MacとBCLの時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのパソコンやBCLに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。

BCL受信機・ラジオ

こんにちは!Mac-BCL777です。

先日は、ETON E1XMの同期検波について書きました。今日はその続きではありませんが、選択度切り替えについて書きたいと思います。

 ポータブルラジオなのに、3つの選択度フィルターを装備


ETON E1XMの素晴らしいところは、ポータブルラジオにも関わらず、3つの選択度フィルターを装備しているところです。装備している選択度は、2.3kHz、4.0kHz、7.0kHzの3種類、リスニング局の受信から、DX局の受信まで、幅広く対応できます。切れ味もまずまずで、混信があるときは、2.3kHzのフィルターを使うと、混信をかなり軽減できますし、同期検波を合わせて使えば、かなり頑張って受信してくれます。

通常の受信ではいつも4.0kHzのフィルターを使っていますが、さらに良い音で聴きたい場合や、地元の中波局を聞く場合は、7.0kHzフィルターを使うと、とても良い音で聴くことができます。

選択度切り替えの表示画面は、以下の感じで表示されます。(ちょっと上手く撮れていませんが、お許しを)

  • 2.3kHzのときの表示
  • 2 3kHz

  • 4.0kHzのときの表示
  • 4 0kHz

  • 7.0kHzのときの表示
  • 7 0kHz



ポータブルラジオではありますが、リスニングからDXまでをこなせる、とても良いラジオだと思います。個人的には、SONY ICF-2001DとこのETON E1XMは、ポータブルラジオの中で最高の一台だと思います。



こんにちは!Mac-BCL777です。昨日に引き続いて、ETON E1XMネタです。

このラジオですが、同期検波機能が付いています。まあ、SONYのICF-2001DやICF-SW7600GRなどの付いている機能ですので、特に珍しい機能ではありませんよね。でも、このETON E1XMの同期検波は一味違います。その同期検波の性能にも驚かされますが、帯域の選択が豊富なんです。

SONYのラジオでは、というかほとんどの受信機では、USBとLSBしか選択できませんが、このETON E1XMは、USBとLSBに加えて、DSBも選択できます。3つの帯域が選べるのは、私が知っているラジオの中では、このETON E1XMだけだと思います。同期検波の切れ味というか、効き具合もトップレベル、同期検波に関しては、このラジオを超えるものは、ちょっと見当たらないですね。弱い電波でもしっかりとロックして、音が浮き上がってくる感覚は、評価の高いSONY ICF-2001Dを超えていると思います。

片側の混信をカットしたいときは、USBまたはLSBを選択し、良い音で聴きたいときはDSBを選択して聞くという、地味ですが贅沢な仕様だと思います。しかも同期検波時の音質がいいのも素晴らしいです。

もう製造していていないラジオですので、大切に末長く使っていきたいと思います。
  • SYNC-USB選択時の表示
  • USB

  • SYNC-LSB選択時の表示
  • LSB

  • SYNC-DSB選択時の表示
  • DSB




こんにちは!Mac-BCL777です。

今日は、ポータブルラジオのETON E1XMでSSB受信することについて書きたいと思います。

写真01

以前、ICF-2010でも、同様のSSB受信の記事を書きました。ICF-2010だと、最小周波数の分解能力が100Hzでしたので、SSB受信には向かないと書きました。ですが、このETON E1XMは違います。SSB受信も十分にこなせます。ICF-2010は発売時期が古いので、ETON E1XMと比べるのは酷ですが、周波数分解能力が10HzでSSB受信もしっかりと同調できますので、良い音で聴くことができます。この辺りは、発売が新しいこともありますね。

このETON E1XMは、同期検波の性能の良さだけでなく、周波数分解能力が10Hzであること、PBTを搭載されていること、安定度の高さ、どれをとっても通信型受信機並みの性能を持っているポータブルラジオです。とても使いやすい直感的な操作性に加えて、受信音質の良さが、このラジオの素晴らしいところなのでしょうね。

いろいろと細かな不具合を指摘する声もありますが、私の持っているモデルについては、大きな不具合もなく、安定して使えています。購入した金額は370ドルでしたので、当時のレートで35,000円ほどでした。この値段でこれだけの性能ですので、とてもコストパフォーマンスの良い受信機だと思います。

ETON E1XMでSSB受信をすることは、あまり多くありませんが、USB、LSBの切り替えもすぐに行えますので、意外と簡単にゼロビートが取れます。復調したときの音質も良いので、使えるSSB機能だと思います。

これからも大切に使っていきたいと思います。



こんにちは!Mac-BCL777です。

今日は、最近気がついたETON E1XMのボリューム最小時のスピーカーノイズについて書きたいと思います。

今まで気にしていなかった、というか、普段はヘッドフォンで聴いているから気がつかなかったのでしょう、ETON E1XMのスピーカーのノイズ。ボリュームを最小にして、ライン出力からミキサーに入れて、ヘッドフォンでいつも聴いています。そのため気がつかなかったのですが、先日、ヘッドフォンをとったら、「ジー」というきになる音が聞こえます。

どこから聞こえているのか、注意深く探して見ると、ETON E1XMのスピーカーからの音でした。そんなに大きなノイズではありませんが、静かな部屋では結構気になります。というか、見つけてしまったので気になり始めました。ボリュームを回して再度最小にしても、ノイズは消えません。多分、今まで気がつかなかっただけなんでしょう。

ふーむと少し考えて、ライン出力端子からヘッドフォン端子に変えて見ました。すると、スピーカーからの「ジー」というノイズがなくなりました。おそらくヘッドフォン端子にすることで、スピーカーがOFFになったのでしょう。ということで、ヘッドフォン端子からの出力に変更することにしました。これで「ジー」というノイズは聞こえず、気にならなくなりました。

もしかして、ヘッドフォン出力時、ボリュームを最小にしたら、「ジー」というノイズが乗っているのではと思い、ヘッドフォンをしながら、ボリュームを最小にしましたが、「ジー」というノイズは出ていませんでした。ひと安心。

これからETON E1XMで聞くときは、ヘッドフォン出力からミキサーに音声を入れることにしました。まあ、「ジー」というノイズも、本当に小さな音なんですけどねえ、やっぱり気になるとなんとかしたいですからね。これで問題解決ということにします。

写真01



こんにちは!Mac-BCL777です。

昨日、久しぶりにGrundig G5にΔLOOP9+をつないで、内臓スピーカーで5860kHz Radio Fardaを聞きました。ワイドフィルターで聞くと、とても音がいいですね。Radio Fardaの独特な民族音楽をいい感じで聞くことができました。いつもはヘッドフォンで聴いているので、耳に圧迫感があり、長時間聞いていると疲れます。ポータブルラジオでスピーカーで聞くと、圧迫感もないので、リラックスして聞けますね。ヘッドフォンで聴き続けるのは1時間ぐらいが限度です。これからもたまにポータブルラジオのスピーカーで聞いて、耳の圧迫感による疲れを取りたいと思います。

ちなみに私のお気に入りの小型ポータブルラジオは、このGrundig G5とICF-SW7600GRです。操作性がいいですからね。

DSC 0757



↑このページのトップヘ