MacとBCLの時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのApple製品やBCL、デジカメに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。
Instagramもやっています。

F1

こんにちは!Mac-BCL777です。

2018年 F1 第14戦 イタリアGPの予選が9月1日(土)にモンツァ・サーキットで行われ、キミ・ライコネン(フェラーリ)がコースレコードを更新して12年ぶりにポールポジション獲得しました。2番手にもセバスチャン・ベッテルが続き、フェラーリが母国グランプリでフロントローを独占しました。イタリアGPでのフェラーリのフロントロー独占は18年ぶり。

フェラーリの地元モンツァで、明日の決勝レース、フェラーリがどう戦うのか楽しみです。

順位NoドライバーチームQ1Q2Q3
16キミ・ライコネンフェラーリ1分20秒7221分19秒8461分19秒119
25セバスチャン・ベッテルフェラーリ1分20秒5421分19秒6291分19秒280
344ルイス・ハミルトンメルセデス1分20秒8101分19秒7981分19秒294
477バルテリ・ボッタスメルセデス1分21秒3811分20秒4271分19秒656
533マックス・フェルスタッペンレッドブル1分21秒3811分20秒3331分20秒615
68ロマン・グロージャンハース1分21秒8871分21秒2391分20秒936
755カルロス・サインツルノー1分21秒7321分21秒5521分21秒041
831エステバン・オコンフォース・インディア1分21秒5701分21秒3151分21秒099
910ピエール・ガスリートロロッソ・ホンダ1分21秒8341分21秒6671分22秒350
1018ランス・ストロールウィリアムズ1分21秒8381分21秒494 
1120ケビン・マグヌッセンハース1分21秒7831分21秒669 
1235セルゲイ・シロトキンウィリアムズ1分21秒8131分21秒723 
1314フェルナンド・アロンソマクラーレン1分21秒8501分22秒568 
1427ニコ・ヒュルケンベルグルノー1分21秒801  
153ダニエル・リカルドレッドブル1分21秒280  
1611セルジオ・ペレスフォース・インディア1分21秒888   
1716シャルル・ルクレールザウバー1分21秒889  
1828ブレンドン・ハートレートロロッソ・ホンダ1分21秒934   
199マーカス・エリクソンザウバー1分22秒048  
202ストフェル・バンドーンマクラーレン1分22秒085  



こんにちは!Mac-BCL777です。

2018年 F1 第13戦 ベルギーGPの決勝レースが8月26日(日)にスパ・フランコルシャンで行われ、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が優勝しました。2位はルイス・ハミルトン(メルセデス)、3位はマックス・フェルスタッペン(レッドブル)でした。

レースは、オープニングラップから多重クラッシュが発生。ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)、フェルナンド・アロンソ(マクラーレン)、シャルル・ルクレール(ザウバー)が1コーナーで多重クラッシュを引き起こしてリタイア。セーフティカーが導入された。また、この事故に巻き込まれてマシンにダメージを負ったダニエル・リカルド(レッドブル)とキミ・ライコネン(フェラーリ)も後にリタイアすることになった。

その後、レース全体としては、あまり順位に変動はありませんでした。

順位Noドライバーチーム
15セバスチャン・ベッテルフェラーリ
244ルイス・ハミルトンメルセデス
333マックス・フェルスタッペンレッドブル
477バルテリ・ボッタスメルセデス
511セルジオ・ペレスフォース・インディア
631エステバン・オコンフォース・インディア
78ロマン・グロージャンハース
820ケビン・マグヌッセンハース
910ピエール・ガスリートロロッソ・ホンダ
109マーカス・エリクソンザウバー
1155カルロス・サインツルノー
1235セルゲイ・シロトキンウィリアムズ
1318ランス・ストロールウィリアムズ
1428ブレンドン・ハートレートロロッソ・ホンダ
152ストフェル・バンドーンマクラーレン
リタイヤ3ダニエル・リカルドレッドブル
リタイヤ6キミ・ライコネンフェラーリ
リタイヤ16シャルル・ルクレールザウバー
リタイヤ14フェルナンド・アロンソマクラーレン
リタイヤ27ニコ・ヒュルケンベルグルノー



こんにちは!Mac-BCL777です。

2018年 F1 第13戦 ベルギーGPの予選が8月25日(土)にスパ・フランコルシャンで行われ、Q3で急に雨が降る“スパウェザー”に見舞われる中、ルイス・ハミルトン(メルセデス)がポールポジションを獲得しました。2番手にはセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)、そして、2列目には、なんと新生レーシングポイント・フォースインディアの2台が並ぶことになりました。

明日の決勝レースはドライコンディションが想定されていますので、結果がどうなるのか楽しみです。

順位NoドライバーチームQ1Q2Q3
144ルイス・ハミルトンメルセデス1分42秒9771分41秒5531分58秒179
25セバスチャン・ベッテルフェラーリ1分43秒0351分41秒5011分58秒905
331エステバン・オコンフォース・インディア1分44秒0031分43秒3022分01秒851
411セルジオ・ペレスフォース・インディア1分44秒0041分43秒0142分01秒894
58ロマン・グロージャンハース1分43秒5971分43秒0422分02秒122
66キミ・ライコネンフェラーリ1分42秒5851分41秒5332分02秒671
733マックス・フェルスタッペンレッドブル1分43秒1991分42秒5542分02秒769
83ダニエル・リカルドレッドブル1分43秒6041分43秒1262分02秒939
920ケビン・マグヌッセンハース1分43秒8341分43秒3202分04秒933
1077バルテリ・ボッタスメルセデス1分42秒8051分42秒191 
1110ピエール・ガスリートロロッソ・ホンダ1分44秒2211分43秒844 
1228ブレンドン・ハートレートロロッソ・ホンダ1分44秒1531分43秒665 
1316シャルル・ルクレールザウバー1分43秒6541分44秒062 
149マーカス・エリクソンザウバー1分43秒8461分44秒301 
1527ニコ・ヒュルケンベルグルノー1分44秒145  
1655カルロス・サインツルノー1分44秒489  
1714フェルナンド・アロンソマクラーレン1分44秒917  
1835セルゲイ・シロトキンウィリアムズ1分44秒998  
1918ランス・ストロールウィリアムズ1分45秒134  
202ストフェル・バンドーンマクラーレン1分44秒307  



こんにちは!Mac-BCL777です。

F1GPNews

毎回欠かさずに見ているF1 GPニュース。先日は後半戦予想ということで、2時間特番でした。内容は前半戦の振り返りと残りレースの予想でした。

番組冒頭、フェルナンド・アロンソの2019年F1不参戦のニュースがありました。トップドライバーのニュースなので、まあ扱いも大きかったのは理解できたのですが、ダニエル・リカルドのルノー移籍のニュースがあまり話題にならなかったのは、ちょっと違和感がありました。わたしはダニエル・リカルドが結構好きなドライバーだったので、移籍の裏話とか期待したのですがね。ちょっと残念でした。

あと後半戦はの予想は、やっぱりフェラーリとメルセデスが速いだろうとの予想でした、特に今年のフェラーリはパワーユニットが良くなっているので、後半戦有利だろうとことでした。個人的には、メルセデスを応援していますので、後半戦のメルセデスには頑張って欲しいですね。

後半戦最初の8月26日に開催されるベルギーGPが今から楽しみでなりません。



こんにちは!Mac-BCL777です。

レッドブル・レーシングは、2019年にダニエル・リカルドの後任として、現在トロロッソにいるピエール・ガスリーを起用することを正式に発表しました。これにより、新生レッドブル・ホンダは、マックス・フェルスタッペンとピエール・ガスリーのコンビで新たな船出を切ることになった。

ピエールガスリーは、第2戦のマレーシアGPで、ホンダが2015年にF1復帰してからのベストリザルトとなる4位入賞を獲得。さらにモナコGPでは7位、F1ハンガリーGPでは6位と好成績を残し、チームメイトのブレンドン・ハートレーを大きく上回るパフォーマンスを披露していました。

ガスリー



↑このページのトップヘ