MacとBCLの時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのApple製品やBCL、デジカメに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。
Instagramもやっています。

Mac

こんにちは!Mac-BCL777です。

MacOS High Sierra

Appleが、macOS High Sierra 10.13.6 beta 2を開発者に公開しました。前回のバージョンのbeta 1では、新しい機能は発見されておらず、今回のバージョンのbeta 2でも発見されていません。従って、 macOS High Sierra 10.13.6 beta 2は、バグの修正やパフォーマンスの向上が中心のアップデートだと考えられます。



こんにちは!Mac-BCL777です。

Safari

Appleが、Safari Technology Preview 58を開発者サイトで公開しています。一般ユーザーもダウンロードが可能です。

Safari Technology Preview Preview 58の変更内容
  • Safari Technology Preview 57に含まれていたものと同じWebKitリビジョンが含まれています。
  • タブのアイコン
  • 改良されたインテリジェントトラッキング防止機能
  • 強力な自動パスワード機能により、アカウントにサインアップしたり、ウェブサイトのパスワードを変更したりする際に、ユニークで強力なパスワードを自動的に生成します。
Safari Technology Previewは、macOS High Sierra用とmacOS Mojave用の2つのバージョンが提供されています。



こんにちは!Mac-BCL777です。

9To5Macからの情報です。

Appleは、macOS High Sierra 10.13.5で32ビットアプリケーションを初めて起動したときに警告を出すようにしました。それは、まもなく32ビットアプリケーションのサポートを終了させることを示していました。

昨年リリースしたmacOS High Sierraで、32ビットアプリケーションのサポートが終了するはずでしたが、サポートをmacOS Mojevaまで延長しました。

今回のイベントで、macOS Mojeveが32ビットアプリケーションをサポートする最後のmacOSと発表したので、今回のバージョンが、本当に32ビットアプリをサポートする最後のOSになることは確実です。

MacOS mojeve



こんにちは!Mac-BCL777です。

スクリーンショット 2018 06 05 3 38 49

Appleが、新しい「macOS Mojeve(モハべ)」を発表しました。アメリカにある砂漠の名前だそうです。

新機能としては・・
  • ダークモードを搭載し、OS全体でダークモードが利用可能に
  • Dynamic Stacksでデスクトップのごちゃごちゃ解消(デスクトップ整理)
  • ファイダーにはギャラリービューとアクションボタンが追加
  • クイックルックにマークアップ機能搭載
  • スクリーンショットがより使いやすく改良
  • グループFaceTimeを利用すると最大32人と同時通話できます。
見た感じ、かなり使い勝手が上がりそうな感じです。

また、macOS Mojeveには、これまでMacに搭載されていなかったアプリが搭載されます。ニュース、株式、音声メモ、ホームアプリといったアプリです。ただ、日本では、今までのところiOSのニュースアプリが公開されていないので、Mac版も見送られる可能性があります。

リリースが楽しみですね。



こんにちは!Mac-BCL777です。

MacBookPro

MacBook Proのバタフライ式キーボードには、設計上の重大な問題がある、と主張する3件目の集団訴訟が起こされました。最初の訴訟発生から1ヶ月も経たずの訴訟です。

2016年モデルのMacBook Proに搭載されたバタフライ式キーボードに設計上の重大な問題があるとして、ディエゴ・ビナテナ氏が原告団の代表となる集団訴訟が、現地時間6月2日付けでカリフォルニア州北部を管轄する連邦裁判所に提起されました。

原告団代表のビナテナ氏は、2016年に購入したMacBook Proの「B」「N」「M」のキーが反応しなくなったのでApple Storeに修理を依頼したそうです。ですが、Apple Storeの対応は「B」のキーを交換するだけで、2〜3週間後に再度修理を依頼するためにApple Storeを訪れたところ、同氏のMacBook Proは保証期間を過ぎているので、完全検査するだけで500ドル(約55,000円)、修理が必要ならさらに別途費用がかかる、と説明があったとのことです。

この対応に問題があるとして、記事を報じたPatently Appleは、「なぜ最初の修理で完全検査が行われなかったのか?」と疑問を投げかけ、「訴訟が開始されたら、この点が明らかになるのではないか」と指摘しています。

バタフライキーボードですが、私のMacBookでも保証期間内に1度修理に出しました。4日で修理が完了し、対応は早かったのですが、何台かMacを使ってきましたが、キーボードの故障は初めてでした。やっぱりバタフライキーボードは、耐久性に問題があるのかもしれません。



↑このページのトップヘ