MacとBCLの時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのパソコンやBCLに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。

Apple関連

こんにちは!Mac-BCL777です。

Appleは、今月初めに「Mac Pro (Late 2013)」のアップグレードモデルの販売を開始したものの、上位モデルである8コアモデルは注文出来ない状況が続いていたのですが、4月28日から同モデルの注文受付が開始されました。

MacPro

8コアモデルの主な仕様は下記の通り。
  • CPU:3.0GHz 8コアIntel Xeon E5プロセッサ
  • RAM:16GB 1,866MHz DDR3 ECCメモリ
  • GPU:デュアルAMD FirePro D700(6GB GDDR5 VRAM)
  • ストレージ:256GBフラッシュストレージ(PCIeベース)
  • 価格:398,000円
なお、現在のお届け予定日は5月1日と案内されており、ほぼ即納となっています。



こんにちは!Mac-BCL777です。

「iPhone8」にはワイヤレス充電が採用されると噂されていますが、Wi-Fiルーターを使ったワイヤレス充電システムの特許を、Appleが出願していたことが分かりました。

写真01


 Wi-Fiの電波を充電に活用


米国特許商標庁(USPTO)が現地時間4月27日に公開した資料に、Appleが出願した「二重周波数の平面アンテナを用いたワイヤレス充電と通信システム」と名付けられた特許が含まれていました。

2015年10月に申請された特許は、Wi-Fiの電波を通信と充電の両方に使うための技術についてのもので、携帯電話の通信に使われる700MHzから2,700MHz、Wi-Fi通信の2.4GHzや5GHz、さらにはWiGigと呼ばれる短距離高速通信規格用の60GHzまで、多くの周波数帯を使ったワイヤレス充電について述べられています。

 ビームフォーミング技術を活用、効率的な通信と充電を実現


申請書類では、ワイヤレス充電と通信を行う機器は、平面アンテナを内蔵しており、Wi-Fiルーターにあたる給電側とiPhoneなどの受電機器のアンテナをペアリングし、アンテナの指向性を変えてより効果的な通信と給電が可能になるビームフォーミング技術の活用が想定されています。

 iPhone8では、ワイヤレス充電が採用される模様


今年の秋頃に発売が予定されているiPhone8ですが、ワイヤレス充電を搭載すると噂されています。どのような技術を使ったワイヤレス充電なのかは不明ですが、Appleは5つのワイヤレス充電方式を検討しているとのことです。

どのような技術になるにせよ、iPhone8を便利に使えるような方式を検討してほしいですね。



こんにちは!Mac-BCL777です。

真偽は不明ですが、このところ「iPhone 8」に関する情報を提供しまくっているBenjamin Geskin 氏が、今度は「iPhone 8」は遠距離(5m)のワイヤレス充電に対応するようだと報告しています。

写真01

遠距離のワイヤレス充電については、Energousの遠距離ワイヤレス充電技術「WattUp」が今年末までに提供が開始される予定で、同社がAppleと提携しているのではないかと噂されている事から、次期「iPhone」への同技術の採用が期待されていました。

なお、Benjamin Geskin 氏の情報は怪しいところもあり、これらの情報が全て本当なのかは不明です。



こんにちは!Mac-BCL777です。

iPhone8は、ベゼルレスになり、ディスプレイが大きくなることから、Touch IDの搭載がどうなるのかいろいろと噂がありました。考えられる方法としては、Touch IDをディスプレイに内蔵するか、背面に設置するなどの方法が考えられます。そんな中でTouch IDが背面に移動した「iPhone 8」のダミーユニット(模型)の写真が公開されました。

写真01

この写真は、Touch IDを背面に搭載したiPhone8のダミーユニットと考えられますが、大きさ的にはiPhone7より大きく、iPhone7 Plusよりわずかに小さいくらいの大きさのようですね。

実際に背面にTouch IDを搭載されるのかはわかりませんが、少なくともAppleは、Touch IDを背面に搭載することも検討しているようです。



こんにちは!Mac-BCL777です。

4月26日、Appleが「iWork for Mac」の各アプリをアップデートし、「Pages 6.1.1」「Numbers 4.1.1」「Keynote 7.1.1」をリリースしました。

写真

各アプリとも安定性およびパフォーマンスの向上が行われています。なお、各アプリとも先日に完全無料化されています。



↑このページのトップヘ