MacとBCLの時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのApple製品やBCL、デジカメに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。
Instagramもやっています。

BCL受信機・ラジオ

こんにちは!Mac-BCL777です。

先日、PL-660のアッテネータが便利だという記事を書きましたが、今日はICF-SW7600GRのアッテネータについて書きたいと思います。

IMG 0518

PL-660のアッテネータは3段階あり、使いやすいと先日の記事で書きましたが、ICF-SW7600GRのアッテネータは、連続可変できる優れものです。以下の写真にある通り、連続可変できるダイヤルがついています。アッテネータのON/OFFスイッチもあります。

IMG 0516

可変ダイヤルなので、アッテネータの強さを、その時の状況によって自由に設定できますのでとても便利です。ポータブルラジオで、可変式アッテネータというのは、かなり豪華装備のように思います。まあ、ICF-2001DとかETON E1XMなどは少し例外ですが。

あと、アッテネータといえば、短波、中波で使えるのが普通ですが、ICF-SW7600GRでは、なんとFM受信でも使えるところが特徴でしょうか。FMで使う機会はあまりないと思いますが、コミュニティーFM局が隣接して混信するときなどは、使えるのかもしれませんね。

ということで、ICF-SW7600GRのアッテネータは使いやすいと思います。私の受信環境ではΔLOOP9+アンテナを接続していますので、飽和しないように、いつもアッテネータをONにして使っています。いい感じですよ。



こんにちは!Mac-BCL777です。

先日、実家の親より、家の物置の掃除するから帰ってこい!と連絡があったので、実家に行って物置の掃除をしてきました。すると、物置きの奥の方に、昔、弟が使っていたラジカセが出てきました。よく残っていたなあと思い、掃除が終わった後で、出してきました。

ラジカセは、SONY CFM-41という機種です。SONYのラジカセは、”CFS”、”CF”から始まる機種が多いのですが、このラジカセは珍しい製品コードだと思います。一応、電源を入れてみましたが、ボリュームのガリ音が出るものの、ちゃんと動作しました。ちょっとびっくり。

IMG 0508

このラジカセ、短波の受信ができるのですが、かなり珍しい受信範囲をしています。なんと、2.3MHzから18MHzまでという120mbから16mbをカバーしています。とはいえ、アナログチューニングですので、かなり受信にはコツがいりますね。まあラジカセについている短波ラジオですから、おまけ程度と見たほうがいいでしょうね。ちなみに弟はBCLをしていませんでしたから、短波を使うことはなかったですね。

IMG 0510

短波がついているラジカセだけあって、チューニングメーターもついています。このチューニングメーターは、なかなか良くて、ちょっとした入感で振り切れてしまうことはなく、かなり聞こえた感じで振れてくれます。ですので、かなり役にたつチューニングメータだったんだなあと思いました。

IMG 0509

とりあえず、短波を適当に受信して見ましたが、19mbでCRIがたくさん聞こえました。まだ動くんだと思いながら、一瞬、自宅に持って帰ろうかとも思いましたが、置くところもないので、親父にこのラジオ使えるよと伝えて、置いてきました。

それにしても、このころの家電製品は、色々と特徴があっていいですね。短時間ですが、実家でBCLを楽しんだ気になれました。



こんにちは!Mac-BCL777です。

今日は最近リビングで使っているPL-660のアッテネータについて書きたいと思います。

IMG 0497

PL-660は大変高感度のラジオです。そのため、外部アンテナ(ΔLOOP9+)をつなぐと入力オーバーとなり飽和してしまいます。そんな時に役に立つのがアッテネータです。PL-660のアッテネータは、DX、NORMAL、LOCALの3段階となっており、他のBCLラジオのように2段階ではなく、ちょっと細かくアッテネータを使うことができます。このアッテネータは、短波と中波で使えるようになっています。FMでは使えません。ということで、外部アンテナ(ΔLOOP9+)をつなぐときは、いつもNORMALにして使っています。これで短波の場合は、飽和がおさまります。中波のときは、我が家は強電界地域ですので、LOCALにしています。なかなか便利です。このアッテネータのおかげで、快適にBCLができています。

IMG 0501



こんにちは!Mac-BCL777です。

昨日、PL-660の電池が切れたため、電池を交換しました。すると、電源オン時にデフォルトで30分のスリープタイマーが設定されるようになりました。私としてはスリープが設定されないようにしたいので、PL-660のスリープ設定方法を調べました。今後また調べなくていいようにブログにアップしておきます。

IMG 0497

PL-660の電源ボタン(POWER・赤色)を押した後、すぐに選局ダイヤルを回すと1分・5分・10分・15分・30分・45分・60分・75分・90分・120分・onと、順に変わっていきますので、 希望の時間、またはon(スリープしない)を選択することで設定が可能です。電源ボタンをオンにするとすぐに選局ダイヤルを回すのがコツです。すぐにしないと周波数が変わるだけですのでご注意を!



こんにちは!Mac-BCL777です。

今所有しているポータブルラジオで、稼働中のラジオたちです。

IMG 0495

他にもGrundig G5とG6がありますのが、お休み中です。

どのラジオも個性があって気に入っています。安定のICF-SW7600GR、高感度のDE1103DRM、使いやすいPL-660、小型軽量で持ち歩きやすいPL-310、どれも使っていて楽しいです。

この中でどれがお気に入りかと言われるとかなり迷いますね。TECSUNのPLシリーズがいいでしょうか。

あっ、忘れていました。常にシャックのサブ受信機として使っているETON E1XM、SONY ICF-2010も厳密にはポータブルラジオでした。一体、何台持っているんだという感じですが、気分によって使い分けるのも楽しいですね。これからも気分によって、使い分けていきたいと思います。



↑このページのトップヘ