MacとBCLの時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのApple製品やBCL、デジカメに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。
Instagramもやっています。

F1

こんにちは!Mac-BCL777です。

2017年 F1 第16戦 日本GPの決勝が本日(10月8日(日))に鈴鹿サーキットで行われ、ルイス・ハミルトン(メルセデス)が優勝しました。

優勝はポールポジションからスタートしたルイス・ハミルトン(メルセデス)。タイトルを争うセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が序盤でリタイヤしたことで余裕のレース展開。通算61勝、鈴鹿では3勝目、今シーズン8勝目を挙げてチャンピオンシップでのリードを59ポイントまで広げました。早ければ次戦F1アメリカGPでワールドチャンピオンが確定します。

ベッテルがリタイヤしたので、レースが面白くなかったですね。これで残り4戦、よほどのことがない限り、ハミルトンがワールドチャンピオンになりそうですね。今回のリタイヤはメカニカルトラブルで、ベッテルがかわいそうな気がしますが、残り4戦意地を見せて欲しいと思います。

no title



こんにちは!Mac-BCL777です。

2017年のF1 第16戦 日本GPの予選が本日(10月7日(土))に鈴鹿サーキットで行われ、ルイス・ハミルトン(メルセデス)がコースレコードを大幅に上回るタイムでポールポジションを獲得した。

鈴鹿サーキットのコースレコードは2006年にミハエル・シューマッハが予選Q2で記録した1分28秒954。今年の規定で高速化した2017年のF1マシンが鈴鹿サーキットで、どれだけのタイムが速くなるのかも、今年の日本グランプリ注目のポイントとなった。

ポールポジションを獲得したのはルイス・ハミルトン(メルセデス)。コースレコードを2秒以上も更新する1分27秒319をマーク。今シーズン10回目、通算71回目のポールポジションを獲得。鈴鹿サーキットでは初めてのポールポジションを獲得。

2番手にはバルテリ・バッタス(メルセデス)が続いたが、ボッタスは5グリッド降格が決定しており、フロントローには3番手のセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が続いた。

no title



こんにちは!Mac-BCL777です。

2017年F1 第15戦 マレーシアGPの決勝が10月1日(日)にセパン・インターナショナル・サーキットで行われ、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)が今季初優勝を上げた。通算2勝目。

今年で最後開催のF1マレーシアGPのウィナーとなったのは、レッドブルのマックス・フェルスタッペン。3番グリッドからスタートしたフェルスタッペンはオープンニングラップを2番手となり、4周目にトップだったルイス・ハミルトン(メルセデス)を抜いてトップに浮上。ハミルトンを引き離した後はレースをコントロールし、トップでチェッカー。

2位はルイス・ハミルトン(メルセデス)、3位はダニエル・リカルド(レッドブル)という表彰台になった。

no title



こんにちは!Mac-BCL777です。

2017年F1 第15戦 マレーシアGPの予選が30日(土)にセパン・インターナショナル・サーキットで行われました。

今年で最後になるF1マレーシアGPのポールポジションを獲得したのは、ルイス・ハミルトン(メルセデス)。今シーズン4回目、通算70回目、マレーシアGPでは4年連続のポールポジション。

2番手には0.045秒差でキミ・ライコネン(フェラーリ)、3番手にはマックス・フェルスタッペン(レッドブル)が続きました。

マクラーレン・ホンダは、2台揃ってQ3に進出。ストフェル・バンドーンが7番手、フェルナンド・アロンソが10番手でした。

no title



こんにちは!Mac-BCL777です。

F1世界選手権 第14戦 シンガポールGPの決勝が本日(9月17日(日))に、マリーナ・ベイ・サーキットで行われ、ルイス・ハミルトン(メルセデス)が優勝しました。

レースはスタートから波乱があり、ポール・ポジションのセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)、キミ・ライコネン(フェラーリ)、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)がスタート直後の1コーナで接触、3台ともリタイヤとなった。

合計3回のセーフティーカーが出る波乱のレースでしたが、ルイス・ハミルトンが見事にレースをコントロールして優勝しました。

これでドライバーズ・チャンピオンシップで、ルイス・ハミルトンが2位セバスチャン・ベッテルとの差を28ポイントに広げました。

no title



↑このページのトップヘ