MacとBCLの時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのApple製品やBCL、デジカメに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。
Instagramもやっています。

F1

こんにちは!Mac-BCL777です。

レッドブル・ホンダは、F1 第10戦 イギリスGPの決勝レースで、F1最速ピットストップ記録を更新する“1.9秒”で作業を完了させました。ピエール・ガスリーがピットインした際に、レッドブル・ホンダは1.9秒で4本すべてのタイヤを交換して送り出しました。

F1

これは、2016年のアゼルバイジャンGPで、ウィリアムズがフェリペ・マッサのピットストップで記録していた1.92秒を0.002秒上回り、F1最速のピットストップ記録となりました。



こんにちは!Mac-BCL777です。

2019年 F1 第10戦 イギリスGPの決勝レースが7月14日(日)にシルバーストーン・サーキットで行われ、ルイス・ハミルトンが今季7勝目、バルテリ・ボッタスも2位に続いてメルセデスが1-2フィニッシュでレースを終えました。

3位はシャルル・ルクレール(フェラーリ)、4位はピエール・ガスリー(レッドブル)、5位はマックス・フェルスタッペン(レッドブル)と続きました。ガスリーは今季初めてチームメイトのフェルスタッペンを上回りました。フェルスタッペンは、ベッテルに追突されたのが響きました。全体的にはバトルも多く、面白いレースでした。

順位Noドライバーチーム
144ルイス・ハミルトンメルセデス
277バルテリ・ボッタスメルセデス
316シャルル・ルクレールフェラーリ
410ピエール・ガスリーレッドブル
533マックス・フェルスタッペンレッドブル
655カルロス・サインツマクラーレン
73ダニエル・リカルドルノー
87キミ・ライコネンアルファロメオ
926ダニール・クビアトトロロッソ・ホンダ
1027ニコ・ヒュルケンベルグルノー
1123アレクサンダー・アルボントロロッソ・ホンダ
124ランド・ノリスマクラーレン
1318ランス・ストロールレーシングポイント
1463ジョージ・ラッセルウィリアムズ
155セバスチャン・ベッテルフェラーリ
1688ロバート・クビサウィリアムズ
1711セルジオ・ペレスレーシングポイント
リタイヤ99アントニオ・ジョビナッツィアルファロメオ
リタイヤ8ロマン・グロージャンハース
リタイヤ20ケビン・マグヌッセンハース



こんにちは!Mac-BCL777です。

昨日夜(日本時間)に行われたF1 第10戦 イギリスGPの結果です。サーキットはシルバーストーン。ポールポジションは、メルセデスのバルデリ・ボッタスでした。2位には同じメルセデスのルイス・ハミルトン、3位にはフェラーリのシャルル・ルクレールでした。2台のフェラーリの間に入ったのは、レッドブルの2台で4位がマックス・フェルスタッペン、5位がピエール・ガスリーでした。ガスリーは、開幕してから、マックス・フェルスタッペンに大きく差をつけられていましたが、今回は迫る予選タイムでした。今夜の決勝レースがどうなるのか、楽しみですね。

順位NoドライバーチームQ1Q2Q3
177バルテリ・ボッタスメルセデス1分25秒7501分25秒6721分25秒093
244ルイス・ハミルトンメルセデス1分25秒5131分25秒8401分25秒099
316シャルル・ルクレールフェラーリ1分25秒5331分25秒6461分25秒172
433マックス・フェルスタッペンレッドブル1分25秒7001分26秒8481分25秒276
510ピエール・ガスリーレッドブル1分26秒2731分26秒0381分25秒590
65セバスチャン・ベッテルフェラーリ1分25秒8981分26秒0231分25秒787
73ダニエル・リカルドルノー1分26秒4281分26秒2831分26秒182
84ランド・ノリスマクラーレン1分26秒0791分26秒3851分26秒224
923アレクサンダー・アルボントロロッソ・ホンダ1分26秒4821分26秒4031分26秒345
1027ニコ・ヒュルケンベルグルノー1分26秒5681分26秒3971分26秒386
1199アントニオ・ジョビナッツィアルファロメオ1分26秒4491分26秒519 
127キミ・ライコネンアルファロメオ1分26秒5581分27秒546 
1355カルロス・サインツマクラーレン1分26秒2031分26秒578 
148ロマン・グロージャンハース1分26秒3471分26秒757 
1511セルジオ・ペレスレーシングポイント1分26秒6491分26秒928 
1620ケビン・マグヌッセンハース1分26秒662  
1726ダニール・クビアトトロロッソ・ホンダ1分26秒721  
1818ランス・ストロールレーシングポイント1分26秒762  
1963ジョージ・ラッセルウィリアムズ1分27秒789  
2088ロバート・クビサウィリアムズ1分28秒257 



こんにちは!Mac-BCL777です。

久しぶりにF1ネタを書きます。前戦のオーストリアGPでは、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンが今季初勝利を挙げました。ピエール・ガスリーはというと周回遅れの7位と、チームメイトの優勝したマックス・フェルスタッペンとの差が浮き彫りとなりました。マックス・フェルスタッペンは、ここまで優勝と3位〜5位と安定した成績で126ポイントを獲得し、ドライバーズタイトルで3位につけています。一方、ピエール・ガスリーは42ポイントと少なく、予選でも決勝レースでも、マックス・フェルスタッペンに勝てていません。

その状況にレッドブルも我慢の限界にきているらしく、ピエール・ガスリーを交代させるのではないかとの噂が流れています。レッドブルは今のところ交代させることはないと言っていますが、ピエール・ガスリーのパフォーマンスにはかなり不満を持っているようで、次戦のイギリスGPでは、チームメイトのマックス・フェルスタッペンと同じマシン設定で挑ませるようです。

マックス・フェルスタッペンは、これまでグランプリで6勝を挙げている実力と経験のあるドライバーで、ピエール・ガスリーより若いながら実績があります。レッドブルは、結果に厳しいチームでも知られているので、十分ドライバー交代の可能性はあると思います。実際以前、ミスが多かったダニール・クビアトを、当時トロロッソにいたマックス・フェルスタッペンと後退させていますからね。

確かに、ちょっとマックス・フェルスタッペンとの結果の差が大きすぎますから、ピエール・ガスリーもここが正念場でしょうね。頑張ってレッドブルの期待に応えてほしいものですね。

ピエール ガスリー



こんにちは!Mac-BCL777です。

2019年 F1 第9戦 オーストリアGP の決勝レースが6月30日(日)にレッドブル・リンクで行われ、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)がスタートの失敗からオーバーテイクショーを見せてトップでチェッカーを受ける。ホンダに13年ぶりの勝利をもたらしました。

フロントローからスタートしたマックス・フェルスタッペンでしたがスタートで失敗、一時は7位まで順位を落としましたが、素晴らしい追い上げを見せて、逆転優勝。最近のF1レースとしては、見ていてとても面白いレースとなりました。

順位NoドライバーチームGAPINT
133マックス・フェルスタッペンレッドブル --
216シャルル・ルクレールフェラーリ2.2742.724
377バルテリ・ボッタスメルセデス18.96016.236
45セバスチャン・ベッテルフェラーリ19.6100.650
544ルイス・ハミルトンメルセデス22.8053.195
64ランド・ノリスマクラーレン1L49.079
710ピエール・ガスリーレッドブル1L5.745
855カルロス・サインツマクラーレン1L11.170
97キミ・ライコネンアルファロメオ1L2.109
1099アントニオ・ジョビナッツィアルファロメオ1L0.662
1111セルジオ・ペレスレーシングポイント1L2.750
123ダニエル・リカルドルノー1L1.161
1327ニコ・ヒュルケンベルグルノー1L1.727
1418ランス・ストロールレーシングポイント1L7.928
1523アレクサンダー・アルボントロロッソ・ホンダ1L1.674
168ロマン・グロージャンハース1L7.943
1726ダニール・クビアトトロロッソ・ホンダ1L21.560
1863ジョージ・ラッセルウィリアムズ2L20.894
1920ケビン・マグヌッセンハース2L21.861
208ロバート・クビサウィリアムズ3L43.572



↑このページのトップヘ