MacとBCLの時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのApple製品やBCL、デジカメに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。
Instagramもやっています。

デジカメ

こんにちは!Mac-BCL777です。

最近気に入って使っているコンデジ、SONY RX100M3ですが、ふと連写性能が気になったので、どのくらい連写できるのか試してみました。

結果は、通常Jpegだと80枚、エクストラファインJpegだと50枚、RAWだと29枚、Jpeg+RAWだと26枚でした。私はエクストラファインのJpegで撮っていますので、50枚、まあまあの連写バッファではないでしょうか。

連写を使うことって、そんなにありません。鉄道写真を撮るときぐらいですね。コンデジにしては、結構バッファがあるので、安心して撮れますね。久しぶりに鉄道写真でも撮ってみようかと思っています。

IMG 2193



こんにちは!Mac-BCL777です。

今日はスマホのカメラとデジカメの使い分けについて書きたいと思います。

私は、デジカメも持っていますが、どうしてもiPhone 8 のカメラで撮ることが多くなっています。理由は簡単、スマホのカメラの方が急なシャッターチャンスの時にすぐに起動して撮影できるからです。SONY RX100M3というコンパクトカメラも持っていますが、起動にちょっと時間がかかること、カバンから出すのに時間がかかるので、写りはいいのに出番が少ないです。あと、お店とか人の多いところで、デジカメを出すのは、ちょっと他人の目が気になることもあります。なので、iPhone 8 のカメラを使うことが多くなってしまいます。最近では、iPhone XSのカメラのポートレートモードが羨ましいなあと思ったりしています。いくら写りが良くても、手軽に使えないとカメラはダメなのかなあと最近思っています。

IMG 2094



こんにちは!Mac-BCL777です。

SONY RX100M3を使った写真の撮り方の本を買いました。Amazonの電子書籍で390円でした。安かったのはいいですが、読んでみると、ちょっとわかりにくい感じ。RX100M3の設定の仕方などが具体的に書いてあるのかと思いましたが、ちょっと残念な本でした。やっぱり安いからといって買うのは良くないですね。電子書籍は安いのですが、内容の確認ができないのが残念です。この手の本は、やっぱり本屋さんで見てから買う方がいいですね。

RX100M3



こんにちは!Mac-BCL777です。

デジカメ「SONY RX100M3」を購入してから2ヶ月ほど経ちました。小型なのでウエストポーチにも入りますので、とても手軽に、出かけるときはRX100M3を持ち出すようになりました。

やっぱりレンズ交換不要、小型なので、どこでも写真が撮れるようになりました。今までだと、「今日はデジカメを持って行くべきか?」と悩んでいましたが、悩まずに持ち出すようになりました。しかも小型なので、周りを気にせずに写真を撮れるようになりましたね。

確かにもう1台のデジカメEOS M6は、画質が良いのですが、少し大きいのと、レンズ交換しないといけないので、持ち出すには、いつも「持ち出すぞ!」と気合いを入れていました。なので、なかなか持ち出しませんでしたね。

最近思うのですが、写真って、気合いを入れて撮るものではなく、気軽にスマホみたいな感覚で撮っていいものだと思います。なので、RX100M3の出番が多くなっています。

RX100M3に大きな不満はないのですが、やっぱり望遠がもう少し欲しいなあと思うときがありますが、まあ、それは自分が動くということで、頑張ります。お金があれば最新のRX100M6をあればいいかもしれません。200mmの望遠が扱えますからね。

どうやら、私にとってのデジカメの重要な要素は、小型で持ち歩きやすいというところのようです。カバンに放り込んで持ち運べるデジカメは便利でいいと思いますよ!

IMG 1462



こんにちは!Mac-BCL777です。

SONYのコンデジ、DSC-RX100M3を購入してから1ヶ月ほど過ぎました。いろいろと撮影しては見ていますが、今ひとつ満足のいく写真が撮れていません。ということで、勉強がてらAmazonで「Cyber-shot RX100M3脱・初心者マニュアル」という本を電子ブックで購入しました。440円と安かったです。

私は基本絞り優先オートで撮影していますが、この本も絞り優先オートでの撮影のコツを書いてくれているようですので、役に立つかなと思っての購入です。写真の撮り方のコツをつかめればいいですね。

RX100M3Book



↑このページのトップヘ