MacとBCLの時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのApple製品やBCL、デジカメに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。
Instagramもやっています。

Mac

こんにちは!Mac-BCL777です。

ブログを始めてから、今月で1年10ヶ月ほどになります。最初は、livedoorの提供する管理画面更新していましたが、今では多くのアプリを使うようになりました。1年ほど前にも、ブログ更新で使っているアプリを紹介しましたが、変わっているかもしれませんので、2018年度版ということで、記事を書かせていただこうと思っています。

私はメインのパソコンがMacBookになりますので、当然のことながら、ブログ作成のアプリもMac版ということになります。

良く使うアプリ


ちなみに、Windowsでは「ソフト」と行っていますが、Macでは「アプリ」と言います。これはiPhoneなどのiOSでも同様で「アプリ」と言います。

というわけで、私のブログ更新で使っているアプリは以下の通りです。
  1. Evernote(現Ver7.1)
    メモを取ったり、記事を記録している便利なアプリです。クラウドサービスを利用できますので、Evernoteは入っているデバイスなら、どのデバイスからでも利用できます。アプリ自体は無料ですが、Evernoteの有料会員になっていますので、年1回使用料金を払っています。

  2. Chrome(現Ver66.0.3359.139)
    メインのWebブラウザとして利用中です。iPhoneでも使っているので、ブックマークなどが共有できます。

  3. MarsEdit4(現Ver4.09)
    ブログを更新するのに使っているエディタアプリ。新規で購入すると6,000円ほどかかりますが、私はMarsEdit3を持っていたので3,000円で購入できました。多機能なエディタでプレビュー画面もあり、入力したHTMLソースをすぐに確認できるので、とても便利です。また、過去記事も呼び出せますので、古い記事を訂正するときも便利に使えます。有料アプリですが、便利なので、購入する価値は十分あると思います。

    MarsEdit4

  4. CotEditor(現Ver3.3.5)
    無料のテキストエディタ。テキストを入力するときに使っているアプリ。最近は出番が減っていますが、使いやすいテキストエディタです。

  5. iMegaTools(現Ver1.0.16)
    ブログに挿入する画像を編注するアプリ。画像にウォーターマークを入れるときに使っています。

  6. MonoSnap(現Ver3.4.11)
    ブログに挿入する画像を編集するのに使っています。簡単な編集は全てこのアプリで行っています。

  7. ImageOptim(現Ver1.8.0)
    ブログ画像を投稿するにあたり、ファイルサイズを圧縮するために使うアプリ。画像についている詳細情報を削除してくれます。
以上のアプリを使って、ブログの更新を行っています。MarsEdit4以外は無料のアプリを使っています。探すと、無料でも十分に使えるアプリがありますね。

私の使っているアプリをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。皆さんの参考になればと思います。



こんにちは!Mac-BCL777です。

先日購入した外付けハードディスクですが、以前購入したUSB-C変換プラグとの相性が良くないようで、接続してもMacBookの挿しても、マウントがすぐ外れてしまいます。どうやら電流が不足?しているようで、接続が安定しません。

使ったのは、dodocool製のUSB-C変換プラグです。今回購入した外付けハードディスク以外は、普通に動作しています。フラットスキャナやUSBメモリでは、問題ありませんでした。

IMG 1134

IMG 1136

おそらく、dodocoolのUSB-Cアダプタから供給される電流が安定ないんでしょうね。HooTooのUSBハブを使うと、外付けハードディスクもちゃんと動作するので、dodocoolのUSB-C変換アダプタの問題なのでしょう。

USB-Cはトラブルが多いですね。MacBookはUSB-Cしか端子がないので、変換アダプタに相性があると、ちょっと困りますね。仕方がないので、外付けハードディスクを使うときは、HooTooのUSBハブを使うことにします。

Appleさん、MacBookには、動作の安定した純正のUSB-C変換アダプタを同梱してくださいね。



こんにちは!Mac-BCL777です。

初代の「iMac」が発表されてから、20年を迎えました。「iMac」は当時のパソコンのデザインを変えた、斬新なデザインで大ヒットパソコンとなりました。

IMac

AppleのTim Cook CEOは、現地時間2018年5月6日で初代「iMac」が発表されてから20周年になったことにあわせてツイートをしています。

Tim Cook CEOのツイートは以下の通り。
「20年前の今日、スティーブがiMacを世界に紹介しました。iMacは、Appleの新たな道を確立するとともに、人々のコンピュータを見る目を永久的に変えました。」

ちなみに、初代「iMac」のスペックはCPUは、Power PC G3プロセッサを搭載し、15インチディスプレイ(1,024x768ピクセル)、4GBのHDD、32MB(最大128MB)メモリ、USBが2ポートなど搭載されていました。

「iMac」シリーズは現在までアップデートを繰り返し、2017年には「iMac Pro」も登場していて、今後もMacのラインナップの中心の一つとして重要な商品となっていることは間違いなく、Appleの歴史、パソコンの歴史の中でも一つの大きな転機となった製品として今後も語り継がれていくのではないでしょうか。

私も初代「iMac」は購入しましたね。どの店に行っても売り切れで、やっとの思いで購入したのを覚えています。そのくらい、魅力的なデザインでしたね。これからも最先端デザインのパソコンとして、商品が続いて行ってほしいなと思います。



こんにちは!Mac-BCL777です。

Chrome

私はWebブラウザはGoogle Chromeを愛用しています。使っていると、Macの再起動のときやChromeの更新時など、Chromeの再起動が必要なとき、今まで開いていたタブを、もう一度、自分で開き直していました。ですが、Chrome再起動時に、前回まで開いていたタブを復元する方法を見つけましたので、自分のメモのためにも、記事にしておこうと思います。

設定は簡単です。

「Chrome」ー「環境設定」を開くと、設定画面を下の方にスクロールすると、「起動時」という項目が出て来ます。ここで、「前回開いていたページを開く」を選べばOKです。この設定をしておくと、Chromeを再起動しても、直前まで開いていたタブを復元することができます。使ってみると便利ですよ。皆さんもぜひお試しください。

no title



こんにちは!Mac-BCL777です。

IWorks for iOS

Appleが、iPhone/iPad用アプリ「Keynote 4.0.1」「Numbers 4.0.1」「Pages 4.0.1」をApp Storeにて、アップデートの配布を開始しています。

システム動作環境は、iOS 11.0 以降となっています。このアップデートの修正点は、新機能はほとんどなく、安定性の向上及びパフォーマンスの向上がメインとなっています。



↑このページのトップヘ