MacとBCLの時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのパソコンやBCLに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。

Macソフトウェア

こんにちは!Mac-BCL777です。

Evernoteが「バージョン6.11」にアップデートされました。このアップデートで「MacBook Pro 2016」の「Touch Bar」に対応したことが明らかになりました。

写真

新規ノートの作成や並べ替え、検索画面の表示、フォントの設定などの操作が、「Touch Bar」で素早くアクセスできるようになっています。「MacBook Pro 2016」も使っているユーザには、嬉しいアップデートになるでしょう。私はMacBook 12インチなので、恩恵には預かれません。残念。



こんにちは!Mac-BCL777です。

今日は、Macで自画面を音声付きで録画する方法について書きたいと思います。

 必要なソフトウェア


Macで自画面を録画するためには、以下のソフトウェアを使います。
  1. 「QuickTime」:macOS標準でインストールされています。
  2. 「LadioCast」:オーディオミキサー機能を持つアプリ(2017/02/27現在無料のアプリ)。標準ではインストールされていないので、App Storeよりダウンロードし、Macにインストールします。

 Macで自画面を録画する。


Macで自画面を録画するには、「QuickTime」を使います。ただ「QuickTime」だと、画面しか録音できず、音声が録音できませんので、音声を録音するために、App Storeより「LadioCast」をインストールします。

「LadioCast」のインストールが完了したら、以下の手順でソフトを起動します。
  1. まず、「LadioCast」を起動します。「入力1」に「Soundflower(2ch)」、「出力」に「内臓出力」を選択します。
  2. 写真01

  3. 「システム環境設定」ー「サウンド」で、「出力」ー「Soundflower(2ch)」を選択します。
  4. 写真02

  5. 音声付き録画をしたいアプリを起動します。起動すると、ミキサーの入力、出力レベルメータが振れていると思います。これで、録音準備ができました。
  6. 写真04

  7. 「QuickTime」を起動します。起動したら、「ファイル」ー「新規画面収録」を起動します。
  8. 写真03

  9. 「QuickTime」の入力リストより、「Soundflower(2ch)」を選択する。
  10. 写真05

  11. これで自画面の音声が入力されます。レベルメータが振れていることと思います。
  12. 写真06

  13. あとは、録音ボタンを押して、画面録画を開始します。
以上で、自画面の音声付き録画ができます。とても便利ですよ。一度お試しください。



こんにちは!Mac-BCL777です。

ついに私のOffice 365にも、タッチバーに対応したアップデートの配信がきました。昨日、久しぶりにWordを起動したら、Officeアップデートの画面が出てきました。すぐにアップデートを実施しました。アップデートに起動すると、以下の画面が出てきました。

写真01

残念ながら、私はMacBook 12inchなので、Touch barがありませんので、なんのメリットもありません。でも使って見たいなあと思いますね。外付けのApple キーボードで対応してくれたら、購入して使って見たいとは思います。



こんにちは!Mac-BCL777です。

ATOKを使い始めて、約2週間経ちます。
賢い日本語変換プログラムと期待をして導入してみましたが、使ってみると、そんなに賢いかな?という感じです。 確かにmacOS Sierraの日本語変換プログラムにはない良いところはありますが、あまり使わないかなという機能もあり、動作もちょっと重い感じがします。

ATOKの優れている機能としては、たぶん以下の2つの機能なんだと思います。
  • 予測変換
  • 辞書検索
確かに予測変換や辞書検索は便利なことがありますが、お節介なところもありますね。

予測変換と辞書検索の例 たとえば、「年末調整」と打ちたいとします。「ねんまつ」と入力すると、予測候補が表示されます。
写真01
さらに予測候補を表示させたいとき、下矢印キーを押すと、多くの候補が表示され、右側には単語の意味が自動的に表示されます。とても便利に思われるのですが、文章を入力していると、画面を多く占領するので、文章全体が見えなくなることがあります。頼んでいないのに、単語の意味が表示されるため、入力していてウザいと感じます。動作も遅いですしね。
写真02
変換精度がmacOSの日本語変換より良いかというと、特に差があるとは感じません。私の感覚だと、いろいろな機能があるのは良いのですが、ちょっとお節介かなと言うことと、いちいち矢印キーを押さなければいけないので、かえって入力効率が下がるような感覚を持ちます。もっと使い込めば、とても便利になるのかもしれませんが、私にはちょっと使わない機能が多いかなと感じています。

月額476円(税抜)ですが、払うだけの価値が見いだせなかった感じですね。今月中に解約しようと思います。



こんにちは!Mac-BCL777です。

ブログを書いていて、良いアプリを紹介するときに、アプリのアイコンの画像を取り出せないものかと、良く思いますよね。そんなときに役に立つアプリの画像を取り出す方法が紹介されていたので、ご紹介します。


 Mac標準のアプリ、「プレビュー」を使えば簡単に取り出せます!


詳細は、「コモノン」さんのブログのページをご参照ください。
https://komonon.jp/retrieve-image-application-mac/

上記のブログにあるとおり、「プレビュー」アプリがあれば、簡単に取り出せます!こんな取り出し方があるなんて知りませんでしたね。ブログを書くときに活用したいと思います。

写真01



↑このページのトップヘ