MacとBCLの時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのApple製品やBCL、デジカメに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。
Instagramもやっています。

iPhoneその他

こんにちは!Mac-BCL777です。

皆さん、iPhoneでWebサイトを見ているとき、ページの下部からページトップに戻りたいと思うことがありますよね。あまり知られていませんが、iOSでは、一瞬でページ最上部に移動することができるのです。

下記のように、ページ最下部にいても、画面上部のステータスバーをクリックすると、ページ最上部にススッと戻ることができます。

IOS

騙されたと思って、一度タップして見てください。素早く、見事にページ最上部に移動できるはずです。結構便利です。



こんにちは!Mac-BCL777です。

スターバックスが新型iPhoneのワイヤレス充電をサポートすることを発表しました。実はスターバックスは2014年にワイヤレス充電の「Powermat Spot」の設置を行なっています。

11 m

12 m

ですが、この時設置したワイヤレス充電規格は「PMA」という企画で、新型iPhoneの規格は「Qi」です。ワイヤレス充電機能を搭載したスマートフォンの多くが、「PMA」「Qi」の両方に対応していたため、PMAだけの対応で何とかなったらしいのだが、iPhoneは「Qi」にしか対応していないため、これをソフトウェアアップデートで対応し、Qi充電ができるようにするのことです。

私はスターバックスをあまり利用しないのでわからないのですが、私の行ったことのある大阪の店舗でワイヤレス充電に対応した店舗はなかったように思います。東京では多いのでしょうかね。まあ、充電器なしで気軽に充電できるのはいいことですよね。ぜひ普及させていただきたいと思います。



こんにちは!Mac-BCL777です。

iPhoneをお使いの方は多いと思います。ということで、私が使っているiPhone SEのホーム画面について、ご紹介したいと思います。まあ、他人のホーム画面見てもねぇ、と思う方もいると思いますが、iPhoneを使っている方が、どんなホーム画面にしているのか、私は結構気になったりします。

私のiPhone SEのホーム画面は以下のとおりです。

IMG 0068

私は機種変更したばかりで、あまりアプリを入れていませんので、かなりシンプルです。以前のiPhone 5sのときは、かなり入れていたのですが、iPhone SEでは、必要最小限にして、使わないアプリはすぐに削除するように心がけています。

私のホーム画面の基本は、一番上の段と、左右の一番端の列はよく使うアプリを置いています。ということで、一番上の段には、メール関連のアプリ、カメラ関係のアプリを並べています。左右の端の列には、カレンダー、連絡帳、設定、Googleアドセンスのアプリを置いています。画面の端によく使うアプリを置いている理由は、一番目につく場所によく使うアプリを置くことにしたいからです。

あと、私はWebブラウザにChromeを使っています。理由はパソコンとブックマークを共有したいからで、MacもWindowsもChromeですので、iPhone SEもChromeにしています。

今のところ、iPhoneに復活したばかりなので、アプリは少ないですが、そのうちアプリが増えてきたら、2ページ目のホーム画面もできるでしょうね。とりあえず、今のところは、1ページで収まっています。

以上、私のiPhone SEのホーム画面についてでした。



こんにちは!Mac-BCL777です。

iPhone Maniaによると、iOS11では、標準カメラアプリで対応したQRコード読み取り機能を使って、Wi-Fiルーターへの接続設定に必要なパスワードをQRコードから入力可能になります。

写真01

 パスワード入力不要、QRコード読み取りでWi-Fi接続


iOS11は標準カメラアプリでQRコード読み取りに対応します。このQRコード読み取りは、Wi-Fi設定時にも利用可能で、長くて複雑なパスワードを手入力しなくても、iPhoneのカメラで読み取って接続設定が可能となります。

Wi-Fiルーターのパスワード情報を含むQRコードを読み取るとバナー通知が出て、バナーをタップするとネットワーク接続の画面に移動し、設定を開始できるとのことです。

便利になりますね。とはいうものの、パスワードをQRコードで読み取りできるというのは、ちょっと怖い気もしますね。



こんにちは!Mac-BCL777です。

iPhoneの出張修理サービス「あいりぺ」を展開するライフサポートラボは、iPhoneをオリジナルカラーに塗装できるサービス「あいりぺColor」を、4月より提供開始すると発表しました。3月22日より先行予約の受付を開始しています。

 iPhoneに塗装できるカラーは20色


「あいりぺColor」は、サービスが提供するオリジナルの20色のカラー中から塗装したい色を選び、iPhoneに塗装してもらえるサービスです。選べるカラーは、以下の20色の中から選びます。

写真01


 4月中旬からサービス開始、3月22日より先行予約受付中


注文方法は3つのプランを選べます。プランによってiPhoneの塗装期間(利用できない期間)と金額が異なりますので、自分の使い方に応じたプランを選択しましょう。
  1. 郵送プラン
    料金:15,000円 塗装したいiPhoneを郵送し、期間は1週間から10日で塗装、無料で代替機貸し出し可能。
  2. 来店プラン
    料金:25,000円 塗装したいiPhoneを店舗(東京・新宿)に持参し、2時間後から当日中に塗装、無料で代替機貸し出し可能。
  3. 出張プラン
    料金:30,000円 塗装職人を指定の場所に呼び出し、その場でiPhoneに塗装(時間は2時間程度)、出張エリアは東京23区内。
塗装できる対象機種は、iPhone6/6 Plus、iPhone6s/6s Plus、iPhone7/7 Plusとなっています。塗装するiPhoneの外装状態(本体が曲がっているなど)によっては、塗装できない場合があります。

すごいサービスですね。自分のiPhoneを好みの色に塗装できるのは嬉しいですね。少しお値段は素敵な金額ですが、自分が気に入ったカラーがある場合は、このサービスを利用してみるのも良いかもしれませんね。



↑このページのトップヘ