MacとBCLの時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのApple製品やBCL、デジカメに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。
Instagramもやっています。

Mac

こんにちは、Mac-BCL777です。

今日は、MacBookのストレージ使用量を削減できる、「セーフブート」をご紹介します。

 起動時にShiftキーを押すだけ!OSのキャッシュが整理・削除される。


MacBookを長く使っていると、動作が重くなったり、ディスク使用量の「その他」ファイルが肥大化していませんか?そんな時に、手軽にメンテナンスできるのが、「セーフブート」です。実に簡単なので、ぜひやってみましょう!

手順としては以下の通り。
  1. MacBookの電源を落とします。
  2. 電源キーを押します。
  3. 電源キーを押したら、すぐにShiftキーを押したままにします。
  4. そのままログインします。画面の右上に「セーフブート」と表示されます。
  5. ログイン確認後、通常の再起動をします。
これだけでOKです。

普通の起動画面で起動しますが、いつもより長めの時間がかかり、画面の右上に「セーフブート」と表示されます。起動が完了したら、いつものように電源を落とせば、ストレージの「その他」や「バックアップ」領域が整理され、ディスク容量が確保されます。
  • セーフブート前
  • 12 ストレージ(セーフブート前)
  • セーフブート後
  • 22 ストレージ(セーフブート後)
見ていただくとわかりますが、セーフブート後は「4GB」近くもディスク使用量が減っています。セーフブートするだけで、OSのキャッシュや不要ファイルが削除され、ディスク空容量が確保され、起動も軽くなります。超手軽で効果絶大!

年1回とか言わずに、MacBookの動作が重いなとか、ディスク容量を増やしたいなとか思ったら、ぜひお試しください。とても簡単にメンテナンスできますよ!



Mac OSには、標準で写真の編集ができる「写真」というアプリが入っています。Adobeなどの有償アプリが有名すぎて、あまり知られていませんが、Mac OSの「写真」アプリでも、ある程度画像の編集ができるので、機能をご紹介したいと思います。私はブログ写真を編集するのに、いつもこの「写真」アプリを使っています。プロのような使い方をしないのであれば、十分使えるアプリだと思います。それではご紹介します!

 写真アプリで画像編集!


写真01
「写真」アプリで画像を編集する時は、編集したい画像を開き、右上の「編集」ボタンを押すと、編集画面に切り替わります。編集画面に切り替わると、バックが黒になり、右側に編集メニューが表示されます。
  • 補正
  • 回転
  • トリミング
  • フィルタ
  • 調整
  • レタッチ
上記の6つの機能を使うことができます。操作も簡単で直感的に使えますので、ちょっとした画像編集には便利に使えます。

 補正


補正はメニューをクリックしても、メニュー等は表示されません。つまり自動補正ということです。画像の明るさ等が自動で補正され、見やすくなります。 右上の完了ボタンの横に「オリジナルに戻す」というボタンを押すと、自動補正された画像を元に戻すことができます。

 回転


回転は、クリックする度に画像が左に90度回転します。4回クリックすると元に戻ります。 写真02

 トリミング


トリミングは、画像の一部分を範囲指定して取り出したり、画像の傾きを修正したりできます。大きな画像の一部分に寄った画像を作成するのに役に立つ機能です。
写真03

 フィルタ


画像にカラーエフェクトをかけたような処理を行います。この「写真」アプリにも数多くフィルタが装備されており、モノクロ画像にしたりできます。フィルタをかけた後に調整すれば、自分なりの仕上げができますので、仕上げのベース処理として使うこともできます。
写真04

 調整


写真アプリの一番使う機能でしょう。表示している画像に対して色や明るさの補正処理が行えます。
写真05
標準の状態では、調整できる機能が3つしか表示されていませんが、他にも調整する機能がありますので、「追加」ボタンを押して機能を追加しておきましょう。
写真06

 レタッチ



写真07
画像内の不要なものを取り除けます。取り除きたい箇所を塗りつぶします。
写真08
塗りつぶした箇所が消えていますね。ただ背景にも左右されますので、有償アプリに比べると綺麗に消えなかったりしますが、無料アプリですので、まあ良しとしましょう。
写真09

 まとめ


以上、「写真」アプリの編集機能をご紹介しました。無料ですが、なかなか使えるアプリだと思います。私はAdobeなどの高額アプリは持っていませんが、この「写真」アプリで十分使えています。皆さんも一度お試しください。プロのような作業はできませんが、使い方次第で十分使えることがわかると思いますよ!



こんにちは!Mac-BCL777です。

今日は以前書いたレビューに続けて、MacBook 12inch Retina (Early 2016)のレビュー第2弾!3ヶ月使ってさらにわかったことを書きたいと思います。


 まず、ゴールドがかっこいい!


厚さ13.1mmの超薄型ボディに、ゴールドのカラーが美しいです。他に所有しているWindows PCのThinkPad X240sは、いかにも仕事用という感じで、飽きのこない無難なデザインですが、美しさは感じません。ごつくて壊れにくいPCという感じです。MacBookは美しさとかっこよさ、所有している満足感を感じることができる、数少ないパソコンだと思います。端子類も必要最小限になっていて、拡張性がないとか色々と言われていますが、ノートパソコンでたくさんの周辺機器を同時につなぐことはありません。逆に端子が少ないことで、ボディーデザインの美しさが出ていると感じています。

写真01 


 感圧トラックパッドが最高!


Macのトラックパッドは、とてもよく出来ており、OSとの一体感が抜群です!マウスが必要ないと思うほどです。トラックパッドだけで十分使いやすいパソコンです。実際、私はマウスは使っていません。Windows PCと比べると分かりますが、こんなに思い通りに自然に使えるトラックパッドがあるのかと思うほど、差があります。私はThinkPad X240sも持っていますが、ThinkPadのトラックパッドは、動きがあまり自然でなく、どうしてもマウスを使ってしまうほど、私にはしっくりとこないものでした。それだけMacBookのトラックパッドは最高です。

写真02 


 バタフライキーボード最高!


軽いタッチで入力できるので、慣れるととても快適。人によっては、もっとキーストロークが欲しい人もいると思いますが、私にはこれがベストです。薄いキーボードでキーストロークがとても浅いですが、キートップはフルサイズのキーになっているので、とても打ちやすいです。机の上はもちろん、膝の上でも余裕でキー入力できます。私にはとても合っているキーボードです。バタフライキーボード以上に入力しやすいキーボードは、正直あまり無いように感じているほど、気に入っています。まあ、打ちやすいかどうかは人それぞれですので、購入を考えている人は、必ずAppleStoreで実機を触ってくださいね。

写真03 


 内臓スピーカーの音質が最高!


ネットラジオやiTunesで音楽を聴く時、外部スピーカがいらないと思うほど、良い音が出ます。確かに外部スピーカーの方が、大音量でいい音が出ると思いますが、机の上で、自分だけで聞くときには、正直なところ、いちいち外部スピーカーを繋ぐのが面倒なんですよね。手っ取り早く、MacBook内臓のスピーカーで聞くのが便利に感じますし、今まで使っていたMacBook Air 2012モデルやWindows PCのThinkPad X240sより、本当にいい音で聞けます。手軽にいい音で聴けるのが、私にとって大切なこと。というわけで、基本、MacBook内臓のスピーカーで音楽やネットラジオを聞いています。

写真04 


 Retinaディスプレイが最高!


MacBookのディスプレイはRetinaディスプレイです。このディスプレイは美しい表示だけでなく、目が疲れにくいと感じています。標準のスケーリング解像度では、最高1440×900と狭いですが、QuickResというアプリを使えば、最大解像度の2304×1440で広大なデスクトップが使えます。ただ、2304×1440では、少し文字が小さくなってしまいますので、私は1920×1200の解像度を通常利用しています。1920×1200だと文字の大きさもしっくりきますし、1画面で複数アプリを表示できますので、快適に使うことができます。やっぱりRetinaディスプレイは最高です。

写真05


 バッテリー持ちが最高!


これは人によると思いますが、私の使い方だと7時間近く持ちます。OneDriveやDropboxを使わなければ、もっと持つと思います。私の普段使いは、Web閲覧とブログ作成などの文字入力、簡単な写真の編集作業を行っています。夜に充電しておけば、日中はバッテリーを気にすることなく使うことができています。


 モバイルバッテリーが使える!


MacBookはUSB-Cでの電源供給ができますので、市販されているモバイルバッテリーで給電することができます。私はAnker PowerCore 13000を使っていますが、このバッテリーを使えばさらに稼働時間を延ばすことができます。3〜4時間くらいは稼働時間を伸ばせると思います。

写真06


 まとめ


色々と書いてみましたが、いかがでしたでしょうか。見た目良し!軽さ良し!バッテリー持ち良し!で、私としては買ってよかったと思えるパソコンだと思います。唯一残念なのが、スペックの割に価格が高いことですね。この点に納得できれば購入して後悔することはないと思います。いろいろと感想を書かせていただきましたが、これからを購入を検討されている方のお役に立てれば幸いです。



こんにちは!Mac-BCL777です。

今日は、MacBook、スマホで使用しているBluetoothヘッドフォン「Philips RD9100」をご紹介します。

ワイヤレスで音楽を聴きたいと思い、Bluetoothヘッドフォンを探したところ、デザインも気に入った「Philips RD9100」を購入しました。カラーは赤と白でしたので、私は赤を選択しました。
写真01


 製品特徴


  • ボディーサイズにしては大きめの40mmの高性能なスピーカーになっています。
  • 2Wayの使用方法がある。
    Bluetooth接続によるワイヤレス再生と、オーディオケーブルを用いた有線による再生が可能です。
  • 耳元で再生機器の操作が可能。
    ハウジング部分にマイクとコントローラーがあり、ボリュームコントロールや一時停止、曲送り、曲戻し、電話受信を耳元で操作できます。

 製品仕様


  • タイプ:Bluetoothヘッドバンド/密閉ダイナミック型
  • 利用方法:Bluetoothによるワイヤレス接続、優先接続の2種類
  • 充電池:リチウムポリマー電池
  • 充電時間:約2.5時間
  • 連続稼働時間:約9時間
  • 再生周波数帯域:20〜20,000Hz
  • スピーカー径:40mm
  • 重量:184g

 まとめ


  • ボディーサイズの割に大きめのスピーカーが搭載されているので音が良いです。結構低音が出ます。
  • 長時間バッテリーが持ちます。連続再生9時間ですので、毎日の通勤で使っても、私の場合4日ほど持ちます。週に1〜2回充電すれば良い感じです。
  • 適度なソフトクッションになっているので、耳への負担が少なく、快適につけることができます。
  • Bluetoothは結構接続が切れることが多いですが、本機種は、切れることがほとんどありません。しっかりと接続が保たれます。
  • マルチペアリングに対応していないので、複数の機器に接続する場合は、ペアリング作業が必要になります。この点は少し残念。
以上、Bluetoothヘッドフォン「Philips RD9100」のご紹介でした。音質も良く、とても操作性が良いヘッドフォンですので、毎日快適に使っています。現在この機種は製造中止になっております。後継機種(SHB3185)はこちらのリンクからどうぞ。後継機種は連続稼働時間が延びているようです。



こんにちは!Mac-BCL777です。

今日は、MacBook Retinaディスプレイの表示能力について書きたいと思います。

MacBookの12インチディスプレイは、解像度が2304×1440の表示能力があります。しかし、MacBookで設定できるスケーリング解像度は、最高1440×900となっています。これはこれできめ細かい表示で美しい表示なのですが、フルHDが標準となっている最近のPCの表示解像度からすると、表示領域が狭く感じます。

私は、ブログ作成にChrome、MarsEdit、CotEditorを同時に開いて作業しますので、これらのアプリを1画面に並べて表示させています。ですので、1440×900では、表示領域が狭くて、使いにくく感じます。

そこで先日ご紹介したQuickResというアプリを使って、MacBookの解像度をドットバイドットの2304×1440まで表示できるようにしました。これでRetinaディスプレイの性能を生かす表示が可能になります。

ということで、表示領域の比較をしてみます。

1440×900の画面はこんな感じ。
写真01
1画面の表示でしたら1440×900でも十分な表示領域ですが、ちょっと狭いですね・・・。

MacBook最大の2304×1440の画面はこんな感じ。
写真02
さすが2304×1440は、表示領域が広いのですが、12インチの画面の大きさからすると、少し文字が小さくなりすぎで目が疲れます。色々と試してみたところ、1920×1200が一番、私の目にはしっくりしました。

1920×1200の画面はこんな感じ。
写真03
1920×1200であれば、Chrome、MarsEdit、CotEditorを同時に開いても、十分に作業領域を確保できます。長時間使っても目の疲れもありません。ですので、基本は1920×1200の画面で作業し、広い表示領域が必要なときに、一時的に2304×1440に切り替えて作業することで対応していくことにしました。

以上、MacBook Retinaディスプレイの表示能力について書いてみました。



↑このページのトップヘ