MacとBCLの時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのApple製品やBCL、デジカメに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。
Instagramもやっています。

デジカメ

こんにちは!Mac-BCL777です。

オリンパスのデジカメ用のロワジャパンのバッテリーですが、オリンパス純正のバッテリー充電器でもちゃんと充電できました。ロワジャパンのバッテリーを買ったときにUSB充電器が付いていたのですが、ちょっとサードパーティー製ということで、信用できないので、オリンパス純正の充電器を使うようにしています。

IMG 2509



こんにちは!Mac-BCL777です。

オリンパスのOM-D E-M10 Mark3 用に購入した、ロワジャパンの互換バッテリーですが、今のところ使えていますね。USB充電器付きでバッテリー2個で1,890円(税込)の安さに惹かれて買ってしまったので、ちょっと心配だったんですが、ちょっとホッとしています。

このまま、互換バッテリーが使えるように祈りたいと思います。っていうか、オリンパス純正のバッテリーが高すぎなんですよねぇ。

IMG 2309



こんにちは!Mac-BCL777です。

先日デジカメを使っていたら、「このカードは使えません」というメッセージが表示されて使えなくなりました。他のSDカードを入れて見ると使えます。どうしたんだろうと思って、フォーマットしようとしても受け付けずで、何度か入れ直しているうちに、というか、カメラのモードをオートモードから絞り優先モードに変えてからフォーマットしたら、うまくいきました。接触不良だったんでしょうか。まあ今は使えているのでいいのですが、買い換えた方がいいかもしれませんね。

IMG 2464

買い換えるとしたら、どのメーカーでどのタイプがいいのでしょうね。UHS-Ⅱに対応しているので、ちょっとお高くてもそれにした方がいいのでしょうかね。でも、そんなに高価なデジカメでないので、今と同じで容量の大き目にものにしようかなと思ったりしています。やけに安いもの、マイナーなメーカー、逆輸入品とかはトラブルが多いのでやめたいと思います。



こんにちは!Mac-BCL777です。

私の使っているデジカメ「OLYMPUS OM-D E-M10 Mark3」ですが、WiFi内蔵で、専用アプリ「OI.Share」でスマートフォンと手軽に接続できますと、アピールしていますが、私にとっては大して便利ではありません。少し離れたところから、デジカメのシャッターを切るときくらいしか使いません。GPS情報を転送できるのはいいのかもしれませんが、使わないですね。

それより、スマホとは接続できるのに、なぜパソコンとは接続できないのでしょうか。私だけかもしれませんが、写真の加工や、インスタやブログにアップする写真の編集は全てパソコンで行います。なので、パソコンで使えないのがとても不便です。iPhoneで撮影した写真なら、iCloudやAirDropで簡単に連携できるので、写真をササッと加工して、インスタやブログにアップできます。この辺りはやっぱりApple製品同士なので、とても便利ですね。

ソフトウェアとハードウェアは別々のメーカーで開発する方がいいとか行っていた時期がありますが、スティーブ・ジョブズの言った通り、ハードウェアとソフトウェアを同じメーカーが作るから、より便利な製品が開発できるんだと言っていた通りですね。フォームウェアのアップでいいので、「OM-D E-M10 Mark3」も、iCloudやAirDropに対応してほしいものです。

パソコン連携



こんにちは!Mac-BCL777です。

昨日は、午前中に天王寺で鉄道写真を撮ろうと思って行ってきました。ただ電車を撮るだけでは面白くないので、撮影スポットに良さげな阪堺電車上町線の松虫駅周辺から写真を撮りました。ここから天王寺駅までは2駅程度の距離ですので、路面電車の後方にちょうどあべのハルカスが見えますので、時代を感じさせる「ちん電」と日本一の超高層ビルのあべのハルカスの対比が面白いかなと思って、撮影しました。
  • 古い車両とあべのハルカスです。望遠レンズの最短で撮ったのですが、ビルがギリギリです。古い電車のカラーがいいですね。
  • P3050036

  • 標準ズームレンズに変えて撮ってみました。こっちの方がいい感じの写真ですね。
  • P3050077

  • 最新車両の堺トラムとあべのハルカスです。
  • P3050054

松虫駅を降りたところから、ちょうど専用軌道で無くなるので、写真が撮りやすいスポットです。帰りは健康のため、約3.5kmを歩いて帰りました。




↑このページのトップヘ