MacとBCLの時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのApple製品やBCL、デジカメに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。
Instagramもやっています。

Apple関連

こんにちは!Mac-BCL777です。

ロイター通信によると、台湾のサプライチェーン関係者は、Appleが11月と12月にiPhone 8とiPhone 8 Plusの注文を約50%削減したと伝えています。この影響か、Appleの株価は 1.5%減少しています。

XiPhone8

iPhoneの歴史上で、こんなにサイクルの早い段階で生産が削減されたことは、おそらく初めてのことだと言われています。やはり、「iPhone X」の販売がもうすぐ始まることから、買い控えが起こっているからなのでしょう。

Appleが考えているほど、「iPhone 8/8 Plus」の先行発売の需要がなかったということですね。あと、「iPhone 7/7 Plus」との差別化もできなかったため、安価な「iPhone 7/7 Plus」にユーザが流れているとの話もあります。

一方で楽観的な解釈としては、多くのユーザーが、「iPhone 8/8 Plus」の購入を待って、価格が高い「iPhone X」を購入したいと考えているということがあります。

「iPhone X」への需要が多いと見て、Appleは、「iPhone 8/8 Plus」と「iPhone X」の生産が比率を50:50から30:70にする可能性があります。「iPhone 8/8 Plus」の50%削減するは、そのための影響ではないかとアナリスト達は見ているようです。



こんにちは!Mac-BCL777です。

Mac miniは、今週3回目の誕生日を迎え、前回アップデートされてから3年が経過しました。

MacRumorsによると、同サイトの読者であるKrar氏が、Appleのティム・クックCEOに対し、「Mac mini」のモデルチェンジついて問い合わせたところ、「現時点で詳細を共有することはできないものの、我々はMac miniを将来の重要な製品ラインナップの一部だと考えている」との返答があったことが分かりました。

Mac mini 2014 gallery

ただ、Appleのワールドワイドマーケティング担当上級副社長のフィル・シラー氏も、今年4月に「Mac miniはラインアップ上重要な製品なので終了させることはないが、現時点でそれ以上語ることはない」と述べており、Appleの「Mac mini」に対するスタンスは基本的には以前より変わりないようです。

重要な製品と語られているものの、現時点ではMac miniに関する噂はありませんので、次回のモデルチェンジは来年以降になるのでしょうね。

私の自宅では、家内専用のMacとして、Mac miniを使っています。一番安価なモデルにメモリを追加したものです。まあ、家内の使い方であれば、Web閲覧がメインですので、十分に動作しています。でも、3年もモデルチェンジがないというのは、進化の早いパソコン業界では、ちょっと考えられませんね。Appleさん、Mac miniのアップデートをお願いしますよ!



こんにちは!Mac-BCL777です。

Appleユーザにとっては、あまり気分の良くない評価記事かもしれません。権威ある消費者団体専門誌として知られる「Consumer Reports」が、iPhone8のスコアを100点満点中「80」としました。これは、2017年4月に発売されたGalaxy S8の「81」よりも低い数値です。

IPhone8

iPhone8は、iPhone7と外観こそほぼ同じではあるものの、チップは最新CPUの「A11 Bionic」を搭載し、未発売のiPhone Xにヒケをとらない性能を誇っています。

ですが、「Consumer Reports」によれば、iPhone8/8 Plusのスコアはともに「80点」。しかも点数こそ2016年に発売されたGalaxy S7と同じではあるものの、ランク別では3位のGalaxy S7に対し、iPhone8 Plusは4位、iPhone8が5位となっています。上位1〜3位をGalaxyに独占、iPhone 8/8 Plusは、その下となる評価でした。

18カ月も前に発売されたGalaxy S7がiPhone8を上回った理由として、同誌は携帯性や駆動時間、電話の質などを挙げています。

まあ、iPhone 8が、Galaxy S7よりも低い評価とは、ちょっと驚きですね。ですが、確かに性能の割に割高感があるiPhone 8ですから、総合的に見て、評価が低くなったのかもしれません。

(via BGR)



こんにちは!Mac-BCL777です。

「iPhoneでFMラジオを聴けるようにするべきだ」という全米放送業者協会の主張に対して先日、Appleが現在の最新型iPhoneに搭載されているチップにはFMラジオを受信する機能がないと回答しました。しかし、全米放送事業者協会は引き下がっておらず、iPhoneにラジオ受信機能を搭載すべきと主張しています。

Fm radio iphone

8月から9月にかけて、アメリカ南部に大きな被害をもたらしたハリケーンのあと、停電や携帯電話ネットワークが利用不能になり、最新の気象情報を入手できなくなる人が続出したこともあり、iPhoneでのラジオ受信機能搭載の議論が再び盛り上がりました。

しかし、Appleは、「iPhone7とiPhone8には、FMラジオに対応したチップを搭載しておらず、アンテナもFMラジオを受信するようには設計されていません。」との声明を発表し、現行のiPhoneではFMラジオ受信ができない理由を説明していました。

全米放送事業者協会は、Appleの声明発表後も、iPhoneにFMラジオ受信機能を追加すべきと改めて主張しています。

確かに、災害時などは停電だったり、携帯電話のネットワークが使えなくなることが多々ありますので、通信インフラが止まっていても情報を流すことのできるFMラジオというのは、重要な情報収集手段だと思いますね。そういえば、以前発売されていたiPod nanoには、FMラジオ受信機能が搭載されていましたので、技術的には問題がないと思います。

今後、iPhoneへのFMラジオ搭載に関する議論が再燃する可能性もありますね。

(via Mac Rumors)



こんにちは!Mac-BCL777です。

IPhone

Reutersによると、アメリカでは最近発売されたばかりの「iPhone8」よりも「iPhone7」のほうが売れていることがわかりました。

iPhoneは、毎年新モデルが発売されると、Apple Storeに行列ができ、飛ぶように売れるのがこれまでのパターンでした。しかしながら、今年発売されたiPhone8は、これまでと異なる売れ方を示しています。

米携帯キャリアのAT&Tによると、月払い契約の更新は前年の第3四半期と比べて900,000回線少なくなっており、証券委託売買会社のJefferiesは、「iPhone8」の需要の弱さが原因だとみています。 「iPhone X」を待っているアメリカのユーザー KeyBanc Capital Marketsのアナリストであるジョン・ヴィン氏は、「多くのユーザーはiPhone8に電話機としての十分な性能向上がなされていないと考え、安価なiPhone7を選ぶ傾向にある」と顧客向けのメモに記載しています。

また、ヴィン氏の考察には、多くのユーザーは「iPhone X」の購入を待っているとも記されています。まずは「iPhone X」の発売を待ってから「iPhone8」など他モデルを購入を考慮したいというのが顧客の考えだとみています。

Albion Financial Groupのジェイソン・ウェア最高投資責任者(CIO)は、「「iPhone7」や「iPhone8」の販売による利益の低下を心配する必要はない。「iPhone X」は真のフラグシップモデルで、強い買い替えサイクルを示すはずだ」とコメントしています。

確かにiPhone7と似ている「iPhone 8/8 Plus」を急いで買わなくても、「iPhone X」を確認してから買いたいとユーザなら思いますよね。そうなると、待っているユーザーは基本的に「iPhone X」を購入するような気がします。ということは、「iPhone 8」、「iPhone 7」による「iPhone X」への売上の影響はないのかもしれません。ただ、「iPhone8」と「iPhone7」のどちらかを選ぶとなると、ワイヤレス充電ぐらいしか、性能差があまり感じられないので、「iPhone7」を購入する人が多いのかもしれません。



↑このページのトップヘ