MacとBCLの時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのApple製品やBCL、デジカメに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。
Instagramもやっています。

Apple関連

こんにちは!Mac-BCL777です。

Laptop Magによると、先日発売されたばかりのMacBook Pro(2018)のSSDのベンチマークテスト結果を載せています。

MacBook ProのSSDのファイルコピーテストを以下の表の通り。4.9GB相当のデータを複製するスピードでは、毎秒2,519MB/sの速度で、2秒かかりませんでした。これは他のメーカーのノートPC製品よりも6倍も高速でした。激速ですね。Appleは、macOSのAPFSで、Instant Cloningと呼ぶ技術を使って、ファイルファイルのコピーを高速化するように設計しています。

FileCopy

以下はGeekBench4での性能測定結果です。

Geekbench



こんにちは!Mac-BCL777です。

Photoshop

MacRumorsによると、Adobe Systemsが2019年中に、iPad向けのPhotoshopの「完全版」をリリースするとのことです。Adobeは10月開催のクリエイティブイベントAdobe MAXで、同アプリを披露する予定とのことです。

Adobe Systemsのクリエイティブ・クラウド部門の責任者であるスコット・ベルスキー氏は、Photoshopなどの人気アプリをiPadなどのモバイルデバイスでも利用できるよう開発を進めている事実は認めましたが、製品のリリース時期についての明言は避けました。

Adobe Systensは、PhotoshopのiPad対応版は、できるだけ早くリリースしたいとしていますが、iPadのようなデバイスに対応させるためには、対応しなければならないことが多くあるので、もう少し時間がかかるとしています。

iPad向けPhotoshop完全版は、「Photoshop CC for iPad」と命名される予定です。ダウンロードは無料ですが、すべての機能を利用し、デスクトップ上のPhotoshopと同期させるには、月額9.99ドル(約1,100円)のCreative Cloudサブスクリプションが必要になると見られています。



こんにちは!Mac-BCL777です。

Apple

MacRumosによると、Apple関連の情報で定評のあるアナリストMing-Chi Kuo氏が、Appleの新製品に関する最新のレポートを公開し、2018年下半期には次期「iPhone」シリーズが発表される他に、Mac製品の発表もあると予想しています。

Ming-Chi Kuo氏が2018年下半期に発売されると予想している製品は下記の通りです。
  • iPhone
    5.8インチと6.5インチの有機ELディスプレイ搭載モデルと6.1インチの液晶ディスプレイ搭載モデルの計3モデルが発売。3モデルともFace IDやA12プロセッサが搭載され、5.8インチと6.5インチモデルはデュアルレンズカメラを搭載するとのこと。

  • iPad Pro
    ベゼルレスでホームボタンがなくなったデザインになり、Face IDを搭載する。11インチと12.9インチモデルが発売されるとのこと。

  • Mac mini
    CPUがアップグレードされたモデルの登場が予想されており、デザインの変更があるかは不明。

  • MacBook Pro / MacBook
    CPUのアップグレードされたモデルが発売されるとのこと。

  • 新しい低価格のMacBook
    MacBook Airに代わる低価格のノートPCとして登場するとのこと。

  • iMac
    ディスプレイ性能の大幅なアップグレードが行われると予想され、CPUもアップグレードされるものと予想されています。

  • Apple Watch
    ディスプレイが大型化された1.57インチ(39.9㎜)と1.78インチ(45.2㎜)の2モデルで心拍数の測定機能が強化されるとのこと。

  • その他
    ワイヤレス充電台のAirPowerと新型「AirPods」の発売



こんにちは!Mac-BCL777です。

IPhoneSE

9To5Macによると、Appleは、2018年秋に発売する新型iPhoneの販売に集中するため、この秋でiPhone XとiPhone SEの販売を終了するとの予測が発表されました。予測したのは、BlueFin Researchのアナリスト、ジョン・ドノバン氏とスティーブ・ミュラーヌ氏です。

同氏の予測では、2018年秋に発売されるのは、有機ELディスプレイ搭載の「iPhone 11」「iPhone 11 Plus」と液晶ディスプレイの「iPhone9」の計3モデルになると考えています。

2018年秋発売のiPhoneのうち、「iPhone 11 Plus」は、iPhone Xの画面を小さいと感じていたユーザーの需要に応え、「iPhone 9」は低価格ユーザー層向け、そして継続販売されるiPhone 8がiPhone SEの代わりの低価格モデルになると予測しています。

Appleは、新型iPhoneを発売した後も、旧モデルの販売を継続しています。7月時点では、最新モデルのiPhone XとiPhone 8/8 Plusのほか、iPhone 7/7 Plus、iPhone 6s/6s Plus 、iPhone SEが販売されています。ですので、新型iPhone発売後すぐにiPhone Xの販売が終了されるという予想は、慎重に受け止めた方がいいと9To5Macは指摘しています。



こんにちは!Mac-BCL777です。

先日、Apple Musicが有料会員数で、Spotifyを追い抜いたと記事に書きました。

Apple Japanが、日本語のYouTube公式ページで「Apple Music ー 4,500万曲の世界へ」の動画を公開しています。日本では、まだ一部の有名アーティストがストリーミング配信に参加していません。CD販売が不振な時代ですから、日本の音楽業界もストリーミングに参加せざるおえないでしょう。




↑このページのトップヘ