MacとBCLの時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのApple製品やBCL、デジカメに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。
Instagramもやっています。

Mac周辺機器

こんにちは!Mac-BCL777です。

MacBookを使っていると、拡張端子がUSB-Cが一つのみです。世の中で普及しているUSB-A端子の製品を使うためには、USB-Cへの変換アダプタが必須になります。

IMG 0295

ということで、私はUSB-Cへの変換アダプタを2種類使っています。下記の製品を使っています。
  • USB-AからUSB-Cに変換するアダプタ
  • USB-A、SDカードリーダ、HDMIをUSB-Cで使えるようにするハブ
もう1年以上MacBookを使っているため、変換アダプタを使うことには慣れていて、特にアダプタが必要な不便さは感じなくなりました。ですが、やっぱり変換アダプタが必要なのは、不便だなと思います。

また、外部ディスプレイ利用時に感じることですが、USB-Cだと、やっぱり切り替わりが安定しないこともあり、専用のHDMIやminiDisplay端子などが欲しいなあと思うこともあります。

Appleは、いつも新製品を発表するときに、過去のインターフェースをバッサリと無くしてしまうことが多いですが、やっぱり過去のインターフェースも使いたい時があるものです。結局、アダプタを買うことになります。

まあ、アダプタがあれば使えていますので、問題がないといえばそれまでですが、USB-Cはまだまだ普及段階ですし、画面出力関係については、やっぱりまだ不安定なところもありますので、USB-Cに統一するのであれば、Appleには、安定したUSB-Cでの画面出力を提供して欲しいと思います。



こんにちは!Mac-BCL777です。

いつもデータバックアップは、MacBookにUSBメモリを刺して取ってきます。ここのところ、かなり時間がかかります。15GBぐらいのバックアップが7時間ほどかかりました。ちょっと長すぎですね。

USB Memory

家内のMac miniのバックアップは、外付けバックアップに、もっと素早くバックアップが取れるので、USBメモリの問題かも知れません。一応USB3.0仕様の265GBのUSBメモリなんですが、なぜか外付けのUSB3.0のハードディスクに比べると、バックアップ速度が遅いです。手軽に持ち運べると思って、USBメモリタイプにしたのですが、やっぱり外付けのハーディスクタイプにした方がいいのかも知れませんね。少し外付けハードディスクを探してみたいと思います。500GBぐらいでいいと思っています。



こんにちは!Mac-BCL777です。

MacBookを使っていると、外部機器と接続しようとすると、必ず必要になるUSB-Cアダプタ。私も例に漏れず、MacBook購入とほぼ同時にUSB-Cアダプタを購入しました。購入したのはHooTooのUSB-Cハブです。以前レビューも書いていますが、1年使いましたので、その後の使用感を書いてみようと思いました。

IMG 0274

このHooTooのUSB-Cハブですが、搭載している端子が豊富で、私の欲しい機能は全て使えるので、とても気に入っています。

搭載している端子は以下のとおり。
  • SDカードリーダー
  • USB3.0のA端子を3つ
  • 給電用USB-C
  • HDMI画面出力
以上の4つの端子があるので、ほぼ満足しています。

ただ、もう一つあったら良かったなと思う端子が、USB-C端子です。給電用のUSB-C端子しかありませんので、USB-Cを採用している機器は繋げません。それならHooTooのアダプタを介さずに使えばいいじゃないかと言う方もいらっしゃるかと思いますが、それでは給電しながらUSB-C機器が使えません。ぜひ、もう一つUSB-C端子を搭載して欲しいと思います。

一番使うのは、やっぱりSDカードリーダですね。ブログやインスタグラムを始めてから、デジカメで写真を撮ることが増えましたので、よくSDカードは使うようになりました。このHooTooのUSB-Cハブですが、SDカードを入れてからの認識が結構早いので、とても便利です。

二番目に使うのは、USB3.0 A端子です。これはMacBookのデータバックアップのために、USBメモリを使うからです。2日に一回程度で使っています。

このHooTooのUSB-Cハブですが、便利なのはやっぱり給電用のUSB-Cがあることでしょうね。SDカードリーダーや、USB3.0製品やHDMIで画面出力をしている時でも、充電しながら行えますので、バッテリーの心配がありません。

ということで、1年ほぼ毎日使っていますが、特に故障もなく、快適に使っています。そんなに大きくないUSB-Cハブですので、カバンのポケットに入れられますし、買って良かったと思っている製品ですね。

MacBookやMacBook Proをお使いの方は、ぜひ一つ持っていると便利なUSB-Cハブだと思います。

以上、約1年使ったHooTooのUSB-Cハブの使用感でした。

私が使っているHooTooのUSB-Cはバブは以下のリンクからどうぞ。




こんにちは!Mac-BCL777です。

みなさん、パソコンのデータバックアップはされていると思います。私もMacBookのデータを定期的にTimeMachine機能を使ってバックアップしています。

バックアップ先として使っているのは、MacBookと同じ容量の256GBのUSBメモリを使っています。使っている理由は、コンパクトで保管しやすいことでしょうか。一応、サンディスクのUSB3.0に対応したUSBメモリです。

USB

機能的には不満はないのですが、最近、バックアップ時間とても長時間かかります。外付けのハードディスクだと速いのですが、このUSBメモリだとなぜか時間がかかります。アクセスランプが点いたり消えたりしていますので、動作はしているようです。単純にこのUSBメモリの書き込み速度が遅いということでしょうか。でも一応外付けのハードディスクと同じUSB3.0なんですけどね。

原因は不明です。ですので、バックアップは寝る前に実行して、朝には終わっているという運用にしています。最近、写真を撮るようになったので、ディスクをかなり使うようになりました。MacBookのSSDだと一杯になると思いますので、そのうち外付けのハードディスクを購入しようかなと思っています。そのタイミングで、バックアップメディアも外付けハードディスクにしたいと思っています。おそらく、バックアップ時間も短縮できると思っています。



こんにちは!Mac-BCL777です。

先日デジカメを買い換えましたが、それからSDカードリーダーが活躍しています。MacBook本体には、SDカードリーダーがなく、しかもUSB-C端子しかありませんので、HooToo HT-UC001というUSB-Cハブを使っています。

写真01

SDカードの差し込みの感触も良く、読み出しも素早いので、気に入って使っています。できれば、ThinkPad X240sのように本体にSDカードリーダーがあれば良いとは思いますが、まあ、リーダーがあれば不自由しませんので、問題はありません。実はデジカメにWi-Fiの機能があるのですが、Wi-Fi接続の度にメニューから呼び出すのが結構手間がかかりますので、SDカードリーダーを使っています。

新しいデジカメにしてから、撮影の機会が増えていますが、結構高価だったSDカードリーダーを使う機会が増えて、ある意味有効活用ができて良かったと思っています。

とても使いやすいSDカードリーダです。SDカードリーダー以外にUSB3.0が3基、HDMI端子、給電用USB-C端子を装備しています。興味のある方は、以下のリンクからどうぞ。

↑このページのトップヘ