MacとBCLの時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのApple製品やBCL、デジカメに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。
Instagramもやっています。

iPhone

こんにちは!Mac-BCL777です。

写真01

Appleは、Apple StoreとApple公式サイトで実施している「iPhone下取りキャンペーン」の下取り額の改定を今月も実施しています。

今回の改定では以下のように「iPhone 6s」と「iPhone 6 Plus」以外の機種すべての下取り額が減額となっています。

「iPhone 8」シリーズや「iPhone X」をApple Store店頭で購入する場合は、その場で価格が割引になりますので、このキャンペーンを利用するとお得に購入できます。

モデルおおよその下取り額
iPhone 5最大2,000円(旧:3,000円)
iPhone 5c最大2,000円(旧:3,300円)
iPhone 5s最大4,500円(旧:5,000円)
iPhone SE最大12,000円(旧:12,500円)
iPhone 6最大13,000円(旧:14,000円)
iPhone 6 Plus最大18,000円(旧:18,000円)
iPhone 6s最大23,000円(旧:23,000円)
iPhone 6s Plus最大27,000円(旧:28,000円)
iPhone 7最大34,000円(旧:38,000円)
iPhone 7 Plus最大45,000円(旧:46,000円)


なお、注意点として、この「iPhone下取りキャンペーン」はApple公式サイトからも利用可能ですが、その場合はその場で割引ではなく、後日Apple Storeギフトカードがもらえます。



こんにちは!Mac-BCL777です。

iPhoneを使っている方は、多分ブラウザはSafariを使っている人が多いと思います。色々なウェブサイトを見ていると、ついついSafariのタブをたくさん開いてしまいますよね。たまにはちゃんと閉じないと、メモリを圧迫する原因にもなります。ただ、ひとつひとつタブを消すのは、結構面倒ですよね。

そんなときに、Safariのタブを一気に閉じる方法を覚えておくと便利です。

まず、Safariを起動させ、画面の一番下の右端にある「タブ」ボタンを長押しします。すると以下の画面のように「すべての〇〇個のタブを閉じる」とのメニューが表示されます。あとは、それをタップすると、一気にタブを閉じることができます。かなり便利なので、覚えておくと良いと思います。

IMG 0652



こんにちは!Mac-BCL777です。

MacRumorsによると、Appleは、2018年に第2世代の「iPhone SE」をスマートフォン市場に投入する計画だということです。 「Phone SE」は2016年の春に導入されましたが、2017年はアップグレードされませんでした。

IPhoneSE

現行の「iPhone SE」は、4インチディスプレイで、A9チップ、2GB RAM、12メガピクセルのリアカメラなど、内部的には「iPhone 6」と同等のハードウェアが搭載されています。

「iPhone SE」組み立ては現在、インドのバンガロールで台湾のAppleのサプライヤーであるWistronによって製造されています。 Wistronは生産施設を拡張していると言われており、内部のCPUなどがアップグレードされた次期の「iPhone SE」が発売される可能性は高いと言えます。

個人的には、次期「iPhone SE」の発売を期待しています。最近の「iPhone」は画面が大きくなり、片手操作がしずらいので、4インチ画面のコンパクトな「iPhone SE」の新機種は、とても期待してしまいますね。ぜひ次期「iPhone SE」を発表して欲しいです。



こんにちは!Mac-BCL777です。

発売直後は、受け取りまで5〜6週間だった「iPhone X」の在庫が徐々に改善されていましたが、12月16日時点でApple Store心斎橋での受け取りが「当日」になっています。

no title

発売前は、在庫が改善するのは年明けになるとの予想がされていましたが、急速に在庫が完全されましたね。とりあえず、すぐに購入できるようになったことは良いことですね。



こんにちは!Mac-BCL777です。

Appleは、iPhone/iPad向けに「iOS 11.2.1」をリリースしています。

IMG 0605

今回の修正プログラム「iOS 11.2.1」では、以下のバグの修正が含まれています。
  • KDDIをご利用のお客様がVisual Voicemailをアクティベーションすることができない問題を修正
  • “ホーム” Appの共有ユーザがリモートアクセスできない問題に対応
アップデートは、設定アプリの「一般」ー「ソフトウェア・アップデート」から可能になっています。



↑このページのトップヘ