MacとBCLの時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのApple製品やBCL、デジカメに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。
Instagramもやっています。

F1

こんにちは!Mac-BCL777です。

今日のF1 日本GP(鈴鹿)は、メルセデスの圧勝でした。今日の優勝で、ルイス・ハミルトン(メルセデス)は、5度目のF1ワールドチャンピオンに王手をかけましたね。2位のセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)とのポイント差は67ポイント。ルイス・ハミルトンは、次戦アメリカGPが終了した時点でセバスチャン・ベッテルに75ポイント差以上をつければ、5度目のタイトル獲得が決定します。

ルイス・ハミルトン タイトル獲得の条件は以下の通り。
  • ルイス・ハミルトンが優勝し、セバスチャン・ベッテルが3位以下
  • ルイス・ハミルトンが2位で、セバスチャン・ベッテルが5位以下
  • ルイス・ハミルトンが3位で、セバスチャン・ベッテルが7位以下
  • ルイス・ハミルトンが4位で、セバスチャン・ベッテルが8位以下
  • ルイス・ハミルトンが5位で、セバスチャン・ベッテルが9位以下
  • ルイス・ハミルトンが6位で、セバスチャン・ベッテルが11位以下
次戦で決まる可能性が高まりましたね。でも、ベッテルにも意地を見せて欲しいですね。フェラーリのためにも。

ハミルトン



こんにちは!Mac-BCL777です。

2018年 F1 第17戦 日本GPの決勝が10月7日(日)に鈴鹿サーキットで行われ、ルイス・ハミルトン(メルセデス)がポール・トゥ・ウィンで今季9勝目を挙げました。2番手にもバルテリ・ボッタスが続いて、メルセデスが1-2フィニッシュを成し遂げました。

ルイス・ハミルトンは、イタリアGPから4連勝となる今季9勝目、通算71勝目を挙げました。フェラーリのセバスチャン・ベッテルとのポイント差を広げて、早ければ次戦のアメリカGPで優勝し、ベッテルが3位以下ならドライバーズタイトルが決まります。

トロロッソ・ホンダは、ピエール・ガスリーが11位、ブレンドン・ハートレーが13位でレースを終え、ポイント獲得はなりませんでした。

順位Noドライバーチーム
144ルイス・ハミルトンメルセデス
277バルテリ・ボッタスメルセデス
333マックス・フェルスタッペンレッドブル
43ダニエル・リカルドレッドブル
56キミ・ライコネンフェラーリ
65セバスチャン・ベッテルフェラーリ
711セルジオ・ペレスフォース・インディア
88ロマン・グロージャンハース
931エステバン・オコンフォース・インディア
1055カルロス・サインツルノー
1110ピエール・ガスリートロロッソ・ホンダ
129マーカス・エリクソンザウバー
1328ブレンドン・ハートレートロロッソ・ホンダ
1414フェルナンド・アロンソマクラーレン
152ストフェル・バンドーンマクラーレン
1635セルゲイ・シロトキンウィリアムズ
1718ランス・ストロールウィリアムズ
リタイヤ16シャルル・ルクレールザウバー
リタイヤ27ニコ・ヒュルケンベルグルノー
リタイヤ20ケビン・マグヌッセンハース



こんにちは!Mac-BCL777です。

2018年 F1 第17戦 日本GPの予選が10月6日(土)に鈴鹿サーキットで行われ、ルイス・ハミルトン(メルセデス)がポールポジションを獲得しました。2番手にもバルテリ・ボッタスが続き、メルセデスがフロントローを独占しました。

ドライバーズランキング2位のフェラーリのセバスチャン・ベッテルは、Q3のタイヤ選択をミスしたため、途中から雨が降ってきたこともあり、速いタイムを出すことができず、失意の9位となりました。

ホンダの“スペック3”エンジンで挑んだトロロッソ・ホンダは、2台揃ってQ3に進出。ブレンドン・ハートレーが6番手、ピエール・ガスリーが7番手で予選を終え、大健闘しました。

順位NoドライバーチームQ1Q2Q3
144ルイス・ハミルトンメルセデス1分28秒7021分28秒0171分27秒760
277バルテリ・ボッタスメルセデス1分29秒2971分27秒9871分28秒059
333マックス・フェルスタッペンレッドブル1分29秒4801分28秒8491分29秒057
47キミ・ライコネンフェラーリ1分29秒6311分28秒5951分29秒521
58ロマン・グロージャンハース1分29秒7241分29秒6781分29秒761
628ブレンドン・ハートレートロロッソ・ホンダ1分30秒2481分29秒8481分30秒023
710ピエール・ガスリートロロッソ・ホンダ1分30秒1371分29秒8101分30秒093
831エステバン・オコンフォース・インディア1分29秒8991分29秒5381分30秒126
95セバスチャン・ベッテルフェラーリ1分29秒0491分28秒2791分32秒192
1011セルジオ・ペレスフォース・インディア1分30秒2471分29秒5671分37秒22
1116シャルル・ルクレールザウバー1分29秒7061分29秒864 
1220ケビン・マグヌッセンハース1分30秒2191分30秒226 
1355カルロス・サインツルノー1分30秒2361分30秒490 
1418ランス・ストロールウィリアムズ1分30秒3171分30秒714 
153ダニエル・リカルドレッドブル1分29秒806  
1627ニコ・ヒュルケンベルグルノー1分30秒361  
1735セルゲイ・シロトキンウィリアムズ1分30秒372  
189マーカス・エリクソンザウバー1分30秒573  
1914フェルナンド・アロンソマクラーレン1分31秒041  
202ストフェル・バンドーンマクラーレン1分31秒213  



こんにちは!Mac-BCL777です。

2018 F1 第16戦 ロシアGPの決勝レースが9月30日(日)にソチ・オートドロームで行われ、ルイス・ハミルトン(メルセデス)が優勝。2位にはバルテリ・ボッタスが入り、メルセデスが1-2フィニッシュを果たしました。

ルイス・ハミルトンは、2番グリッドからスタートして2番手を走行していたが、25周目にメルセデスはチームオーダーを発令してトップを走行してペースが上がらないバルテリ・ボッタスと順位を入れ替えた。レースはそのまま終了し、ルイス・ハミルトンは今季8勝目、通算70勝目。2位にはバルテリ・ボッタスが続き、メルセデスが1-2フィニッシュを達成したが、後味の悪いレースの終わりになりました。

3位表彰台には、フェラーリのセバスチャン・ベッテルが入りました。今回の結果でポイントリーダーのルイス・ハミルトンとの差は50ポイントに広がり、逆転タイトルはかなり難しくなった。

順位Noドライバーチーム
144ルイス・ハミルトンメルセデス
277バルテリ・ボッタスメルセデス
35セバスチャン・ベッテルフェラーリ
46キミ・ライコネンフェラーリ
533マックス・フェルスタッペンレッドブル
63ダニエル・リカルドレッドブル
716シャルル・ルクレールザウバー
820ケビン・マグヌッセンハース
931エステバン・オコンフォース・インディア
1011セルジオ・ペレスフォース・インディア
118ロマン・グロージャンハース
1227ニコ・ヒュルケンベルグルノー
139マーカス・エリクソンザウバー
1414フェルナンド・アロンソマクラーレン
1518ランス・ストロールウィリアムズ
162ストフェル・バンドーンマクラーレン
1755カルロス・サインツルノー
1835セルゲイ・シロトキンウィリアムズ
リタイヤ10ピエール・ガスリートロロッソ・ホンダ
リタイヤ28ブレンドン・ハートレートロロッソ・ホンダ



こんにちは!Mac-BCL777です。

2018年 F1 第16戦 ロシアGPの予選が9月29日(土)にソチ・オートドロームで行われ、バルテリ・ボッタス(メルセデス)がポールポジションを獲得。コースレーコードを更新する1分31秒387を記録して今シーズン2度目のポールポジションを獲得しました。2番手にもルイス・ハミルトンが続き、メルセデスがフロントロー独占しました。メルセデスのフロントロー独占は今季5度目。3番手には0.556秒差でセバスチャン・ベッテル、4番手には0.850秒差でキミ・ライコネンとフェラーリ勢が続きました。

順位NoドライバーチームQ1Q2Q3
177バルテリ・ボッタスメルセデス1分32秒9641分32秒7441分31秒387
244ルイス・ハミルトンメルセデス1分32秒4101分32秒5851分31秒532
35セバスチャン・ベッテルフェラーリ1分33秒4761分33秒0451分31秒943
47キミ・ライコネンフェラーリ1分33秒3411分33秒0651分32秒237
520ケビン・マグヌッセンハース1分34秒0781分33秒7471分33秒181
631エステバン・オコンフォース・インディア1分34秒2901分33秒5961分33秒413
716シャルル・ルクレールザウバー1分33秒9241分33秒4881分33秒419
811セルジオ・ペレスフォース・インディア1分34秒0841分33秒9231分33秒563
98ロマン・グロージャンハース1分34秒0221分33秒5171分33秒704
109マーカス・エリクソンザウバー1分34秒1701分33秒9951分35秒196
1133マックス・フェルスタッペンレッドブル1分33秒048  
123ダニエル・リカルドレッドブル1分33秒247  
1310ピエール・ガスリートロロッソ・ホンダ1分34秒383  
1455カルロス・サインツルノー1分34秒626  
1527ニコ・ヒュルケンベルグルノー1分34秒655  
1628ブレンドン・ハートレートロロッソ・ホンダ1分35秒037  
1714フェルナンド・アロンソマクラーレン1分35秒504  
1835セルゲイ・シロトキンウィリアムズ1分35秒612  
192ストフェル・バンドーンマクラーレン1分35秒977
2018ランス・ストロールウィリアムズ1分36秒437  



↑このページのトップヘ