MacとBCLの時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのApple製品やBCL、デジカメに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。
Instagramもやっています。

Apple関連

こんにちは!Mac-BCL777です。

Apple Watch 5

既にApple Watch Series 5 (現行モデル)と 4では実装済みだった機能のECG(心電図)機能が、日本でも使えるようになるかもしれません。Appleが、独立行政法人医薬品医療機器総合機構の定める、「認定・登録外国製造業者リスト」に認定登録されたことが確認されたからです。

Apple登録

業者コード(法人部分)112941
業者コード(事務所部分)001
認定・登録番号BG30403315
業態医療機器外国製造業者
認定区分・登録医療機器 登録

具体的な提供時期は不明ですが、近いうちに解放される可能性があります。次期OS Watch OS 7de提供されるかもしれません。ECG機能は、Apple Watchのデジタルクラウンと電気心拍センサーに内蔵された電極を利用して行います。デジタルクラウンに30秒触れると、心調律の分類が確認できる。不整脈とかが確認できるので、より健康機能の向上が期待できますね。



こんにちは!Mac-BCL777です。

WWDC2020

MacRumorsによると、Appleは、今月末の仮想WWDCイベントで、ARMベースのMacへの移行を正式に発表し、開発者に移行の準備を数か月できるようにする予定とのことです。

最初のARMベースのMacは、2021年にリリースされるとのことで、Appleは、最終的にMacノートブックとデスクトップの両方のラインナップをAppleのカスタム設計のプロセッサに移行する予定するとのことです。ARMベースのMacは、パフォーマンスの向上や消費電力の削減など、既存のIntelベースのMacに比べていくつかの利点があると予想されています。さらに、Intelの開発スケジュールに影響を受けることもなくなります。MacRumorsによると、Appleは、少なくとも3つのMac用のプロセッサを開発していることを報じており、最初のプロセッサは、次期のiPhone 12モデルのA14チップをベースにして開発しています。 TSMCは、その高度な5nmプロセスに基づいてMac用プロセッサを製造する予定するとのことです。Appleの最初のMac用プロセッサは、8つの高性能コアと少なくとも4つのエネルギー効率の高いコアを含む12のコアを持つと予想されています。Appleは、12コア以上のMac用プロセッサを将来的に計画しているとのことで、明らかにA15チップをベースにした第2世代のMac用プロセッサを設計しているとのことです。



こんにちは!Mac-BCL777です。

大阪の心斎橋にあるApple Store 心斎橋ですが、6月3日より営業を再開するようです。しばらくの間は12:00〜20:00の時短営業のようです。何にしても、実店舗が営業再開されるのは良かったですね。やっぱりオンラインストアでは、実機を触ることができませんからね。いつもお客さんでいっぱいのApple Store 心斎橋ですから、入場制限もありそうですね。

Apple心斎橋



こんにちは!Mac-BCL777です。

Appleのホームページによると、臨時休業中のApple Storeのうち、Apple名古屋栄とApple福岡が、本日の5月27日(水)から営業を再開するとのことです。ただ、しばらくは時短営業で、12:00〜20:00での営業が予定されています(通常は10:00〜21:00)。 

Appleのアナウンスでは、入店制限あり、マスク着用依頼(持参していない場合は提供)、体調などに関する質問を行うとされています。

栄



こんにちは!Mac-BCL777です。

MacRumorsによると、Microsoftが、iPad向けのOffice「Word」、「PowerPoint」、「Excel」のアップデートし、2つのアプリウィンドウを並列して作業できるSplit Viewに対応しました。

Split Viewに対応したことにより、例えば「Word」と「PowerPoint」でドキュメントとプレゼンを画面の左右に配置して編集作業を行うといったことが可能になります。

また、今秋までにMicrosoftは、Office for iPadのトラックパッドにも対応させる予定です。

Office for iPad Split View



↑このページのトップヘ