックアップも完璧です。何かあっても、すぐにバックアップから戻せます。 皆さんもパソコンのデータバックアップはちゃんとやっておいた方が良いですよ。



こんにちは!Mac-BCL777です。

MacBook 12inch (Early 2016)を購入して早8ヶ月、いろいろと巷では「打ちづらい」と言われてきたバタフライキーボードですが、私個人としては、とても快適に文字入力できています。当ブログの記事作成や、Office 365を使った文書作成、EvernoteでのBCL受信ログの作成など、文字入力に大活躍しております。非常に快適です。

写真02

入力のコツとしては、力を入れてしっかり押すではなく、触るように軽いタッチを入力すると、疲れずに入力できます。毎日、MacBookのバタフライキーボードで入力しているので、BCLで使っているWinodws PCのThinkPad X240Sのキーボードが重く感じます。ThinkPadのキーボードもよくできたキーボードのはずなのですが、バタフライキーボードに慣れてしまうと、逆に打ちづらくなってしまいました。やっぱり人は環境に順応する生き物なんだなあと実感します(笑)。

とは言っても、癖のあるキーボードですので、慣れることができない方もいると思います。MacBook 12inchの購入を検討されている方は、店頭で実機のキーボードをよく試した上でのご購入をお勧めいたします。

私としては、とても慣れてしまいましたので、とても快適なキーボードだと思っています。

写真01



↑このページのトップヘ