MacとBCLの時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのApple製品やBCL、デジカメに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。
Instagramもやっています。

Apple Watchアプリ

こんにちは!Mac-BCL777です。

私がApple Watch Series 6 Nike モデルにインストールしているアプリをご紹介しておきたいと思います。と言っても、まだ、Apple Watchを使い始めて1ヶ月経っていないので、そんなにたくさんのアプリを試したわけでもないですし、インストールもしていませんが、今のところ、以下の通りで落ち着いています。基本的に私はiPhone 11にもあまりアプリは入れていませんので、Apple Watchも同様で、必要なものしか入れていません。理由は、起動するのにアプリのスクロールを減らしたいからなんですけどね。

と言うわけで、インストールしているApple Watchのアプリ
  • Auto Sleep (有料:490円) 睡眠ログアプリ
  • Just Press Record (有料:610円) 録音文字起こしアプリ
  • Duffy (無料) 歩数計
  • こよみ (無料) カレンダー、スケジュール確認アプリ 有料版のProもありますが、私には無料版で十分
  • ThermoWatch+ (無料) 体温記録アプリ
  • PayPay (無料) 電子決済アプリ
  • Yahoo防災速報 (無料) 防災速報通知アプリ
以上の7つのアプリだけです。あとはApple Watchの最初から入っているアプリをそのまま使っています。毎日使っているのは、Auto Sleep、Duffy、ThermoWatch+、PayPay、こよみ、標準で入っているワークアウト、ヘルスケアです。毎日30,000歩以上ジョギング&ウォーキングしていますからね。毎日の体温、体重、消費カロリーなどを確認しています。Apple Watchを持っていない時でも、ある程度はヘルスケアアプリで利用できたのですが、Apple Watch 6を購入して、より活用できるようになったという感じですね。

毎日、運動をサボらないためにも、こうやって、はっきりと数値で出てくるiPhoneやApple Watchなどのアプリがあると、モチベーションアップにつながります。

IMG 4136



こんにちは!Mac-BCL777です。

今日は、Apple Watchを購入したら、必ず使ってみようと思っていた睡眠ログアプリ「Auto Sleep」について書きたいと思います。このアプリ、Apple Watchユーザーの間では人気のアプリのようで、ほとんどの方が使っているようです。有料のアプリですが、最近流行のサブスク課金ではなく、買い切りなので、その辺りも親切で実用的なアプリだと思います。価格は490円です。

私は実はショートスリーパーなので、睡眠ログで自分の睡眠状況を確認したいなと思って購入しました。いつも22時を目標に寝ることにしているのですが、目が覚めるのは、大体03:00前です。Auto Sleepでもその通りの睡眠ログになっていますね。睡眠時間は3時間46分で、ベットに入って眠るまで35分かかっています。すぐに眠れない体質が分かりますね。ただ、眠ると結構深い睡眠が取れているようで、2時間25分の深い眠りが取れているようです。なので、睡眠時間の短さの割に、寝起きが悪いということは感じていません。ログの通りですね。こうやって、自分の睡眠状態が数値でわかると、眠りが浅い時間が長い時は、体調が良くないなどがわかるので良いですね。まだ使い始めて一週間ほどですが、490円支払った価値はあるなと思っています。Apple Watchを購入者から人気があるのが分かりますね。

IMG 4108 IMG 4109



こんにちは!Mac-BCL777です。

昨日は、試しに入れたApple Watch用のアプリの整理をしていました。要は入れたけど、使いにくい、使えないアプリについて、Apple Watchから削除しました。削除したのは以下のアプリです。
  • Better Day(より良い日) 有料アプリ:250円
  • RadikoとRadiko for Watch
  • Y!天気
  • 乗換案内
Better Day(より良い日)は、あるYouTubeのApple Watchの評価サイトで「使えるアプリ」として評価されていたので、有料250円ですが、入れてみました。確かに標準のカレンダーアプリは、当月しか確認ができません。Better Day(より良い日)アプリは前年と当年と来年の3年分のカレンダーが表示できて、一瞬便利かなと思いましたが、実はこのアプリ、登録されているスケジュールが確認できなくて、ただ単にカレンダーが表示されるだけなんですね。当日のスケジュールしか表示できないとはいえ、標準のカレンダーアプリはスケジュールが確認できます。私はスケジュールが確認したいので、標準のカレンダーアプリの方がマシだということで、250円払いましたが、削除しました。Apple Watchは画面が小さいので、アプリリストに表示される数は減らしたいのでね。代わりに「こよみ」というカレンダーアプリを見つけました。このアプリPRO版は有料ですが、無料版でも12ヶ月分のカレンダー表示、当月のスケジュールが確認できます。日付を押しても、当月のスケジュールが全てリスト表示されるところだけが残念ですが、一応、当日や明日以降のスケジュールが確認できるので、Better Day(より良い日)アプリよりは、ぜんぜん使えるなと思って、こちらをインストールしました。ただ、私の使っている文字盤のサブダイヤルコンプリケーションに入れると日付が表示されなかったので、とりあえずコンプリケーションは、標準のカレンダーアプリにして、未来、過去のスケジュール確認は、「こよみ」を使うことにしました。Dockに登録したので、まあ呼び出しやすくはしています。

Radikoですが、このWatchアプリは、iPhoneでRadikoが起動していないと使えないので、iPhoneを取り出さないといけません。これだとWatchアプリは単なるリモコン、しかも全機能使えないので、意味がないと思って、このアプリも削除しました。

Y!天気アプリは、Apple Watchだと画面が小さくて、雨雲レーダーとかし使い物にならないので削除。乗換案内もiPhoneで検索した結果が表示できると思ってインストールしましたが、できなかったこととやっぱりiPhoneで見た方が見やすいので削除しました。

こうやって使えるアプリだけに絞っていかないと、Apple Watchでは使いにくいので、一旦整理しました。これからも試行錯誤して、使えるアプリのみインストールするようにしたいと思っています。ちなみに私は、iPhoneでアプリをインストールするオプションで「Watchアプリがあれば自動インストール」というのをオフにしています。勝手にインストールされると困りますからね。

IMG 4105



こんにちは!Mac-BCL777です。

Apple Watch Series 6 が届いてから1週間が経ちました。文字盤やコンプリケーションの設定など、いろいろと試行錯誤してきましたが、だいたい固まってきて、使いやすくなってきましたので、私の文字盤とコンプリケーションの設定をご紹介します。

以下のような感じで、落ち着きました。文字盤は「インフォグラフ」で、バッテリーの消耗を抑えるためにバックカラーはブラックにしています。OLEDですので、ブラックだと電力の消費を抑えられると考えてのカラーの設定です。

IMG 4099

コンプリケーションは、全部で8つ設定しています。
  1. 外側の左上は、Duffyという歩数計を設定しています。ひと目で今日歩いたりジョギングした歩数がわかるようにしています。
  2. 外側の右上は、ノイズを測るコンプリケーションです。私は突発性難聴で右耳が聞こえませんので、左耳に過度の負担がかかっていないか、外部の騒音レベルを見るために設定しています。
  3. 外側の左下は、PAYPAYを設定しています。よく使っている電子決済ですので、すぐに起動できるように設定しています。DockにもPAYPAYは登録していますが、手数が多くなるので、コンプリケーションとして設定しています。
  4. 外側の右下は、アクティビティを設定しています。1日の運動による消費カロリー、運動時間などが確認できます。毎日ジョギングをしていますので、その消費カロリーの確認のために設定しています。目標にもなりますしね。
  5. 内側の上は、標準のカレンダーを設定しています。タップすると、当日のスケジュールも確認できます。欠点は当日のスケジュールしか確認できないのと、カレンダーも当月しか見れないこと。月末とかは不便ですね。いろいろとカレンダーやスケジュールアプリを探していますが、有料の割には、使い勝手があまりよくなさそうなので、標準のカレンダーを使っています。何かいいアプリが見つけられればいいんですがね・・・。
  6. 内側の左ですが、標準の天気アプリの降水確率を表示しています。表示は現在の時間の降水確率ですが、タップすると24時間の降水確率が確認できますので便利です。また、タップしてから、時間毎の予想気温なども確認できるので、なかなか便利です。
  7. 内側の右は、UTC(世界標準時)を表示しています。趣味がBCLですから、UTCはラジオを聴いていると確認したくなりますので、すぐに確認できるように設定しています。
  8. 内側の下は、Apple Watchのバッテリー残量を表示しています。Apple Watchは、バッテリーの持ちが悪いので、気付いたらバッテリーが切れていた、なんてことにならないように、残量をすぐに確認できるようにしています。充電の目安にもなりますしね。
というわけで、届いてから1週間使ってみて、やっと落ち着いたApple Watchの文字盤とコンプリケーションの設定のご紹介でした。皆さんの参考になればと思います。これからも便利なアプリがないか、探してみて、もっとApple Watchを便利に使いたいと思っています。今回は、文字盤とコンプリケーションのご紹介でしたが、そのうち、今使っている健康ログを記録するアプリとかも使っていますので、使い方が落ち着いたら、ご紹介したいと思っています。



↑このページのトップヘ