MacとBCLの時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのApple製品やBCL、デジカメに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。
Instagramもやっています。

BCLその他

こんにちは!Mac-BCL777です。

一昨日、中国国際放送から暑中見舞いが届きました。

IMG 1367 2 copy

内容は、絵葉書、暑中お見舞いカード、切絵、トピックスです。印刷とはいえ、毎年送っていただけるのは、ありがたいです。そういえば、最近、中国国際放送は聞いていないですね。久しぶりに聞こうかなと思っています。



こんにちは!Mac-BCL777です。

IMG 1360

2ヶ月ぶりくらいですが、久しぶりに受信レポートを書きました。レポートしたのは、KBS京都ラジオです。今年の4月からワイドFM放送を開始したとのことで、大阪市でも聞こえるのか確認のためのレポートとなります。

ワイドFM放送ですが、大都市ではありがたい放送だと言えます。通常のAM放送では、ノイズが多いため快適に聞くことができません。ですが、ワイドFM放送だと、とても良い音で聞くことができます。これはKBS京都ラジオに限らず、在阪の民放各局でも言えますね。特に私の自宅がノイズが多くて聞く気になりませんが、ワイドFM放送だと聞く気になりますね。

これからはKBS京都ラジオを聞くときはワイドFMの94.9MHzを聞くことにします。



こんにちは!Mac-BCL777です。

ここ最近、久しぶりにDRM放送を聞いています。当地で聞こえるのは、朝の5時台の9760kHz Radio New Zealand Int’lが、比較的よく聞こえています。当地で聞こえるのは、Radio New Zealand Int’lだけですね。SNRは平均して16dBぐらいあるので、安定して聞こえています。聞こえれば、短波放送でありながら、FM放送のように綺麗な音質で聞くことができますので、結構私は好きですけどね。

以下のスクリーンショットは、一昨日の朝に受信したときのものです。Peseusのスペアナも綺麗な皿形を見えていますね。こういうときは、安定して受信できます。

20180716 0535 9760kHz RNZI DRM

DRM放送のいいところは、音質の良さと局名が表示されているところでしょうか。いい音で聞けるということは、耳も疲れませんし、局名表示が出ますので、どの局を聞いているのかすぐにわかるのもいいですね。

DRM放送を行なっている局は少ないですが、その中で聞こえる局を聞いていきたいと思います。



こんにちは!Mac-BCL777です。

先週の金曜日(7月6日)、テレビ東京系の番組「タケシのニッポンのミカタ」で、BCLに関する放送がされたそうですね。気が付いたのが、放送終了後だったので、見逃してしまいました。残念。

サブタイトルは、「知らぬ間に大変身!10年後も残る仕事」の中で、短波放送・ラジオについての話題が上がったそうですね。JSWCも資料提供したそうで、本当に見たかったです。

そのうちYouTubeとかで、アップされると思うので、そのときに見ようと思います。ああ、残念。

たけし

そういえば、ラジオNIKKEIも、10月から放送している周波数を減らすとか。短波放送を聞くものとしては、年々放送局が減っていって、いつまで短波放送を聞けるのかなあと思ってしまいます。

ちなみに10月からのラジオNIKKEIの送信スケジュールは以下の通り。

第一放送
  • 07:00-24:00 6055kHz(長柄送信所)
  • 07:00-08:00 17:00-24:00 3925kHz(根室送信所)
第二放送
  • 08:00-19:00 6115kHz(長柄送信所)
  • 19:00-23:00 3945kHz(長柄送信所)
一番安定して聞こえている49mbの周波数が残ったようです。



こんにちは!Mac-BCL777です。

久しぶりにリビングでインターネットラジオを聴きました。聴いた局は、長らく短波では聞こえなくなったモロッコの「Medi Un Radio」です。

スクリーンショット 2018 06 26 15 13 17

少しヨーロッパの匂いのあるアフリカの放送局です。音楽もいい感じのリズムで、聴いていて気持ちが良いですね。以前は9575kHzで夕方によく聞こえていました。また短波で聴きたいですね。フェーディングとノイズがある短波放送だと、「ああ、遠くの放送を聴いていいるんだな」と思えて、いいですよね。短波放送が減る中、インターネットラジオは数が増えています。インターネットラジオのアプリでも、ダイヤルチューニングができたら、短波ラジオでなくてもいいのかもしれませんね。正しいURLに合わせれば、確実に聞こえるところが、短波放送とは違いますが・・。



↑このページのトップヘ