MacとBCLの時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのApple製品やBCL、デジカメに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。
Instagramもやっています。

デジカメ

こんにちは!Mac-BCL777です。

私が愛用しているミラーレス一眼のEOS M6ですが、レンズは、標準ズームレンズの15-45mm、単焦点レンズの22mm、望遠レンズの55-200mmの3本を使っています。

EOS Mシリーズ用のレンズは、広角レンズ1本、標準ズームレンズ1本、単焦点レンズ1本、高倍率レンズ1本、望遠レンズ1本、マクロレンズ1本の合計6種類しかありません。この辺りが、マニアの方には、レンズが少ないと言われているところだと思います。

確かにマイクロフォーサーズやソニーのαシリーズなどと比べると、種類が少ないと言われているところですね。しかし、私は、EOS Mシリーズを使うユーザー層を考えると、現状のレンズ6種類の構成は、とてもいいのではないかと思っています。確かに種類は少ないですが、広角、標準、単焦点、高倍率、望遠、マクロと1本ずつですので、迷うことが少ないですし、何よりまずまずの性能で、価格が安いのがいいと思っています。一番高い高倍率ズームレンズでも68,000円と、2〜6万円で入手できるのが良いと思います。EOS Mシリーズを使うユーザー層を考えると、マニアではなく、初心者向けでしょうから、レンズに迷わない程度のラインナップと価格の安さ重視で良いのではないかと思います。レンズ沼にハマることもありませんしね(笑)。

ということで、私はEOS M6シリーズのレンズにとても満足しています。

ちなみにEOS M用のEF-Mレンズの種類は、以前記事に書きましたので、そちらもご確認ください。

EOS M6



こんにちは!Mac-BCL777です。

デザインが気に入って購入したフードの直径が小さいレンズフード。以下の写真の左側が気に入って購入したレンズフードです。右側は薄型ですが、フードの直径が大きいので、使うのをやめようとしたレンズフードです。

IMG 0767

ですが使ってみると、フードの直径が小さいレンズフードには、大きな落とし穴がありました。45mm側の望遠側では特に問題がなかったのですが、15mmの広角側にすると、画角が広くなるため、レンズフードの影が写ってしまいます。これでは困ります。
  • 以前使っていた薄型のフードの直径が大きいレンズフードで撮ったとき。特に問題なしです。
  • IMG 0522

  • 見た目が気に入って購入したフードの直径が小さいレンズフードで撮ったときです。四隅にレンズフードの影が写っています。これでは使えませんね・・。
  • IMG 0523

まあ、影が出るのは、広角端にしたときで、望遠側にしたときは、レンズフードの影は写りません。ですが、このレンズを使う理由に、広角側15mmが使えるからでして、これではちょっと使えません。仕方がないので、元のフードの直径が大きい薄型のレンズフードに戻しました。

ということで、見た目は好みではありませんが、このフードの直径が大きいタイプのレンズフードでしばらくは使って行くことにしました。今は気になりますが、そのうち見慣れると思いますので、まあいいかな。

IMG 0745



こんにちは!Mac-BCL777です。

先日、15-45mmの標準ズームレンズ用のレンズフードを購入した記事を書きました。このときは、欲しいレンズフードが在庫切れだったので、試しにということで薄型のレンズフードを購入しました。しばらく使って見たのですが、やっぱり見た目が私の好みではないなーと思っていました。ちょっとフード部分の直径が広くて、今ひとつ好きになれないデザインでした。

購入して数日後、Amazonのサイトを見てみると、本来欲しいと思っていたレンズフードの販売が再開していました。買ったところだしなーと思ったのですが、899円と安いこと、やっぱり好みのデザインがいいということで、49mmのレンズフードを発注しました。
  • パッケージは当たり前ですが同じです。サイズ毎の違いはありません。
  • IMG 0761

  • 左側が本来欲しいなと思って今回購入したレンズフードです。右側の薄型レンズフードは、フード部分の直径が左側に比べて大きいです。この大きいところが、私にはちょっと気になっていたところです。私としては、左側の方が好みのデザインです。
  • IMG 0767

  • 前に購入した薄型のレンズフードを取り付けたところ。レンズの幅に比べて、かなりレンズフードの部分の直径が大きいことがわかります。このサイズの違いが、私には気になるところでした。
  • IMG 0745

  • 今回購入したレンズフードを取り付けたところです。レンズフードの直径が、ほぼレンズの幅に近くなっています。この方が見た目がいい気がします。私にはこちらの方が好みですね。やっぱり追加購入してよかったと思っています。
  • IMG 0765

ということで、ちょっと勿体無い気がしましたが、本来欲しいと思っていたレンズフードを購入しました。やっぱり見た目って大切ですよね。これで気に入ったデザインになりましたので、心置きなく使えますね。残った薄型のレンズフードですが、予備として保管しておきます。

ちなみに購入したレンズフードのAmazonの商品ページは以下の通り。




こんにちは!Mac-BCL777です。

愛用しているEOS M6ですが、EOSシリーズのレンズは、単焦点レンズでも、ズームレンズでもとても軽いです。写真は、左が「22mm単焦点レンズ」、右が「15-45mm標準ズームレンズ」になります。

IMG 0758

重さは105gと130g、あまり差がなく、ズームレンズが意外に軽いことがわかります。なんでだろうと思って、外してみるとズームレンズの軽さの秘密がわかりました。接続部分が22mm単焦点レンズは金属マウント、15-45mm標準ズームレンズはプラスチックマウントになっていました。丈夫さでは金属マンウントになりますが、軽さを追求してプラスチックマウントになったのでしょうね。

IMG 0760

私が一番使っているのは、15-45mmの標準ズームレンズですが、EOS M6の小型ボディーに軽いレンズで、とても持ち歩きしやすくなっています。やっぱりカメラは、持ち回りしやすくないと、持ち歩かなくなってしまいますので、Canonさんには、これからも軽いEF-Mマウントのレンズを提供して欲しいです。



こんにちは!Mac-BCL777です。

3日連続ですが、今日もレンズフードネタです。今回で最後です(笑)。EOS M6用のEF-Mマウントのレンズ、「EF-M15-45mm F3.5-6.3 IS STM」で使えるレンズフードです。取り付け部分の口径は49mmです。本当は昨日までに紹介した2本のレンズと同じモデルにしたかったのですが、在庫切れとのことと、薄型という言葉に惹かれて、この薄型モデルのレンズフードを購入しました。価格は899円(Amazon)でした。純正に比べると格安ですね。
  • パッケージはこんな感じです。同じメーカですので、昨日までのレンズフードと全く同じです。
  • IMG 0740

  • レンズフードを取り出してみました。先日購入した22mm単焦点レンズのものと見比べてみました。右側が今回購入した薄型と言われるレンズフードです。確かに薄いですね。ですが、レンズフードのガード部分の直径が大きくなっています。私としては、左側の22mm単焦点レンズのようにガード部分の直径が小さい方が好きなんですが、薄型化と強度の問題でしょうか、まあ、まずまずの見た目なので良しとしましょう。
  • IMG 0746

  • レンズフードを取り付ける前です。レンズプロテクターがついています。
  • IMG 0742

  • レンズプロテクターを外して、レンズフードを取り付けてみました。う〜ん、やっぱりガード部分の直径が大きいので、ちょっとすっきり感がありませんね。まあ、しばらくすると見慣れるでしょう。
  • IMG 0743

  • 正面から見たところです。やっぱりガード部分の大きさが気になりますね。
  • IMG 0744

  • レンズプロテクターを取り付けて、その上からレンズフードをつけてみました。ちょっと隙間が開いた感じがしますが、薄型ですのであまり気になりませんね。この辺は薄型だからですね。
  • IMG 0745

ということで、3日連続でレンズフードの記事でした。やっぱりレンズに何もつけないよりは安心感がありますね。レンズって本体から出ていますので、ついついぶつけがちになりますので、ついていると安心です。しばらくはこのレンズフードで過ごしたいと思います。純正品よりもデザインも良くて格安だったので、買ってよかったかなと思っています。

このレンズフードを購入したAmazonの商品ページのリンクは以下の通りです。興味がある方はご覧ください。




↑このページのトップヘ