MacとBCLの時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのApple製品やBCL、デジカメに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。
Instagramもやっています。

その他

こんにちは!Mac-BCL777です。

ケイ・オプティコムは、本日(5月15日)より、同社が運営する格安SIM「mineo」で、メーカー認定整備済品の「iPhone 6s」を販売開始すると発表しました。

Mineo

今回、mineoで取扱を開始するのは、「iPhone 6s」の16GBモデルで、カラーはローズゴールドとのことです。

IPhone6s

価格は49,800円(税別)と、以前Apple Storeで販売していた79,800円(税別)よりかなり安いですが、新品の販売ではなく、北米版仕様のメーカー認定整備品とのことです。この点は注意が必要です。

一応、メーカー認定整備品ですので、新品と遜色なく使うことはできます。ですが、新品にこだわる方は、購入しない方がいいと思います。また、16GBモデルしかないようなので、容量が少し心配ですね。



こんにちは!Mac-BCL777です。

Gmail logo

私は、自分のメール管理にGmailを使っています。無料でいくつもメールアドレスが持てるので便利ですよね。でも、作りすぎると、かえって面倒になることも。メールボックスも増えすぎて、いちいち確認するのも大変です。

そんな時に便利なのが、Gmailの機能が「エイリアス」です。

使い方は簡単で、アカウントの後ろに「+(プラス)と任意の文字列」を追加するだけです。

例えば、

「tatoeba777777 @ gmail.com」というGmailのアドレスを持っていたとします。

通常は、「tatoeba777777 @ gmail.com」でしかメールを受けることができませんが、エイリアス機能を使えば、複数種類のメールアドレスを持っていながら、一つのメールボックスで受けることができます。

アカウントの後ろに「+任意の文字列」をつけてみます。

「tatoeba777777+bcl @ gmail.com」
「tatoeba777777+okaimono @ gmail.com」

のようなメールを送信しても、「tatoeba777777 @ gmail.com」のメールボックスにメールが届きます。

なので、アカウントの後ろに「+任意の文字列」をつければ、無限にメールアドレスを持つことができます。

この+を用いたアカウントの拡張は、Gmailのエイリアスという機能で、メールを分類しやすくしたりするために、アドレスにカテゴリを追加するためのものです。

このエイリアス機能を使って、私の場合は、ネットショッピング用、会社の友人用とか、メールアドレスを分けて使っています。

もし、たくさんGmailを作っていて、メールの確認が大変だと思っている方は、一度エイリアスを使って見てください。便利ですよ。



こんにちは!Mac-BCL777です。

TwitterPass

日本経済新聞によると、Twitterは、現地時間5月3日にユーザーのパスワードが暗号化されないまま処理されるという不具合があったことを発表し、Twitterの全利用者、3億3,000万ユーザに対して、パスワードを変更するよう呼びかけています。


 パスワードの流出は確認されていない


Twitterによれば、すでにこのバグの修正は完了しており、内部の関係者がパスワードを盗んだり、悪用したり、外部へのパスワード流出の兆候はみられなかったという。

パスワードが暗号化されないバグというのは、とても大きなバグですね。私も早速パスワードを変更しました。



こんにちは!Mac-BCL777です。

恒例のNet Applicationsが発表しているブラウザやOSの各種シェアについて載せたいと思います。

3f40154e


ブラウザシェア/デスクトップ


1位:Chrome:61.66%(60.89%)
2位:Internet Explorer:12.05%(13.49%)
3位:Firefox:10.05%(10.34%)
4位:Microsoft Edge:4.37%(4.39%)
5位:Safari:3.93%(3.88%)

ブラウザシェア/モバイル・タブレット


1位:Chrome:61.14%(63.08%)
2位:Safari:29.05%(28.43%)
3位:UC Browser:2.10%(1.94%)
4位:Android Browser:1.77%(1.68%)
5位:Opera Mini:1.63%(1.49%)
6位:QQ Browser:1.45%(1.26%)

OSシェア/デスクトップ


1位:Windows:88.42%(88.95%)
2位:Mac:9.19%(8.87%)
3位:Linux:1.93%(1.82%)
4位:Chrome OS:0.29%(0.30%)

OSシェア/モバイル・タブレット


1位:Android:67.70%(68.76%)
2位:iOS:30.90%(30.17%)
3位:Windows Phone OS:0.11%(0.12%)
4位:Series 40:0.09%(0.09%)
5位:BlackBerry OS:0.04%(0.06%)
6位:Linux:0.04%(0.05%)



こんにちは!Mac-BCL777です。

MacRumorsによると、AppleのiOS11のインストール率が、4月22日現在で76%に達したことが、明らかになりました。この数字は、去年の11月6日の52%に比べると24%伸びたことになります。

グラフを見ると、旧OSのiOS10やそれ以前のOSを入れても、最新でないOSの端末は24%です。Androidに比べると、圧倒的に新しいOSのインストールが進んでいることがわかります。5%のiOS9以前の古いOS搭載端末が、最新バージョンにならない理由は、おそらくサポート切れの端末が残っていると考えられます。

no title

iOS11のインストール率は安定的に増加してきていますが、iOS10ほどの普及率になっていません。ちなみに昨年の2月の時点で、iOS10は80%近いインストール率になっていました。

iOS11は、HomeKitバグやSpectreやMeltdownといった脆弱性、ユーザにほぼ知らされない形で勝手に旧機種のバッテリー劣化による速度低下が図られるなど、ユーザの印象が悪くなっていて、それらの情報を見たユーザがアップデートをためらっている可能性があると思われます。

iOS11のインストール率の増加速度がiOS10よりも遅いので、少々心配なところがあるかもしれませんが、実はこの数字はGoogleのAndroid OSの最新版のインストール率と比べると圧倒的に高いです。

no title

4月16日時点でのAndroidデバイスで最新のAndroid 8 Oreoが搭載しているデバイスのインストール率はたったの4.6%しかなく、ほとんどのユーザがAndroid Lolipop(2014年)、Marshmallow(2015年)、Nougat(2016年)を使っています。

iOSとAndroidの最新版インストール率に、こんなに差が出ているのは、Appleは基本的に復元の際に最新バージョンにしか復元させない仕組みにしていること、Androidはメーカーや機種が星の数ほどあり、それらのメーカーが最新バージョンを積極的に適応させていないという原因が挙げられるかと思われます。iOSが、Androidに比べてセキュリティに強いと言われるのは、この点からかもしれません。



↑このページのトップヘ