MacとBCLの時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのパソコンやBCLに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。

F1

こんにちは!Mac-BCL777です。久しぶりのF1ネタです。

2017年 F1 第4戦 ロシアGPの予選が29日(土)、ソチ・オートドローム・サーキットで行われた。

ポールポジションを獲得したのはフェラーリのセバスチャン・ベッテル。ベッテルのポール獲得は、2015年のF1シンガポールGP以来。2番手にもキミ・ライコネンが続き、フェラーリがフロントローを独占したのは、2008年のF1フランスGP以来となる。

3番手にはバルテリ・ボッタス、4番手にはルイス・ハミルトンとメルセデス勢が続いた。

いや〜、見ごたえのある予選でした。フェラーリがフロントローとは、予想できませんでした。決勝レースのフェラーリとメルセデスの戦いが楽しみですね。

no title



こんにちは!Mac-BCL777です。

日本時間16日(日)の深夜、F1バーレーンGP決勝レースが行われました。結果は、フェラーリのベッテルが優勝、2位がメルセデスのハミルトン、3位がメルセデスのボッタスでした。フェラーリのベッテルは今季2勝目で、チャンピオンシップトップです。

個人的にはフェラーリが好きなので、この結果はいいのですが、やっぱりメルセデスにはまだ追いついていないなあと感じているところもあります。

それは予選での一発の速さが、メルセデスに比べると遅いこと。予選で前にいけないので、どうしてもレースのスタートやピット戦略で追い抜くしかありません。ですが、ピット戦略はここ数年、フェラーリはトップチームとは思えないくらい、イケてないので、コース上で無理して抜くしかありません。

今のところ、このベッテルのドライビングがうまくいっているうちはいいのですが、まだF1シーズンは始まったばかり、メルセデスには、ハミルトンがいますし、今あまりボッタスが好調でないので、ベッテルがボッタスの前にいますが、ボッタスが調子を取り戻したら、車のパフォーマンス的に、フェラーリが前に出ることは厳しくなるので、今のベッテルのポジションを守れるのか、少し気になるところですね。

しかし、今年はフェラーリが速いので、F1を見るのが楽しいですね。今のままメルセデスを抑え切って、ベッテルにはワールドチャンピオンになってほしいですね。でも、そうはハミルトンがさせないでしょうね。僅差のレースは見ていて楽しいです。このまま、シーズンを通してフェラーリに速さをキープしてほしいです。

次は4月28日(金)〜30日(日)のロシアGPですね。次のレースも楽しめそうです。

写真



こんにちは!Mac-BCL777です。

数日前ですが、マクラーレン・ホンダのフェルナンド・アロンソがインディ500に参戦するとの発表がありましたね。F1のモナコGPを欠場しての参戦ですから、注目されますね。

写真


 チーム名は「マクラーレン・ホンダ・アンドレッティ」


アロンソは、F1モナコGP、ル・マン24時間レースとともに世界3大レースのひとつに数えられるインディ500に初参戦することになるが、マシンはホンダエンジンを搭載するアンドレッティ・オートスポーツのものを使用し、『マクラーレン・ホンダ・アンドレッティ』というチーム名でエントリーすることになる予定だそうです。また、同チームには、今年日本人元F1ドライバーの佐藤琢磨も所属しているので、チームメイトとして参戦ということになります。

 マクラーレンは38年ぶりのインディ500挑戦


マクラーレンとしては1970年代にインディ500への挑戦を行っており、今年の参戦は1979年以来にエントリーするのは38年ぶりのこととなる。

アロンソは、F1モナコGPを欠場してまでの参戦ですので、とてもモチベーションが高いでしょうね。どんなレースをしてくれるのか、楽しみですね。



今週末4月14日(金)から開催されるF1バーレーンGPのテレビ放送スケージュールを自分が忘れないためにもアップします。
放映チャンネル:フジテレビNEXT
開催日 放送時刻
4月14日(金)フリー走行1回目20:00~21:30 (現地時間 14:00~15:30)
フリー走行2回目24:00~25:30 (現地時間 18:00~19:30)
4月15日(土)フリー走行3回目21:00~22:00 (現地時間 15:00~16:00)
予選24:00~25:00 (現地時間 18:00~19:00)
4月16日(日)決勝24:00~ (現地時間 18:00~)



こんにちは!Mac-BCL777です。

F1中国GPの決勝レースが4月9日(日)15時から上海インターナショナル・サーキットで行われた。

雨があがったウェット路面でのスタートとなったF1中国GP。最初は難しいコンディションでしたが、優勝はポールポジションからスタートしたメルセデスのルイス・ハミルトン。タイヤ交換や序盤のセーフティカーによる混乱を物ともせず、後続を突き放すレース展開でチェッカー。今季初優勝を成し遂げた。

2位にはフェラーリのセバスチャン・ベッテル、3位には16番グリッドからスタートしたレッドブルのマックス・フェルスタッペンが続いた。

マクラーレン・ホンダは、フェルナンド・アロンソ、ストフェル・バンドーンの2台ともマシントラブルでリタイアした。

次戦はF1バーレーンGPは連戦となり、来週4月17日(日)に決勝レースが行われる。

写真



↑このページのトップヘ