MacとBCLの時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのApple製品やBCL、デジカメに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。
Instagramもやっています。

Macソフトウェア

こんにちは!Mac-BCL777です。

IWorks

Appleが、Mac用アプリ「Keynote 8.0.1」「Numbers 5.0.1」「Pages 7.0.1」を、Mac App Storeにて配布を開始しています。

システム動作環境は、macOS Sierra 10.12 以降となっています。これらの修正プログラムは、新機能はほとんどなく、安定性とパフォーマンスの向上となっているようです。



こんにちは!Mac-BCL777です。

MarsEdit4

現在は正常に動作している「MarsEdit4」ですが、実は購入時にめんどくさいトラブルに会いました。トラブルは2回。1回目は、Apple AppStore経由でインストールしたのですが、購入しようとしても、Apple AppStoreと連携してくれなくて、購入画面が出てきませんでした。いろいろと調べてみて、なんとか購入できました。2回目のトラブルは、購入したのですが、購入完了後にApple AppStoreからの連携で出るはずの「Thank You」画面が表示されませんでした。そのため、「MarsEdit4」の状態が、購入したにも関わらず、お試し期間の表示が消えなくて、ちょっと焦りました。再起動とかしたのですが、お試し期間表示は変わらずでしたので、思い切って、再インストールをしました。すると「Thank You」が表示されて、購入済みになりました。

前回「MarsEdit3」を購入した時には、こんなトラブルは起こらなかったのですが、今回はインストールからトラブル続きでした。1回トラブルが起こると、次々とトラブルに会いますね。まあ、なんとか復旧できましたが、もうこりごりです。次のアップデートのときは、うまくいって欲しいですね。



こんにちは!Mac-BCL777です。

Safari

Appleが、Safari Technology Preview 55を開発者サイトで公開しています。一般ユーザーもダウンロードができ、利用が可能です。

Safari Technology Preview リリース55には、CSS、Web API、レンダリング、アクセシビリティ、JavaScript、Webドライバ、Webインスペクタ、メディア、WebRTC、およびセキュリティに関するバグ修正と機能強化が含まれています。

このSafari Technology Previewには、macOS High Sierra用とmacOS Sierra用の2つのバージョンが提供されています。



こんにちは!Mac-BCL777です。

トライアル期間を利用して数日使いましたが、やっぱり「MarsEdit4」使いやすいです。ということで、支払いの手続きをしました。私は「MarsEdit3」からのアップデートなので、通常価格の半額の3,000円です

一応、記録ということで、アップデートの方法をアップしておきます。ただし、Apple App Store経由の場合です。

1.正式版への支払いですが、メニューから行います。この「MarsEdit」→「In-app Purchase…」を選択。

no title

2.以下の画面になりますので、初めて買う人は、「Purchase a Full License for $49.99…」を選択。私は昔のバージョンを持っているので、右下の「Upgrade Pricing…」を選択します。

no title

3.MacAppStoreからMarsEdit3を買ったのなら安くできますよ、と。出るので「Continue」を押す。

no title

4.「どこに前に買ったMarsEdit3があるのかな?」って聞いてきます。ファイルダイアログが出るので、前に買ったMarsEditを選択して「Open」を押します。

スクリーンショット 04-01

5.無事に発見されますと、$24.99で買えるようになります。あとはiTunesのユーザとパスワードを入力します。

no title

6.購入ボタンを押して、購入完了です。

no title

7.購入が完了すると、以下のような画面が出ます。

no title



こんにちは!Mac-BCL777です。

MacOS High Sierra

Appleが、macOS High Sierra 10.13.5 beta 3を開発者とパブリックベータ・プログラム登録者に公開しました。今のところ新機能や外観の変更は見つかっていません。

前回のbeta 2では、外部GPUのサポート強化やiMac Proでのみ提供された「Ink Cloud」の壁紙提供、32ビットアプリケーションが初めて起動された時に警告を表示するなどの新機能は確認されていました。

macOS High Sierra 10.13.5 beta 3の入手には、Appleの開発者登録、またはApple Beta Software Program(無料)への登録が必要です。



↑このページのトップヘ