MacとBCLの時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのApple製品やBCL、デジカメに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。
Instagramもやっています。

Macその他

こんにちは!Mac-BCL777です。

AppleのiCloudメールにサードパーティ製アプリでアクセスする方法について書きたいと思います。

 2017年6月15日より、Appパスワードが必要


実はうちの家内が、iCloudメールを受信するとエラーが出て受信できなくなったと相談に来ました。ブラウザから直接iCloudメールをアクセスすると、ちゃんとメールの確認ができますが、OutlookからiCloudメールをダウンロードしようとすると、「パスワードが違います」というメッセージが表示されて受信できません。

なぜ受信できないんだろうと調べていると、

「2017年6月15日以降、Microsoft Outlook、Mozilla Thunderbirdなどの他社製Appや、Apple製ではないメール、連絡先、カレンダーのサービスからiCloudデータにアクセスするには、App用のパスワードが必要になります。」

ということがわかりました。

つまり、OutlookでiCloudメールを受信するためには、iCloudの管理画面でアクセスするための「Appパスワード」を発行し、そのパスワードをOutlookに設定しなければいけないということがわかりました。

 Appパスワードの発行方法


  1. まず「Apple ID を管理」ページにアクセスしログインします。
  2. no title

  3. つぎに「セキュリティ」にある「編集」リンクをクリックします。
  4. no title

  5. 「App用パスワード」にある「パスワードを生成」をクリックします。
  6. no title

  7. 「このパスワードのラベルを入力」に、任意の名前(わかりやすければ何でも良い)を設定します。例えば「Outlook用」とか、あとで見てわかるラベル名がいいかと思います。
  8. no title

  9. App用パスワードが発行されるので、パスワードをコピーして他社製アプリ内に貼り付ければOKです。
  10. no title

作成したアプリ用パスワードは、1つのアプリにつき1つ必要となっており、その都度作成する必要がありますので上記の手順を参考にアプリ用パスワードを作成してみてくださいね。発行できるパスワードは最大25個になっていますので、作ったけど不要になった場合は、必ず管理画面で削除するようにしてください。



こんにちは!Mac-BCL777です。

写真01

Appleが、Macの延長保証に関して、iPhone/iPadなどと同様サービスの「AppleCare+ for Mac」の販売を開始しています。

保証内容
  • 保証とサポートがMac購入日から3年間
  • 過失や事故による損傷に対する修理などのサービスを最大2回まで受けることができる。(画面または外部筐体の損傷は1回につき11,800円(税別)、その他の損傷は33,800円(税別))
従来のAppleCare Protection Plan for Macの場合、Macの購入日から1年以内であれば購入可能でしたが、AppleCare+ for Macの場合は、Macの購入日から30日以内に購入する必要があります。

なお、本プランの譲渡は1回限り第三者に対して永久譲渡することができることなどの変更はありません。
  • AppleCare+ for MacBook/MacBook Air 23,800円
  • AppleCare+ for 13インチMacBook Pro 25,800円
  • AppleCare+ for 15インチMacBook Pro 35,800円
  • AppleCare+ for Mac mini 10,800円
  • AppleCare+ for iMac 20,800円
  • AppleCare+ for Mac Pro 23,800円



こんにちは!Mac-BCL777です。

Appleが、iCloud ストレージプランから1TBを廃止し、2TBの価格を1,300円/月(旧2,500円/月)に値下げしています。50GBは130円/月、200GBは400円/月で変わっていません。

2TBが1,300円というのは、結構リーズナブルになりましたね。私も契約しようかな・・って、それはスマホをiPhoneにしてからですね(笑)。

no title



こんにちは!Mac-BCL777です。

Macを使っていて、ゴミ箱の中のファイルをプレビューしたいなあと思うことはありますよね。ゴミ箱の中だと、ファイルをダブルクリックしても、以下のメッセージが表示されてプレビューできませんよね。

写真01

そんなときは、ファイルを選択し、スペースキーを押しましょう。すると、素早く以下の画面のようにプレビューができます。これがMacのQuick Lookの機能です。スペースキーを押すだけですので、簡単ですよね。

写真02

私も最近この機能を知りました。それまではゴミ箱から都度デスクトップにファイルを移動してからファイルを開いていました。このQuick Lookを覚えてからは、スペースキーを押すだけです。便利ですよね。皆さんもゴミ箱の中のファイルを素早くみたいときは、Quick Lookの機能をご活用ください。



こんにちは!Mac-BCL777です。

皆さん、PCのバックアップは取っていますか?私は、macOSのTime Machineを使って、2日に1回、またはソフトウェアアップデートしたときの頻度で定期バックアップしています。バックアップ先は、容量が256GBのUSBメモリにバックアップしています。MacBookのUSB-C端子に差し込むだけで、手軽にバックアップできますので、とても便利に使っています。

一つ気になっているのは、USBメモリへの書き込みが遅いこと。ですのでバックアップ量が多くならないように2日に1回のバックアップとしています。macOSのTime Machineのバックアップはリストアが簡単なので、何かあったときにすぐにデータを復元できるのがいいですね。いざというときのため、皆さんも定期的なPCのバックアップをオススメします。
  • USBメモリは、SanDisk製のものを使っています。
  • 写真03

  • Time Machineのバックアップ画面です。進行状況がリアルタイムで確認できます。
  • バックアップ01



↑このページのトップヘ