MacとBCLの時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのApple製品やBCL、デジカメに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。
Instagramもやっています。

Macソフトウェア

こんにちは!Mac-BCL777です。

Googleは、Webブラウザ「Google Chrome」の開発で、早ければ次回のアップデートで「新型MacBook Pro」の新機能である「Touch Bar」に対応する予定らしい。

対応すれば、Safari使用時表示されるブラウザの「進む」、「戻る」、「ブックマーク」ボタンなどを表示、またYouTubeなどの動画表示時にはシークバーが搭載されるなど、「Touch Bar」の表示に最適化するアップデートとなる予定。

「Google Chrome」の開発チームは、現在「Touch Bar」の挙動を研究中とのことだが、早ければ実装は2017年1月に公開される次期バージョンになりそうだ。

写真01

「新型MacBook Pro」の「Touch Bar」は、発売されたばかりで、対応アプリがまだ少ない。「Google Chrome」が対応すれば、利用者も多いことから、もっと便利に「MacBook Pro」が使えるようになると思われる。「Google Chrome」の次回アップデートが楽しみですね。



こんにちは!Mac-BCL777です。

OneDrive for Businessの同期不調について書きたいと思います。

写真01


 MacBook上では同期済みに見えるが、クラウド側にはファイルがない。


最近まで気がつかなかったのですが、ある日を境にして、MacとOneDriveの同期がされていませんでした。Mac上では同期が完了したように見えるのですが、クラウド側のOneDriveにファイルがない状況。色々と調べましたが、原因不明です。データはTime Machineで小まめにバックアップしているので、特に問題はないのですが、これでは何のためにOffice365を契約しているのかわかりません。

 OneDriveクライアントの「問題の報告」にはエラーが上がっていない。


OneDriveクライアントの「問題の報告」を見てみても、特にエラーは上がっていませんでした。表示も「最新」と出ています。でも、クラウド側にはファイルがない。これでは安心して使えません。

 リンクの再設定で復活


Web等で調べてみてもわかりませんでしたので、最終手段でリンクを一旦解除し、もう一度再設定することで、ちゃんと同期されるようになりました。ざっと見たところ、クラウド側にもファイルがありましたので、復活したようです。OneDriveクライアントの表示も「最新」になっていました。

写真02

OneDriveですが、Dropboxに比べると同期が遅いし、たまにトラブルが発生します。Office365の有料契約なのですから、しっかりと動作してほしいですね。Dropboxに切り替えたい気分ですが、月額料金が勿体無いので、小まめに確認して使います。何とかしてよ、Microsoftさん!



こんにちは!Mac-BCL777です。

昨日ご紹介したインターネットラジオアプリのmRX-8000ですが、Windowsユーザやスマホユーザには、このアプリを使うことができませんので、一体どんな操作感なのか伝わらないと思いますので、Macでの受信操作をしている画面を公開致します。機材の関係でノイズが乗っていますが、雰囲気は伝わると思いますので、ぜひご覧ください。



いかがでしょうか。結構アナログラジオを使っている感覚になれると思いませんか。まあ、Google検索などを使えば、もっと楽に聞くことができると思いますが、やっぱりラジオは同調操作があった方が楽しいですよね。今後のバージョンアップを期待したいですね。もしスマホ版アプリが出たら、指で操作できますので、いかにもラジオのような感覚になると思います。

以上、インラーネットラジオ:mRX-8000の受信操作でした。



こんにちは!Mac-BCL777です。

ストリーミングラジオの話題の第2弾です。BCLの話題かと言われるとビミョーですが、Mac用のアプリでインターネットラジオを聞くのに楽しいアプリがありましたので、ご紹介したいと思います。

 このアプリの特徴


mRX-8000は、“SHOUTcast” と “ねとらじ” の両方のインターネットラジオ放送の受信に対応した、Macintosh 用のアプリです。 1970 年代に流行したBCLアナログラジオのコントロールパネルを再現したGUIを備えているのが最大の特報です。このGUIにより、あたかも当時のアナログラジオを操作するようにインターネットラジオ局をチューニングすることができます。ゼロビート受信を再現していますので、本当にラジオをチューニングしているような感覚を楽しめます。
写真01


 動作環境


  • OS:MacOS X 10.4 (Tiger) 〜 10.8 (Mountain Lion)
    一応、最新(2016/11/27現在)のMac OS SierraをインストールしているMacBookでも利用することができました。利用は自己責任でお願いします。
  • 推奨 CPU:PowerPC G4, G5 1GHz 以上。または Intel CPU
  • ネットワーク接続環境は必須です。

 多彩な機能(主な機能)


  1. ジャンル切替スイッチ
    36 のジャンルの中から目的の放送局を絞り込めます。
  2. 写真02
  3. ダイヤルスケール。
    選択したジャンルに含まれる全ての放送局が配置される、回転式の表示パネルが表示されます。
  4. 写真03
  5. チューニングノブ
    このツマミを回転させて目的の放送局を選択します。ラジオをチューニングしているような感覚を楽しむことができます。
  6. 写真04
  7. チューニングメータ
    ICF-5900のチューニングメータを再現しています。放送局を受信すると、メータが振れます。
  8. 写真05
  9. 多彩なスイッチ
    楽しきリスニングのための4連スイッチ
    • オーディオメータの振れ幅をコントロールする“dB-LINEAR” スイッチ
    • 同調ズレをわかりやすくする “BFO” スイッチ
    • 耳障りなホワイトノイズを抑制する“SQUELCH” スイッチ
    • 自動的に同調ズレを補正する “AFC” スイッチ
  10. 写真06

 あたかもラジオを操作して目的の局を受信している感覚


放送局名が表示されているところに、チューニングが合っていないと、インターネットラジオが聞けないといった放送局を受信する過程を表現しているので、本当にラジオを操作している感覚を楽しめます。特にゼロビート受信するときの音や放送局にダイヤルがあっていないときのノイズなども表現されていますので、とても操作していて楽しいです。本当のラジオでDX受信に疲れた時など、このアプリで気分転換するのも良いかもしれません。楽しいアプリだと思います。

いかがでしたでしょうか。アナログラジオの操作性を再現したMacアプリです。パソコンでBCLをしている気分になれますよ。



こんにちは!Mac-BCL777です。

CASIO ネームランドは、有名な「テプラ」と同じラベルプリンターです。 今までWindowsでしか使えないと思っていましたが、探してみるとありました!Macでもネームランドが使えます!ですが、メーカ純正アプリではなく、個人の方が開発されたアプリです。

「Prickies! X 」というアプリで、CASIOからも公認されています。メーカーホームページでも紹介されています。有料アプリで、2016年11月19日時点で、1,080円です。

AppleのApp Storeからダウンロードできます。私はメインで使っているパソコンがMacですので、このアプリはとても助かります。今までこのアプリの存在を知らなかったので、都度Windows PCを立ち上げて使っていました。このアプリのおかげで、これからはMacで使えます。ありがたいです。

Casio2



↑このページのトップヘ