こんにちは!Mac-BCL777です。

Excel 2016 (Office 365)にバージョンアップしてから、マクロが正常の動作しない状況が続いていたので、Windows PCのThinkPad X240sの再インストールを行いました。本当は、Office 365だけを再インストールすることを考えていたのですが、Office 365の再インストールでも状況が改善しませんでしたので、PCの再インストールを行いました。結果、Excel2016 (Office 365)の状況が改善しませんでした。再インストールには、時間がかかったのでがっかりですが・・・。

調べていると、どうもExcelのファイル参照のバグのようです。 アドインを追加するために、「ファイル」→「オプション」→「アドイン」→「設定」→「参照」の手順で行うと、ファイルが .xlam や .xla あるのにも関わらず、表示されず、すべてのファイル(*.*)とすると表示されます。拡張子の選択のところで、下図のように、アドイン(*.xlam、*.xla、*.xll)で区切りに、セミコロン(;)で区切られてなく、読点(、)で区切られていて、表示されているのが原因のようです。確実にExcel 2016のバグですね。多分。

no title

このバグがあるため、全てのファイルでxlamファイルを読み込んでも、次回のExcel起動時に「ファイルが見つかりません」というアラートが出ます。読み込めないので、マクロが動作しないという状況です。こんな単純で初歩的なバグはやめてほしいですね。早急な対応をマイクロソフトにはお願いしたいと思います。再インストールしなきゃよかった・・。