MacとBCLの時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのApple製品やBCL、デジカメに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。
Instagramもやっています。

iPhone

こんにちは!Mac-BCL777です。

IPhone分解

毎度おなじみですが、iFixitが、Appleの新しい製品の「iPhone XS」(左)「iPhone XS Max」(右)の分解レポートを公開しています。

iPhone XS/XS Maxの特徴は、すでに知られているようにL字型のバッテリーが内蔵されています。iPhone XSは、完全な一体型のバッテリーですが、iPhone XS Maxは、2つのバッテリーを組み合わせていることがわかります。

旧機種との違いでは、今回初めてiPhone XS Maxに、Appleオリジナルのパワーマネジメントチップが搭載されました。これまでは、Dialog Semiconductorに依存していましたが、独自開発に切り替えたようです。

ほかにもiPhone XS/XS Maxの両方で広角カメラセンサーのサイズが32%増加していて、新しく進化したカメラアプリの「スマートHDR」に利用されます。

iFixit恒例の修理スコアについては、iPhone XS/XS Maxのは、10点満点中、6点です。



こんにちは!Mac-BCL777です。

IOS12 Beta1

MacRumorsによると、Appleは一般登録テスター向けに、iOS12.1のパブリックベータ1をリリースしたとのこと。

iOS12の正式リリースから3日、開発者向けのiOS12 ベータ1のリリースから2日での公開となります。iOS12.1パブリックベータ1では、最大32人での同時通話が可能なグループFaceTime機能が復活しています。次のiOS12.1の正式リリースに含まれるとみられています。



こんにちは!Mac-BCL777です。

Ccaa88a8

iOS 12にアップデートしたら、メッセージのメールの表示が、複数宛先のグループMMS表示になってしまいました。

例えば、通常はメールを受けたら、表示は「Aさん」の表示が出ます。ところがグループMMS表示だと、「自分とAさん」という表示になってしまいます。とてもうっとしい表示ですので、解決法がないかと調べて見ました。

すると、以下の対応で、正常に戻りましたので、自分の記録として、ブログに書いておきます。

対応は、以下の通り。

項目操作方法
1.MMSメールアドレスを削除 「設定」 → 「メッセージ」 → 「MMSメールアドレス」を選択、アドレスを削除する。
※ 入力がない場合もスペースがないか確認のため、操作をお願いします。
2.MMSメッセージをオフ 「設定」 → 「メッセージ」 → 「MMSメッセージ」を選択し、オフにする。
3.マルチタスク画面で「メッセージ」を消去 ホームボタンを2回素早く選択 → 起動中のメールアプリを上へ引き上げ(スワイプ)、マルチタスク画面から消去する。
4.電源の入れ直し [電源ボタン]を長押し → 「スライドで電源オフ」を右に動かす → 画面に何も表示されなくなったら[電源ボタン]を(Appleのマークが表示されるまで) 長押し
5.MMSメールアドレスを入力 「設定」 → 「メッセージ」 → 「MMSメールアドレス」を選択、アドレスを手入力する。※ コピー、ペーストを使用せず手入力してください。
6.MMSメッセージをオン 「設定」 → 「メッセージ」 → 「MMSメッセージ」を選択し、オンにする。
7.グループMMS表示されているメールを削除 グループMMS表示されているメールを削除する


私の場合は、以上の対応で元どおりになりました。



こんにちは!Mac-BCL777です。

IPhone

MacRumorsによると、中国の認証機関であるTENAAが公開した資料から、「iPhone XS/XS Max」と「iPhone XR」のバッテリー容量やRAMの容量が判明したとのこと。

情報をまとめると下記の表の通りで、「iPhone XS」は「iPhone X」に比べて、少しバッテリー容量が減っていますが、バッテリー駆動時間は「iPhone X」より最大30分長くなったと案内されており、搭載されている「A12」チップなどの省電力性能が向上しているものと予想されます。

バッテリー容量RAM
iPhone XS2658mAh4GB
iPhone XS Max3174mAh4GB
iPhone XR2942mAh3GB
iPhone X2716mAh3GB



こんにちは!Mac-BCL777です。

iOS 12にアップデートしてから、iPhone 8 の画面にWiFiマークが出なくなりました。実際に繋がっていないようで、一部のアプリで、通信ができないとエラー表示が出るようになりました。

いろいろと調べてみると、ウィルスバスターが悪さをしていることがわかりました。ウィルスバスターの「設定」の中にある「Wi-Fi接続の安全性チェック」をオフにすると、iPhone 8 の画面にWiFiマークとVPN表示が出て、WiFi接続ができるようになりました。

本来はオンにしておくべきなんですが、動作しないアプリがあって困るので、一時的に行っています。ネット上でも話題になっている不具合のようで、近いうちにウィルスバスターがアップデートされるでしょう。それまでの間の応急措置ですね。

IMG 1560



↑このページのトップヘ