MacとBCLの時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのApple製品やBCL、デジカメに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。
Instagramもやっています。

BCLアンテナ・周辺機器等設備

こんにちは!Mac-BCL777です。

昨日は時間がありましたので、BCL用にオーディオミキサーのクリーニングを行いました。半年ぶりぐらいですが、結構埃が付いていたので、クリーニング用のウェットティッシュ、綿棒でボディーや端子を綺麗に磨きました。30分ほどの掃除ですが、綺麗になりました。

IMG 0273

BCLではヘッドフォンが必須ですので、複数の受信機の音を切り替えるのに、このオーディオテクニカ製のミキサーを使っています。このミキサーは、4CH+1の入力ができ、ヘッドフォンとライン出力の2つに出力が可能です。

私のBCLシャックでは、4台の受信機をこのミキサーに入れて、ヘッドフォンとICレコーダーの2つに出力しています。スタジオ録音するような高度な機能はありませんが、BCLで受信機を聞き分けるには、シンプルな操作でできますので、とても便利です。

ということで、綺麗にクリーニングができましたので、またしばらくは快適に使用ができると思います。

このミキサーに興味のある方は、以下のリンクよりどうぞ。




こんにちは!Mac-BCL777です。

私はBCLをするときに、無線LAN式のワイヤレスヘッドフォンを愛用しています。 使っていたのは、オーディアテクニカのATH-DWL500 BKというワイヤレスヘッドフォンでした。これまで快適に使ってきたのですが、最近なぜか「シャー」というヒスノイズがとても目立つようになりました。かなり耳障りなので、以前使っていたPioneer SE-NC70Sという有線式のヘッドフォンに交換して見ました。

スクリーンショット

実はこのヘッドフォン、以前は通勤時に使っていたノイズキャンセリングヘッドフォンですが、電池を入れなければ、普通の有線ヘッドフォンとしても使えます。

最近は、通勤時にはイヤフォンタイプのBluetoothイヤフォンを使っているので、ちょうどお休みしていましたので、このヘッドフォンをBCL用に復活させることにしました。

音は今まで使っていた無線LAN式のヘッドフォンよりも低音寄りの音が出ます。個人的にはBCLで低音が強いと聴き辛いと思っているので、イコライザーで高域が出るように調整しました。

ということで、ヘッドフォンを交換したことで、「シャー」というヒスノイズもなくなり、聞きやすくなりました。しばらくはこのヘッドフォンを使いたいと思います。



こんにちは!Mac-BCL777です。

PL 660

久しぶりにパッシブ垂直アンテナのAOR SA7000で短波を受信してみました。受信機はPL-660です。常連局の11725kHz RNZ Pacificを受信してみました。ダメですね。ノイズに埋もれて、ノイズの中でかろうじて男性アナのトークが確認できる程度。ラジオNIKKEIは、3925kHz、6055kHz、9595kHzともにノイズで聞こえません。どうも拙宅ではパッシブアンテナは使えないようです。ローカルノイズが多すぎのようです。やっぱりΔLOOP9+などのアクティブループアンテナを使うしかないようです。拙宅はあまりBCLをするには向いていない環境なのでしょうね。確かに影山さんのBBSでローバンドのDX局の情報が上がっていても、拙宅では聞こえないことが多いです。PLCノイズが強すぎるようです。残念な環境ですね。でもBCLは楽しいでの、聞こえる局を聞いてこれからも楽しんでいきたいと思います。



こんにちは!Mac-BCL777です。

今日は、FMアンテナに使っているAOR SA7000でトラブルがありましたので、そのことについて書きたいと思います。

写真01

最近、リビングのFMラジカセCFS-V1でのFMの受信状態がおかしくなりました。あまりよく入らず、ノイズっぽい受信になりました。昨日、少し時間があったので、アンテナ周りを調べてみると、どうも同軸ケーブルがおかしいようです。試しに、別の同軸ケーブルをつないでみると、綺麗にFM放送が入りました。

ということで、夜にケーブルの付け替え作業を行いました。10分ほどで終了、FM放送が綺麗に入るようになりました。同軸ケーブルって断線することがあるんですね。テスターで導通確認すると、確かに反応しませんでした。綺麗にFM放送が聴けるようになって良かったです。今年に入ってアンテナのトラブルは2回目ですね。お正月のALA-1530S+の故障に続いて、SA7000の同軸ケーブルのトラブルでした。皆さん、アンテナのメンテナンスは定期的に行いましょうね。故障してからだと大変です。



こんにちは!Mac-BCL777です。

昨日は、BCLで受信音を録音するのに使っているICレコーダーの録音レベルの調整を行いましたので、そのことについて書きたいと思います。

 ミキサーのライン出力レベルの調整


私はBCLで複数の受信機を使い分けているので、オーディオテクニカのオーディオミキサーを使っています。ICレコーダーへの録音は、ミキサーのライン出力端子から行っています。ですので、今回の調整では、ライン出力のボリュームを調整することになります。最適な録音レベルの位置に印をつけるということです。

幸いに私の使っているPanasonic、OLYMPUSのICレコーダーは、録音時にレベルメーターが表示されるため、この振れ具合を見ながら調整ができますので、楽に位置決めができます。ラジオNIKKEIを受信して、最適な録音レベルにレベルメーターが振れるように調整しました。これで、安心してBCL受信音の録音ができます。これからもミキサーのライン出力レベルの調整は定期的に行いたいと思います。

ちなみに、私が使っているICレコーダーは、以下の写真の2機種です。
  • Panasonic RR-XS460 (リニアPCM、MP3)
  • RR XS460

  • OLYMPUS V-801 (MP3、WMA)
  • V 801



↑このページのトップヘ