MacとBCLの時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのApple製品やBCL、デジカメに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。
Instagramもやっています。

Apple関連

こんにちは!Mac-BCL777です。

写真01

MacRumoursによると、KGI証券のアナリストでAppleの情報に定評のあるMing-Chi Kuo氏によると、Appleと韓国のLG化学は、現在の2セルのL字型バッテリーを1セルのL字型にするための開発を行っていると述べています。

Kuo氏は、この技術が来年導入されたとしたら、5.8インチのiPhoneが2,900mAhから3,000mAHのバッテリー容量を持つことができると予測しています。現在、「iPhone X」は2,716mAhのため、10%も増加する可能性があるとしています。

10%の容量増は大きな変化ではないかと感じるかもしれませんが、実際の使用では1〜2時間のバッテリー持続時間向上につながります。

1〜2時間のバッテリー持続時間が伸びると、毎日充電しなくても良くなりますね。ぜひ増やして欲しいです。また、バッテリー持続時間を長くできるということは、CPUのクロックアップもできますので、今のバッテリー持続時間を維持して、性能の高速化も可能になります。何れにしてもバッテリー持続時間が伸びることはいいことになりますね。



こんにちは!Mac-BCL777です。

Apple Insiderによると、「iPhone X」のTrueDepthカメラの構成部分の一つであるVCSELレーザーの2番目に大きなサプライヤーが、生産能力を拡張する計画が明らかになり、来年はすべての「iPhone」にTrueDepthカメラとFace IDが搭載される可能性が高まってきました。

写真01

AppleサプライヤーのFinisarは、12月7日、2017年第4四半期の収支報告の中で、VCSELレーザー(垂直共振器面発光レーザー)の生産能力を拡大する計画を発表しました。

米国テキサス州のシャーマンに700,000平方フィートの製造プラントを購入したFinisarは、2018年第1四半期には、収益をこれまでの数十倍の3,000万ドル(約34億円)に伸ばすと予測されています。尚、AppleのVCSELレーザーサプライヤーの中で最大のLumentumの2017年第3四半期の収益は4,000万ドル(約45.4億円)でした。

VCSELレーザーの生産能力の拡張は、次世代「iPhone」のためだけでなく、「iPhone X」の現モデルの供給制約の緩和にもつながると考えられます。

TrueDepthカメラの製造は、かなり難しかったらしく、「iPhone X」の供給に時間がかかった原因ですから、TrueDepthカメラの安定供給と増産は次世代「iPhone」で、Face IDが標準になることを示していると思われます。



9To5Macによると、Appleの情報提供で定評のあるKGI証券のアナリスト・Ming-Chi Kuo氏が、2018年のiPhoneは、全モデルでバッテリ容量が増加するとレポートしているそうです。

IPhone

2018年のiPhoneは、以下の3モデルが発売されるだろうと予想されています。
  • 有機ELディスプレイ 5.8インチ
  • 有機ELディスプレイ 6.5インチ
  • 液晶ディスプレイ 6.1インチ
有機ELディスプレイの2モデルで、iPhone Xと同じL字型のバッテリーが採用され、容量も大きくなるとのことです。

重量は増えると思いますが、バッテリーが増強されることはいいことですね。でも気になるのは、どのモデルも大画面ばかりなのは、ちょっと気になりますね。私は小さいモデルに魅力を感じていますので、ぜひ、iPhoneSE2を出して欲しいです。



こんにちは!Mac-BCL777です。

9to5Macによると、LGがiPhone Xの供給に関する契約をAppleと締結する日が近いと報じています。

写真01

現在、「iPhone X」用OLEDディスプレイの供給元であるSamsungは、技術的リードによって単独サプライヤーとなっていますが、LGディスプレイは、すでにその技術に追いついていると言われています。

LGは、OLED生産能力に13.7億ドルの投資を行っており、そのうち3分の2はスマートフォンのスクリーンに特化しているところから、Appleとの提携についての憶測が広がりました。

Samsungのライバルは、LGだけではありません。中国のディスプレイメーカーであるBOEは最近、Appleによるオーダー専用の大型OLED生産ラインを2つ建設すると述べています。

AppleはOLEDディスプレイの生産メーカーを増やし、供給リスクを分散すると共に、大量生産により価格を下げ、より多くの自社モデルに搭載しようとしていると考えられます。

先日、「iPhone X」の画面を見ましたが、とても綺麗なのにびっくりしました。供給先を確保することで、値段を下げ、今後発売される「iPhone」全てにOLEが採用されるといいですね。



こんにちは!Mac-BCL777です。

Apple Japanは、「iPhone X」の新しいCMビデオとして「これがFace ID」をYouTubeに公開しています。



このCMでは、「iPhone X」で初搭載となったか認証システム「Face ID」にフォーカスした内容になっています。なお、このCMはすでにアメリカで公開されている「Introducing Face ID」の日本語版です。

あまり便利そうに見えないのは、ビデオのせいですかね。まあ、「iPhone X」を持っていないので、なんともいえませんけどね・・。



↑このページのトップヘ