MacとBCLの時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのパソコンやBCLに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。

Macその他

こんにちは!Mac-BCL777です。

MacBook Pro (2016) には、Touch Barのないモデルがありますが、そのモデルにTouch Barを追加して使っている動画が公開されていたので、ご紹介します。

iOSアプリDuet DisplayでiPadをサブディスプレイ化/TouchBarなしMacにバーを追加 https://www.youtube.com/watch?v=qFYFwX6RlDA&feature=youtu.be

上記の動画は、「Appleが大好きなんだよ」さんがYouTubeにアップしている動画です。Duet Dispalyというアプリを使って、iPadにTouch Barを表示させて使っている部分がありました。すごいですね。サブディスプレイに表示されているTouch Barで、見事に対応アプリを操作していました。このアプリとiOSデバイスがあれば、MacBook Pro (2016) Touch Barなしモデルでも、Touch Barを使うことができますね。MacBook 12inchでもできたらなあと思いますが、多分できないでしょう。MacBook Pro (2016) Touch Barなしモデルをお持ちの方で、Touch Barに興味のある方は、試してみてはいかがでしょう。(自己責任ですが)

写真01



こんにちは!Mac-BCL777です。

久しぶりにMacのメンテナンスと思い立って、セーフブートしてみました。

 なんの作業をすることもなく、ディスクの空き容量が増加


システムの不要なキャッシュファイルが削除されて、空き容量が2.4GB増えました。なんの作業をすることもなく増えましたね。びっくりです。

一応、ストレージのスクリーンショットです。
  • セーフブートする前
  • セーフブート前
  • セーフブートした後
  • セーフブート後
これからも月に1回ぐらいは、セーフブートしたいと思います。Macをお使いの方は、ぜひお試しください。



こんにちは!Mac-BCL777です。

皆さん、普段どんな機材の装備でブログを書いたり、Web閲覧をしていますか?というわけで、私のブログ執筆環境をご紹介したいと思います。他の方のブログ執筆環境って、ちょっと気になりますよね。そんなわけで、私の装備を公開します。

まずは、ハードウェアです。以下のハードを使っています。
  1. MacBook 12inch (Early 2016)
    CPU:Intel Core m3 1.1GHz、256GB SSDの一番エントリーモデルを使っています。 よくネット上の評判では、非力なモデルとか言われていますが、私のブログ執筆作業レベルでは、特に問題なく使っています。

  2. スマホ:Sharp AQUOS CRYSTAL Y
    デジカメ機能を使っています。私のブログの写真のほとんどは、これで撮影しています。素人レベルの私には、 スマホのデジカメで十分使えていますよ。高度な撮影はしませんからね。

  3. USBハブ:HooToo SHUTTLE HT-UC001
    SDカードを読むときや、USB3.0の機器を接続するときに使用しています。HDMI出力端子はありますが、画面の瞬断が起こりますので、 外部ディスプレイ出力にはAPPLE純正のアダプタを使っています。

  4. USBメモリ:SanDisk Ultra USB 3.0 256GB
    MacBookのTime Machineでのバックアップに使用しています。

  5. APPLE純正 USB-C Digital AV Multiportアダプタ
    MacBookを4K解像度の外部ディスプレイに接続するときに使用しています。

PAK145152451 TP V

次にソフトウェアです。以下のソフトウェアを使っています。
  1. CotEditor:テキストエディタ
    ブログの文章を入力するときに使っています。

  2. Evernote
    ブログの文章入力、画像の貼り付けなど、ブログ記事のバックアップ的な使い方をしています。

  3. MarsEdit:ブログエディタ
    Mac定番のブログエディタですね。ブログの記事の作成に使っています。

  4. iMegTools:画像編集ソフト
    ブログに登録する画像に、ウォーターマークを入れるときに使用しています。

  5. MonoSnap:画像編集ソフト
    画像に簡単な編集を行うときに使用しています。

  6. ImageOptim:画像圧縮ソフト
    ブログ画像を作成するにあたり、ファイルサイズを圧縮するのに使っています。

  7. 写真:Mac標準のアプリ
    写真の明るさや色の調整に使っています。

  8. Chrome:Webブラウザ
    私のメインのWebブラウザとして利用中。ブログの表示状態を確認するために使用しています。
ソフトについては、MarsEdit以外は無料のソフトを使っています。探してみると、無料のソフトでもかなり使えますよ。

以上、私のブログ執筆するために使っている装備でした。



こんにちは!Mac-BCL777です。

情報誌「Mac Fan」ですが、今までは読みたい記事があるときだけ購入していましたが、都度注文するのが面倒なので、定期購読することにしました。現在、キャンペーン中で、月額払い契約で、契約月から3号は定価の半額、通常月も定価の10%引き、送料無料なので、申し込みました。月額払い契約なので、いつでも解約できますので、手軽ですね。しばらくは続けてみたいと思います。

写真01



こんにちは!Mac-BCL777です。

MacOSの日本語入力のライブ変換、とても便利だなと思うこともありますが、ええ〜!やめて!と思う変換があります。そのことについてまとめてみました。

 ええ〜!やめて!となる変換パターン


私が気がついた、ええ〜!やめて!となる変換パターンは、以下の3つのパターン。
  • フェイント変換
  • 頼んでないよ変換
  • 入力中のそれいらないよ変換
一つずつ解説します。

 フェイント変換


例えば、「今日はいい天気だな。」と入力したとします。
写真01
でもやっぱり「だな」ではなく、「です」にしようと思い、「だな」を消すと、せっかく変換した漢字が無変換に戻ってしまいます。やめてくれ〜と思います。
写真02
また無視して「です」と入力を続ければ、正しくなるのですが、表示でびっくりしてしまい、つい修正してしまいます。本当にフェイントですよ。

 頼んでないよ変換


例えば、「休憩するとき」と入力したいとします。これがライブ変換だと、「休憩する時」と変換されてしまいます。 ひらがなのままでいいときも頼んてないのに変換してしまう。文節を矢印キーで短くして変換すればいいのですが、とても面倒です。何度も入力しているので、学習してくれればいいのですが、律儀に変換し続けてくれます。本当に頼んでないので、やめてください。

 入力中のそれいらないよ変換


例えば、「文字入力したら、わけわからなくなった」と入力したとします。 すると、入力途中で表示されるおかしな変換候補を見せられてしまいます。そのまま打ち続ければ、正しい変換になることが多いですが、間違った変換を見ると、つい修正したくなるので、これまたタイムロスになってしまいます。
写真03

なんだ、この「ワケワカメ」って。文意がわからないなら、変換するな!と思ってしまいます。

 ライブ変換は、まだまだですね。


画期的な変換と思われたライブ変換。ハマれば便利ですが、まだまだ発展途上ですね。鍛えればいいのかもしれませんが、あまりにめんどくさい変換をするので、ついついブログ記事に書いてしまいました。ああ、やっぱりATOKに変えるかな・・・、と考え中の私でした。とはいえ、ライブ変換の発想自体はいい考えだと思いますので、これからもバージョンアップして欲しいですね。



↑このページのトップヘ