MacとBCLの時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのApple製品やBCL、デジカメに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。
Instagramもやっています。

デジカメ

こんにちは!Mac-BCL777です。

デジカメを新調したので、試しに自宅から見える夜景を撮ってみました。最近のデジカメは、簡単に綺麗に撮れますね。夜景なので三脚を使いましたが、シャッターを押すだけ、夜景モードにして撮るだけでした。とても簡単ですね。写真は、日本一の高層ビルの「あべのハルカス」です。まだ60Fの展望台に登ったことはありませんから、機会があれば登ってみたいと思います。

no title



こんにちは!Mac-BCL777です。

ここしばらく、デジカメを触っていますが、感じたこと少し書きます。

電子ファインダーは少し画面が小さな感じがしますが、液晶画面が満足できる大きさでとても見やすいです。電子ファインダーより液晶画面の方がよく使いますね。で、以前のデジカメよりいいなと感じたのが、メニューをタッチパネルで操作できるようになったことでしょうか。かなり直感的なユーザインターフェースなので、目的の機能を簡単に画面タッチして呼び出せます。画面のタッチの感度も良好でいい感じで操作できます。以前使っていたデジカメもPanasonicでしたので、そのせいかもしれませんね。最近、デジカメを触るのが少し楽しいです。 

写真01



こんにちは!Mac-BCL777です。

以前使っていたデジカメ(Panasonic DMC-TZ7)は10年近く使っていました。結構、撮った写真の画質には満足していましたが、今回新しく買ったデジカメ(Panasonic DC-FZ85)は、やっぱり新しいだけあって画質がいいですね。なんというのか、レンズの性能がいいのか、以前のデジカメに比べて、画面が明るい感じがします。

製品仕様を調べて見ると、確かに新しいデジカメの方がF2.8、古いデジカメはF3.3で、レンズが明るいようです。購入価格は、そんなに変わらなかったと思いますので、この10年近くで技術が進化しなのでしょうね。もちろん、高価な一眼レフのデジカメには及ばないと思いますが、私には十分すぎる性能だと思います。

まだまだ機能は使いこなしていませんが、これから覚えていきたいと思います。撮影するのが楽しくなるかも。

写真02



こんにちは!Mac-BCL777です。

先日購入したデジカメ、Panasonic DC-FZ85用のオプション品を購入しました。

Option01

 必要なものを購入


最低必要なものを購入しました。購入したのは以下のものです。
  • Transcend SDHCカード 32GB Class10 UHS-I対応
  • Kenko レンズフィルター MCプロテクター
  • Kenko 液晶保護フィルム 液晶プロテクター
レンズフィルターのMCプロテクターですが、純正品のあるのですが高いので、Amazonで見つけたKenko製のものを購入しました。ちゃんとレンスに取り付けられました。これでレンズを守ってくれるでしょう。純正品の半額以下ですので、良かったと思っています。

液晶保護フィルムですが、このデジカメはタッチパネル対応で液晶に触れることも多いと思い、取り付けしました。指紋も付きますしね。かなり貼りやすい液晶保護フィルムでした。これで液晶パネルを触りまっくっても大丈夫です。

SDカードは64GBのものも考えましたが、そんなに一度に大量に写真を取ることはないと思いましたので、コストパフォーマンスの良いTranscend製の32GBのものを購入しました。

あと、予備のバッテリーパックとバッテリーチャージャーも欲しいなと思っています。少し物色して、近いうちに購入したいと思っています。



こんにちは!Mac-BCL777です。

先日の「おはようございます」の記事でも書いた通り、デジカメを購入しましたので、その開封レビューをしたいと思います。今までは使っていたデジカメは、小型のコンパクトデジカメだったのですが、今回は望遠もできるレンズ一体型のコンパクトデジカメにしました。見た目は一眼レフカメラのようですが、このタイプのカメラとしては軽量タイプだと思います。

では、開封レビュー、いざ出陣!

  • パッケージ(箱)はこんな感じ、かなりシンプルは箱です。Panasonicのデジカメは型番が「DMC-」となっているものがほとんどですが、このデジカメは「DC-FZ85」となっていて、Mがないのは何か理由があるのでしょうか。
  • 写真01

  • 箱を開けると、中はこんな感じ。結構スカスカでした。
  • 写真02

  • 箱から取り出してみると、こんな感じ。「本体」、「取扱説明書」、「USB充電のACアダプタ」、「バッテリーパック」、「ショルダーストラップ」、「USB接続ケーブル」、「レンズキャップ」、「レンズキャップひも」が入っていました。
  • 写真03

  • 本体、正面から見たところ。望遠レンズであることがわかる「20-1200」という数字が光っています。このデジカメの最大の売りである光学60倍ズームが使えます。高倍率の望遠を使うときは、手ブレ防止のため、三脚か一脚スタンドが必要でしょうね。
  • 写真04

  • 後ろから見たところ。液晶モニターの他に、電子ファインダーも付いています。この手のデジカメを買ったのは、私は初めてです。どんな使い心地なのか、今後試していきたいと思います。以前もPanasonic Lumixを使っていましたので、ボタンやスイッチの感じは、一緒ですね。使っていて迷うことはないかなと思っていますが、かなり多機能になっていますので、取扱説明書をよく読みたいと思います。
  • 写真05

  • 上から見たところ。フラッシュは本体に内蔵していますが、外付けのフラッシュも取り付けられます。私は使うことはなさそうですけど。
  • 写真06

  • 横(左側)から見たところ。蓋をあけるとHDMI端子とMicro-USB端子があります。Micro-USB端子で充電できるのは、いろいろなパソコンや汎用ACアダプタが使えるので、便利だと思います。以前使っていたLumixは、専用のバッテリーチャージャー式だったので、USB充電できるこの機種の方が良いなと思います。
  • 写真07

  • 横(右側)から見たところ。4Kフォト、動画が撮影できる「4K」という文字が目立ちますね。個人的には動画の撮影はしないと思いますので、静止画で4Kフォトを撮って見たいと思っています。あと、この機種の売りである光学60倍ズームの「60x」の文字も目立っています。
  • 写真08

  • フラッシュを出したところ。やっぱり今まで使っていた小型のLumixよりは明るかったです。まあ当たり前ですね。
  • 写真09
開封レビューは以上です。私のようなカメラ初心者にはちょっと難しそうなデジカメですが、綺麗な写真を撮りたいと思って書いましたので、頑張って使い方を覚えたいと思っています。上級の一眼レフカメラの半額以下の価格ですが、私には十分なデジカメではと思っています。



↑このページのトップヘ