MacとBCLの時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのApple製品やBCL、デジカメに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。
Instagramもやっています。

Mac

こんにちは!Mac-BCL777です。

RBB TODAYによると、MacBook Airをタッチディスプレイ化する「Air Bar」という製品が発売されるそうだ。

MacBook Airのディスプレイ底部に装着するだけでタッチディスプレイ化!


「Air Bar」は、昨年Windows向けに発売された製品。このほど、MacBook Air 13インチに対応することが発表された。仕組みとしては、MacBook Airのディスプレイの底部に装着することで、見えない光センサーで画面全体をカバーし、ユーザがタッチした場所を認識するというもの。タッチ情報はUSB接続でパソコンに伝えられるように設計されている。

詳細は、以下の動画で確認してほしい。MacBook Airがタッチパネルを装備し、最新のパソコンに変身するぞ!



MacBook Air 13インチに向けた「AirBar」は、今年3月に99ドルで発売予定。2017年上半期のうちに、ほかのMacBookシリーズにも対応する計画がある。



こんにちは!Mac-BCL777です。

楽天で購入した「USB 3.1 Type-C miniDisplayPortアダプタ」が届きました。ですので、早速使ってみました。長時間ディスプレイ出力してみて、瞬断しないかテストもしてみました。

 まずは、外観の確認


  • パッケージの表は、こんな感じ。商品名の記載はなく、ただ「USB 3.1 Cable Adapter」としか書いてありません。
  • 写真01

  • パッケージの裏面はこんな感じ。英語表記ですが、中国製のようですね。
  • 写真02

  • パッケージを出してみると、こんな感じ。簡単な梱包ですね。この辺りは、海外製品らしいですね。
  • 写真03

  • 製品を出してみました。結構作りはしっかりしています。梱包の簡単さとは違った感じです。これなら安心して使えそうです。
  • 写真04

  • 手に取ってみました。やっぱり作りはしっかりとしています。
  • 写真05

  • MacBookと並べてみました。同じゴールドでいい感じです。これなら違和感なく使えそうです。
  • 写真06


 使用感


早速、接続して使ってみました。長時間(2時間連続)で4K解像度出力で外部ディスプレイ表示してみました。瞬断もなく、しっかりと、4K解像度で出力できました。4K解像度からフルHDの間の各解像度での表示も低解像度にならず、しっかりとRetina表示できました。
  • MacBookと接続してみると、こんな感じ。同じゴールドカラーなので、違和感なく使えます。
  • 写真07

  • 外部ディスプレイの解像度の選択画面です。4K解像度〜フルHDの間の解像度も選択可能になっています。心配していた低解像度しか選択できないということがなくて、安心しました。
  • 写真08

 まとめ


使ってみてわかったことは、以下のとおり。
  • 長時間、4K解像度出力で外部ディスプレイ(DELL P2715Q)につないで使ってみましたが、瞬断することはありませんでした!よかった!安定して画面が表示されていました。ちらつきなどもありません。
  • miniDisplayPort出力なので、リフレッシュレートも60Hzのようで、画面で残像はありません。綺麗に表示されています。この点は、HDMI出力よりいいかもしれません。
  • 欠点としては、MacBookには、USB-Cポートが一つしかないので、充電しながらMacBookを使うことができません。ですので、あくまでも、バッテリーが持つ範囲でのminiDisplayPort出力になります。まあ、外出先で、一時的にモニター出力するために使うと、割り切った使い方になるでしょうね。私は持ち出すことはあまりありませんので、瞬断して欲しくない作業のときに使う感じになりますかね。
  • MacBookで使う場合、通常の使用よりはバッテリーの減り方が早くなるように感じました。
  • メーカも不明で、保証書も付いていませんでしたので、故障時は買い換えるしかないようですね。さすが中国製。
以上、楽天で購入した「USB 3.1 Type-C miniDisplayPortアダプタ」についてのレビューでした。

送料無料 USB C - Mini DisplayPort 変換アダプタ USB 3.1 Type C to Mini DisplayPort 音声サポート オス—メス for MacBook 12inch、ChromeBook Pixel(ゴールド、シルバー)2色選択
送料無料 USB C - Mini DisplayPort 変換アダプタ USB 3.1 Type C to Mini DisplayPort 音声サポート オス—メス for MacBook 12inch、ChromeBook Pixel(ゴールド、シルバー)2色選択



こんにちは!Mac-BCL777です。

MacBook 12inch Retina (Early 2016)を使い始めてから6ヶ月が過ぎました。毎日使いまくっていますが、ちょっと違った視点で、何がそんなに良いのかについて書きたいと思います。

 リビングで使った場合


普段はテレビがあるリビングのテーブルで使っています。テレビやラジオを聞きながら、MacBookでブログ記事を書いたり、ネットサーフィンをしたり、仕事の資料を作ったりしています。バタフライキーボードは打ちにくいと言われていますが、慣れてしまったので、全然問題になりません。

複数のアプリを立ち上げて使っていますが、問題なく使えています。いつも立ち上げているアプリは、Chrome(常にタブを3〜10ぐらいひらいている)、Evernote、MarsEdit、CotEditorを立ち上げています。これらのアプリを切り替えながら使っています。多少待たされることがありますが、特にストレスは感じません。こんなものだと思って使っています。画像を軽く編集するために、写真アプリ、MonoSnap、iMegaTools、ImageOptimも追加で必要な時に立ち上げています。そんなに重い編集は行いませんので、特に遅いとも感じません。結構サクサクと作業しています。

写真01

 自室で使った場合


自室では基本、BCLをしている時に掲示板やTwitterへの情報書き込みとEvernoteで受信ログ作成に使っています。Windows PCでSDR受信機を操作しつつ、その隣にMacBookを置いて使っています。

また、受信レポート作成時に、サブディスプレイとして、DELL P2715Qで4K解像度で表示させて、複数のアプリを並べています。Chromeで放送局に関する情報を表示させながら、録音した音声ファイルを聴きながら、Wordで受信レポートを作成しています。4K解像度のサブディスプレイを使っても、そんなに遅くは感じません。広いデスクトップを有効に活用しています。

写真02

 まとめ


とにかく手軽に持ち運びができるのがとても良いです。基本ワイヤレスで使っていますので、USB-Cポートがひとつしかなくても、困ったことはありません。USB-Cポートを使うのは、サブディスプレイを接続する時だけなので、本当に困っていません。それよりも、軽くてコンパクトなのが気に入っています。また、ファンレスですので、音が静かで良いですね。Windows PCはファンの音が結構しますが、MacBookは無音です。集中して作業したい時は、最高に良いです。

非力と言われますが、思ったよりサクサク動いて快適なMacBook 12inch Retina (Early 2016)は、最高の相棒です。コンパクトさを求めている方には、とても良いマシンだと思います。私はオススメしますよ!



こんにちは!Mac-BCL777です。

インターネットラジオアプリ「mRX-8000」、最高です!
いつもパソコンでブログを書くときなど、作業中にSmooth Jazzを聞くときに使っています。いい雰囲気のJazzが耳に心地良いです。FMラジオと違って、ほとんどトークが入らないのも最高です。人の声が流れると、耳に集中が移ってしまうので、トークがない方がパソコン作業に集中できるのです。

おまけにインターネットラジオを選局するときの操作が、BCLラジオでチューニングしているような手順なので、これまた楽しいです。このような良いアプリを無料で提供してくださっている作者の方に感謝です。これからもパソコン作業には、この神アプリ「mRX-8000」を使わせていただきます。

インターネットラジオ「mRX-8000」のサイトはこちらからどうぞ。

写真01



こんにちは!Mac-BCL777です。

今日は、Macに入れておくととても便利に使えるアプリ「Alfred」のご紹介です。
macOSには、「ドック(Dock)」というソフトを簡単に起動できるランチャが存在します。しかし、たくさんアプリを登録すると、アイコンが小さくなって使いづらくなったり、ドック自体の置き場所の融通が利かなくなったりするなどの弱点もあります。そこで便利なのがマウスを使わずにキー入力だけでソフトやフォルダが開けるアプリが、今日ご紹介する「Alfred」です。

 まずはインストール


「Alfred」のインストールは、Mac App Storeからインストールします。 (Mac App Store > 仕事効率化)

写真01

 アプリの起動と設定


  • Finderのアプリケーションフォルダから、インストールした「Alfred」を起動します。
  • 写真02

  • 「ハット」アイコンより、「Performance」をクリックする。
  • 写真03

  • Generalタブの「Startup」にチェックを入れ、「Where are you」に「Japan」を設定します。この設定をすることで、Mac起動時に自動で「Alfred」が起動し、Google検索などで「日本」が優先されます。ホットキーは、Option + スペースキーです。
  • 写真04

  • これで設定完了です。早速 Option + スペースキーを押して、Alfredを起動してみます。以下のように検索窓が表示されます。
  • 写真05

以上で、Alfredが使えます。実際の使い方は、この後の項目に書きます。

 アプリの起動


  • 例えば「word」を起動するとします。Option + スペースキーを押して、検索窓を表示し、「word」と入力します。すると以下のようにアプリ一覧が表示されますので、「word」に表示されているショートカットキー(リターンキー)を押すと、wordが起動します。
  • 写真06


 Web検索


  • 例えば「IC-R8600」というキーワードで検索する場合は、Option + スペースキーを押して、検索窓を表示し、「IC-R8600」と入力します。すると以下のように検索エンジンの一覧が表示されます。ここではGoogleで検索するので表示されているエンターキーを押します。
  • 写真07

  • するとブラウザが起動し、検索結果が表示されます。
  • 写真08


 ファイル検索


  • 例えば「写真01」を含むファイルを検索します。まず半角スペースを入力してから「写真01」を入力します。すると以下のよう「写真01」を含むファイル一覧が表示されますので、該当するファイルのショートカットキーを押すと、ファイルが表示されます。
  • 写真09


 ブックマーク検索


  • 例えば「Macと」を含むブックマークを検索します。すると以下のような「Macと」を含むブックマーク一覧が表示されますので、開きたいブックマークのショートカットキーを押します。するとブラウザが起動し、ホームページが表示されます。
  • 写真10


 まとめ


以上、Alfredを使った各種の検索方法でした。Alfredでは、アプリ、ファイル、Webブックマークなど、区別なく検索一覧が表示されますので、効率よく情報を見つけることができ、Macでの作業の効率化が図れます。マウスを使わずにキーボードだけで検索できるのが、かなりポイントが高いと思います。一度使うと便利すぎて手放せなくなると思います。ぜひ、一度使ってみてください。

以上、Mac便利アプリ「Alfred」のご紹介でした。



↑このページのトップヘ