MacとBCLの時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのパソコンやBCLに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。

iPhone

こんにちは!Mac-BCL777です。

Apple Insiderによると、「iOS 11 beta」では、「Siri」のアイコンデザインやアニメーションが変更されており、このデザイン変更が「iPhone 8」でホームボタンがディスプレイに統合されることを示唆しているのかもしれないと予想されています。

写真01

「iOS 11 beta」では、「Siri」のアニメーションの最後に上記の画像のようなアイコンが表示されるようになっています。このアイコンのサイズが現在の物理式ホームボタンとほぼ同じであることや、そのアイコンの表示位置から、「iPhone 8」でホームボタンがディスプレイ内蔵になることやそうなった場合のホームボタンの表示位置を示唆しているのではないかと噂されています。



こんにちは!Mac-BCL777です。

MacRumorsによると、「iPhone 8」とみられるデバイスからの同サイトへのアクセスが増加していることを報告しています。

写真01

以前にKGI証券のアナリストMing-Chi Kuo氏が、「iPhone 8」の有機ELディスプレイのディスプレイサイズは、5.8インチ(2800×1242ピクセル)で、下部にファンクションエリアが設けられ、ファンクションエリアを除いた部分のディスプレイサイズは5.15インチ(2436×1125ピクセル)になると報告していましたが、MacRumorsのアクセスログに登場している「iPhone 8」とみられるデバイスのディスプレイ解像度は375×812ピクセルとなっており、これは前述した5.15インチ(2436×1125ピクセル)の3倍スケーリングの解像度に合致しています。

写真02

また、このデバイスからのアクセスは今月に入ってから増加しており、Appleが管理するIPアドレスからの訪問は少ないものの、Apple本社近くのクパチーノやサニーベールなどからのアクセスとなっているそうです。これらのことから、このデバイスは「iPhone 8」とみられており、実地テストが行われているものと予想されます。

9月発表予定ですから、現在は実機によるテストが行われていても不思議ではないですね。どんな「iPhone 8」になるのか、今から楽しみでなりません。



こんにちは!Mac-BCL777です。

iPhone Maniaによると、iOS11では、標準カメラアプリで対応したQRコード読み取り機能を使って、Wi-Fiルーターへの接続設定に必要なパスワードをQRコードから入力可能になります。

写真01

 パスワード入力不要、QRコード読み取りでWi-Fi接続


iOS11は標準カメラアプリでQRコード読み取りに対応します。このQRコード読み取りは、Wi-Fi設定時にも利用可能で、長くて複雑なパスワードを手入力しなくても、iPhoneのカメラで読み取って接続設定が可能となります。

Wi-Fiルーターのパスワード情報を含むQRコードを読み取るとバナー通知が出て、バナーをタップするとネットワーク接続の画面に移動し、設定を開始できるとのことです。

便利になりますね。とはいうものの、パスワードをQRコードで読み取りできるというのは、ちょっと怖い気もしますね。



こんにちは!Mac-BCL777です。

「iPhone8」のディスプレイを点灯させたイメージ画像を、「iPhone8」関連の情報をほぼ連日公開しているベンジャミン・ジェスキン氏がTwitterに公開しました。

写真01

ベゼルがとても薄く、画面が本体いっぱいまで広がっていることが、この写真からはわかりますね。背面にはTouch IDも確認できませんので、噂されているディスプレイに内蔵されたということなのでしょうね。

ちょっと厚さが厚く感じますが、かなりすっきりとしたデザインに見えますね。ですが、今回もやっぱりカメラが出っ張っています。なんとかiPhone5sやiPhone SEのようにカメラの出っ張りもなくなれば完璧だと思うのですが。実際にどんなデザインになるのかは、9月の発表を待ちましょう。



こんにちは!Mac-BCL777です。

Appleは、新たに「ビンテージ製品とオブソリート製品」の項目に、「iPhone3GS」などを追加しました。ついに「iPhone3GS」もハードウェアサポートが終了します。

写真01

 初めて製品名に「s」がついたモデル


9to5Macによると、Appleは6月30日をもって「ビンテージ製品とオブソリート製品」のカテゴリーに「iPhone3GS」を加える予定のようです。「ビンテージ製品」とは製造中止から5年以上7年未満の製品、「オブソリート製品」とは製造中止から7年以上が経過した製品のことを指します。

アメリカの一部州では、ビンテージ製品の場合でも規定に合致すれば修理を受け付けてもらえますが、日本ではビンテージ製品もオブソリート製品扱いとされ、製造中止から5年が経過した時点で一切のハードウェアサポートが終了します。

私が初めて契約した「iPhone」は、この「iPhone3GS」でした。丸みがあるデザインで、使いやすく持ちやすかったことを覚えています。2年使って、「iPhone 4s」に機種変更してからは、iPodのように音楽プレーヤーとして家内が使っていましたが、使っているうちに、バッテリーが膨張して、ハマグリのようにパカッと本体が開いて壊れてしまいました。

今のように画面は大きくありませんが、大きさも持ちやすいサイズでしたね。結構好きなデザインでしたので、サポート終了は悲しい気がしますが、これも時代の流れでしょう。



↑このページのトップヘ