MacとBCLの時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのApple製品やBCL、デジカメに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。
Instagramもやっています。

iPhone本体

こんにちは!Mac-BCL777です。

iDownloadBlogによると、iPhone Xの生産台数は、以前の週10万台から週40万台へと伸びているものの、それでも発売直後の品薄は深刻な状態になるとのことで、年明けになっても入手困難な状態が続くと予想されています。千さん台数が伸び悩んでいる理由としては、iPhone Xの特徴の一つの「顔認証」の部品が安定しないためだと指摘されています。

IPhoneX

Rosenblatt証券のアナリスト、ジュン・ジャン氏は、iPhone Xの生産台数が、週あたり40万台であり、以前の週10万台から増加していると言っても、11月3日に迫ったiPhone Xの発売では深刻な品薄になることは避けられない、との見通しを語りました。

生産台数を伸ばせない要因として、顔認証用のTrueDepthカメラに使われる「ドットプロジェクタ」と呼ばれる部品の製造が現在も軌道に乗っていないためとしています。

新機能の部品が生産のボトルネックになっているようですね。iPhone Xはとても興味のある端末で、多くのユーザーがiPhone 8を購入せずに待っている状態ですから、発売直後の品薄は深刻でしょうね。予約しても年明けになることもありそうですね。早く欲しい人は、頑張って予約しましょう。



こんにちは!Mac-BCL777です。

IPhone X

Barron’s Asiaによると、iPhone Xは、発売されてからも品薄状況が当分続くとのことです。


 年が明けても品薄状態は続く


10月27日に予約受付が開始となり、11月3日に発売されるiPhone Xについて、2017年第4四半期(10~12月)のみならず、2018年第1四半期(1~3月)でも需要を満たすことができないのではないか、との観測が浮上しています。

Rosenblatt証券のアナリスト、ジュン・ジャン氏によると、iPhone8シリーズの控え目な出足と、iPhone Xの供給不足とが合わさることで、iPhoneの出荷台数が2四半期続けて、アナリストの予想を下回ってしまう可能性を指摘しています。

理由は、iPhone Xの量産が遅延していることに尽きます。遅延の背景には、有機EL(OLED)ディスプレイやNANDフラッシュメモリといったパーツが調達難であるのに加え、Appleの製品に対する完璧主義のため、出荷できる台数の需給予測が困難であることなどが指摘されています。

以前にも、iPhone Xの本格的な量産は10月中旬頃になるのではないか、とRaymond James証券のアナリストが指摘しており、11月3日の発売以降も、入手しづらい状況が続く可能性は非常に高そうです。

そんなに生産がうまくいっていないのでしょうか。本格的な生産開始は10月中旬ごろって、予約開始直前ですね。もし本当なら、初回供給量はかなり少ないとみて良さそうですね。iPhone X待ちの人は、かなり忍耐が必要になりそうですね。待ちきれずにiPhone 8/8 Plusに走る人もいるかもしれませんね。



こんにちは!Mac-BCL777です。

BGRによると、iPhone 8は問題ないようですが、iPhone 7以前の旧モデルで、iOS 11にアップデートするとバッテリーが駆動時間が急に短くなる不具合が発生しているとの苦情が多く出ているそうです。

この件について、モバイルセキュリティ企業の「Wandera」が、50,000人のiPhoneやiPhoneのヘビーユーザーを対象にiOS 10とiOS 11のバッテリーの駆動時間(過去3日間の平均電池消耗率)を調査しました。

その結果「Wandera」は、iOS 11にアップグレードしたiPhoneとiPadのユーザーが、iOS 10ユーザーのの2倍以上のスピードでバッテリー寿命が低下をしていることを発見しました。

グラフ

その調査結果データによると、iOS 10デバイスが100%のバッテリ寿命から0%に低下するのにかかる平均時間は240分です。しかし、iOS 11の平均は96分でした。指摘通り、iOS 10とiOS 11では、バッテリー駆動時間に2倍以上の差が出る結果となりました。

この問題の解決については、Appleから今後配信されると思われるiOS 11のアップデートを待つしかありませんね。とりあえず、今できるバッテリー消耗を抑える対策は、以下の2点だそうです。
  • 【バックグラウンド更新アプリの制限】
    「設定」−>「一般」−>「Appのバックグラウンド更新」でバックラウンドでコンテンツを更新するアプリを減らします。
  • 【位置情報サービス利用の制限】
    「設定」−>「プライバシー」−>「位置情報サービス」で「常に許可」のアプリを停止するか、最小限にします。
私はまだiOS 11にアップデートをしていませんが、このアップデートがあるまでは、iOSへのアップグレードはやめておこうかと思います。



こんにちは!Mac-BCL777です。

最近、インスタグラムを始めて便利だなあと思ったことがあります。それはiPhoneのカメラの機能です。その機能は、スクエアサイズで撮影ができることです。

スクエア

インスタグラムって、アップした写真をスクエアサイズで表示するんですね。ですので、iPhoneの普通のサイズで撮影したものをインスタグラムにアップロードすると、写真の両端がカットされてしまうんですね。かといって、カットされる部分を予測して写真を撮るのは難しいですよね。

そんなときに役に立つのが、iPhoneカメラのスクエアサイズでの撮影です。これを使えば、写真を撮ったサイズでインスタグラムにアップロードできるので、地味な機能ですが、とても便利だなあと思っています。以前使っていたAndroid端末のカメラでは、スクエアサイズの撮影はできなかったので、iPhoneのカメラ、ナイスです!



こんにちは!Mac-BCL777です。

iFixitが、早くも2017年9月22日に発売されたばかりの「iPhone 8」のバラシレポートを公開しています。

Iphone8 1

「iPhone 8」の特徴はワイヤレス充電できることですが、専用のコイルが背面に貼り付けてあり、裏側にはAppleのロゴがプリントされているようです。

Iphone8 2

「iPhone 8」のバッテリー容量ですが、旧モデルの「iPhone 7」が3.8V・1960mAh・7.45Whだったのに対して、3.82V・1821mAh・6.96Whと小型化しています。ただ、スペック上ではバッテリー駆動時間は変わらないと案内されています。

Iphone8 3

ロジックボードには、新型チップの「A11 Bionic」があり、東芝製のフラッシュストレージ、QualcommのLTEモデムなど搭載されているそうです。

Iphone8 4

iFixitの評価によると、「iPhone 8」のリペアスコアは10段階中6(10が最も簡単)だそうで、理由としては、分解保守するときに、背面のガラスが交換が難しいことなどが挙げられています。



↑このページのトップヘ