MacとBCLの時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのApple製品やBCL、デジカメに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。
Instagramもやっています。

周辺機器

こんにちは!Mac-BCL777です。

今日は、ThinkPad X240sで使っている外付けキーボードについて書きたいと思います。

 キータッチがパソコン本体と同じで使いやすい外付けキーボード


デスクトップスタイルでThinkPad X240sを使っていますが、外付けで使っているキーボードは、ThinkPad純正のキーボードを使っています。これが、なかなかキータッチがいいキーボードでして、とても気に入って使っています。パソコン本体のキーボードと変わりがないキータッチですので、違和感なく使えています。

写真01

価格は有線キーボードの割には、ちょっとお高めかなと思いますが、色々と試してみて、このキーボードが一番しっくりと来ていますので、購入しました。テンキーがあれば、さらに良いと思いますが、慣れましたので、問題はありません。

有線のキーボードにした理由は、価格とBluetoothキーボードは、結構接続が切れるので、使いたいときにつながらないというストレスを感じたくなかったためです。

ThinkPadの売りであるトラックポイントですが、私はあまり使いません。トラックポイントは、結構指に力が必要なので、広い4Kデスクトップでは、マウスポインタの移動に疲れるので、マウスを使っています。

キーボードはJISタイプを使っています。英語配列は、Enterキーが小さいので、私は好みではありません。ひらがなと英語表記があり、デザインが悪いという方もいますのが、私は気になりません。

なかなかすべての条件を満たす外付けキーボードはありませんでしたが、このThinkPadキーボードは、とてもよくできていると思います。Bluetoothタイプもありますので、無線派の方は、そちらを購入されると良いと思います。

以上、ThinkPadトラックポイントキーボードでした。





こんにちは!Mac-BCL777管理人です。

今日は、MacBookなどのノートパソコンやiPadなどのタブレッット端末用のミニスタンドのご紹介です。
MacBookなどのノートパソコンで作業していると、もう少しキーボードに角度があったら、入力しやすいと感じる時がありますよね。で、探してみるとありました。MacBookの下に入れると、角度が調整できる
商品が!それが、今日ご紹介する「Just Mobile Lazy Couch」です。

本製品の使い方は以下の通り。

使わないときは、写真のように2つをくっつけて1つにすることができます。持ち運びに便利です。

写真01


外すとこんな感じ。裏表で写真を撮ってみました。

写真02


実際にスタンドのMacBookを乗せるとこんな感じ。両面がラバー製なので滑り止めになり、角度がついた状態でも、MacBookが安定します。

写真03


MacBookを開くとこんな感じ。載せ方次第でキーボードの角度を調整できます。

写真04


MacBookの正面から見た感じ。

写真05


使ってみると、適度な角度がついてキーボード入力がしやすくなります。角度はMacBookの載せ方で調整できますので、好みの角度に調整できます。もちろん、MacBookなどのノートパソコン以外のタブレット端末でも利用することができます。キーボードが入力しやすくなると、作業がはかどりますので、とても役にたつスタンドだと思います。また、キーボードが打ちやすくなるだけでなく、パソコンに下部に空間ができますので、放熱効果もあり、特に夏場には活躍することでしょう。まあ、MacBookはファンレスのパソコンですので、熱が出る量は少ないですが、それでも熱は持ちますので、放熱出来ると助かります。持ち運び時には、1つにまとめることもできますので、持ち運びもしやすく、便利です。カバンのポケットに簡単に治りますので、とても便利です。

以上、「Just Mobile Lazy Couch」のレビューでした。ノートパソコンでキーボードに角度が欲しい時や、熱対策したい時に便利なグッズだと思いますので、興味がある方は使ってみてください。





こんにちは!Mac-BCL777管理人です。
今日は、BCL周辺機器、アペックスラジオのローパスフィルタ(05M-LPF)をご紹介します。

長波放送を聞いていた頃に購入した製品です。
当地では、近くに666kHz、828kHzのNHK大阪放送の送信所があるため、長波帯にも盛大にお化けが出ます。それらのお化けをなくすために購入したのが、アペックスラジオのローパスフィルタ(05M-LPF)です。最近は、長波放送のラジオ・ロッシなど、放送がなくなりましたので、聞くことは無くなりましたが、当時はこのローパスフィルタを入れることでお化けも出なくなり、綺麗に受信できました。

このローパスフィルタは、450kHz以下を通す特性を持っています。この特性のおかげでお化けがなくなるわけです。
PerseusのHF SPanで、この特性を見てみるとこんな感じになります。
写真02
450kHz以上が弱められていることがわかると思います。

このローパスフィルタには、パススルースイッチも付いていますので、簡単にON、OFFが可能です。
写真01

私は、ALA-1530S+と受信機の間に入れていました。現在は長波を聞くことがなくなったので外していますが、聞いていた当時は、とても役に立つ周辺機器でした。

現在は、アペックスラジオで在庫切れのため、販売はしていないようです。(2016年9月4日現在)

以上、BCL周辺機器、アペックスラジオのローパスフィルタ(05M-LPF)のご紹介でした。



こんにちは!Mac-BCL777管理人です。

今日は、「MacBook 12インチ用マグネット式プライバシーフィルム MBG12PF」をご紹介いたします。MacBookを外出先などで使っていると、周りの方から見られているのが気になったりしませんか?そんな時に役に立つのがプライバシーフィルムです。しかし、普通のプライバシーフィルムは、画面に貼り付けるタイプの商品がほとんどです。家に戻った時とか、隣の人に画面を見せ合い時とか、一時的にプライバシーフィルムを外したいこともありますよね。今日ご紹介する商品は、そんな時にも対応できるプライバシーフィルムです。使ってみた感じをレビューしたいと思います。

まず、パッケージはこんな感じ。

写真01



続きを読む



こんにちは!Mac-BCL777管理人です。

今日はUSB-A端子をUSB-C端子に変換するアダプタをご紹介します。
MacBookは、周辺機器を接続する端子がUSB-C端子ひとつしかありません。世の中でUSB-Cの製品が、まだ少ないですので、USB-C端子に変換するアダプターが欲しいなと思いましたので探してみました。探してみるといくつかありましたが、その中で安価なUSB-C変換アダプタを見つけましたので、ご紹介します。

製品名:dodocool USB-C to USB-A Adapter

製品仕様ですが、dodocoolもメーカサイトを見ると、
インターフェース:USB 3.1 Type-C connectorと、USB 2.0 port
商品サイズ:31.5mm×14.7mm×7.41 mm
重さ:5g
となっています。ページ下部にメーカサイトへのリンクを貼っておきます。

私はAmazonで購入しましたが、価格も税込299円と他のメーカよりかなり安いです。作りもしっかりしていて、とても良い感じです。

外観です。上から見ると、こんな感じ。
写真01

USB-C側から見ると、こんな感じ。
写真02

USB-A側から見ると、こんな感じ。
写真03

実際にUSBメモリをMacBookと接続したところはこんな感じ。
写真04

問題なく使うことができました。私のMacBookでの利用実績は、USBメモリ、USBオーディオインターフェースで利用できました。Amazonで安く購入することができますので、オススメです。MacBookをお持ちの方は、ひとつ持っておくと便利だと思います。

dodocoolのメーカ商品サイトは こちらからどうぞ。(英語サイト)2016年8月29日現在のリンクです。
海外メーカの製品ですので、保証等に不安を感じる方は、国産メーカのアダプタを購入された方が良いと思います。

以上、dodocool USB-C to USB-A変換アダプタのご紹介でした。

Amazonの商品サイトへは以下のリンクからどうぞ。2016年8月29日現在のリンクです。


 
 



↑このページのトップヘ