MacとBCLの時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのパソコンやBCL、デジカメに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。

BCL受信機・ラジオ

こんにちは!Mac-BCL777です。

最近、ETOM E1XMの周波数にズレが出てきたなあと思ったので、久しぶりに周波数調整を行いました。AMでは気が付きませんが、SSB受信のときは気になりますので、Wave Spectraを使って、周波数調整をしました。

写真01

測定してみると、やはり80Hz程度のズレが出ていました。ということで、標準電波を基準に調整をしましたが、このETON E1XMの調整ダイヤルはとてもセンシティブなので、慎重に回して、なんとか20Hz程度のズレに調整できました。本当はゼロにしたいのですが、ETON E1XMの調整ダイヤルではこれが限界です。でも20Hzにできただけでも、違和感が減りました。実際のズレ幅は分かっているので、実際の使用ではそのズレを考慮して使っていくつもりです。ポータブルラジオですから、精度を求めるのも酷ですし、自分で調整できるだけでもありがたいですね。



こんにちは!Mac-BCL777です。

有名なSDR受信機のPerseusの同期検波について書きたいと思います。

Perseus

Perseus 1

Perseusの同期検波ですが、私が使っている受信機の中では、ロックが外れやすいように思います。ETON E1XMや、NRD-545に比べると、ロックの粘りがありません。すぐにロックが外れて、受信音が変な音程になってしまいます。結局、私はPersuesでは、同期検波は使いません。使わない方が、聴きやすい音程で聞くことができるからです。また、ETON E1XM、NRD-545のように、USB/LSBの選択ができないことも、今ひとつな感じになっている理由かなと思います。

ただ、Persues自体は、私の自宅の環境では、結構弱い局も音になってくれますので、同期検波がなくても十分受信できます。無理に同期検波で聴かず、AMモードとフィルタの操作で聞く方が、私には聴きやすいです。弱い局でPerseusの同期検波を使うと、ロックが入ったり外れたりするので、かえって聴きづらくなります。

結局、Perseusの同期検波は使わないのですが、私が今使っているのはV4.1aです。V5.0の同期検波は改善されているかもしれません。

でも、全体的に見るとよくできた受信機で、私のメイン受信機であることに変わりはありません。これからもΔLOOP9+とPerseusのコンビでBCLをやっていきたいと思います。



こんにちは!Mac-BCL777です。

先日、久しぶりにETON E1XMでFMを聞きました。そういえば、ETON E1XMのFM受信範囲は、デフォルトでは88〜108MHzとなっています。ですが、日本は76〜90MHzです。特に関西は80MHz以下のFM局が多いので、なおさら気になるところです。

P1000289

ETON E1XMでは、ちゃんと日本のFMバンドにも対応していて、設定を変更すれば76〜90MHzが受信できるようになります。ということで、その変更方法を書きたいと思います。(ディスプレイに反射があり、少し見辛いです、すみません。)

P1000295

ディスプレイ左下にあるMENUボタンを押すと、各種設定メニューが出ますので、画面に従って、設定を変更します。
  1. MENUボタンを押下
  2. 表示された設定メニューより、「1.RADIO SETTING」を選択
  3. 表示された設定メニューより、「3.FM BAND RANGE 76-90」を選択
以上で完了です。逆にアメリカのFMバンドを受信したいときは、上記3.のFM BAND RANGEで88-108を選択すればOKです。

今、Eスポシーズンですので、FM受信範囲の変更は結構やりますので、忘れないためにもブログに書いておきます。

まあ、変更は簡単なんですが、最近は中波局のワイドFM放送が90MHz以上で放送されていますので、E1XMで受信するときは、いちいち切り替えが必要で、ちょっと面倒ですね。



こんにちは!Mac-BCL777です。

今日は、ICF-SW7600GRのLINR OUT端子について、気がついたことを書きたいと思います。

ICF SW7600GR

ICF-SW7600GRはFM放送をステレオで受信できることはご存知かと思います。このステレオ放送ですが、ヘッドフォン端子を聞いたときは、ちゃんとステレオで音声が出力されますが、録音用のLINE OUT端子は端子はステレオ対応ですが、実際に出力される音声は、なんとモノラル出力のようです。聞いてみてわかったことです。

なんでこんな仕様になっているのでしょうね。普通、LINE OUT端子は、ヘッドフォン端子と同じように出力されると思いますよね。これからはICF-SW7600GRでFM放送を録音するときは、ヘッドフォン端子から音声を録音するように気を付けたいと思います。まあ、別にモノラルだからといって困ることはないですがね。(笑)



こんにちは!Mac-BCL777です。

ポータブルラジオのSSB受信シリーズです。今回はDE1103DRMについて書きたいと思います。DE1103ですが、今更言うまでもなく、人気のある機種でしたので、特に触れる必要なないと思います。私の持っているDE1103は、アイキャスエンタープライズで販売されていたDE1103にDRMコンバータを追加した「DE1103DRM」という機種になります。性能や仕様は、オリジナルのDE1103とまったく同じで、DRMコンバーターが違うだけです。

DE1103DRMも、SSB受信時には右側側面にあるFINE TUNEダイヤルで細かな受信の調整ができます。早速、9595kHz ラジオNIKKEIでSSBゼロビートでの受信を試して見ました。
  • SSB受信中
  • DE1103DRM 01

  • 右側側面のSSB FINE TUNEダイヤル
  • DE1103DRM 02


 SSBの復調性能


メインダイヤルの他にSSB用のFINE TUNEダイヤルが右側側面にあります。このダイヤルを使って微調整します。受信したところ、まあまあ聞き取れる程度に復調できました。まあまあと書いたのは、綺麗にゼロビートが取れなかったからです。もう少しでゼロビートが取れそうなのですが、なかなかうまく復調できません。FINE TUNEの精度が荒いのでしょうね。ICF-SW7600GRに比べると、ちょっと残念ですね。ただ、内容は聞き取れますので、ポータブルラジオですから、こんなものなのでしょうね。

 SSB受信時の安定度


同じポータブルラジオのICF-SW7600GRに比べると、安定度がよくないかもしれません。ICF-SW7600GRなら一度合わせると、受信音は安定して聞こえていますが、DE1103DRMは、受信音が安定しません。すぐに受信音の音程が変わっていくのがわかります。ICF-SW7600GRもずれるのですが、安定している時間がDE1103DRMの方が短かったです。まあ、ずれたらFINE TUNEで調整すればいいですから、気にしなくてもいいかもしれませんね。

という感じで、ゼロビートの取りやすさ、受信音の安定性ともに、ICF-SW7600GRに及ばなかった感じですが、ポータブルラジオとしては、まあまあといったこところでなないでしょうか。AM受信が前提で作られていますからね。

DE1103DRMは、以前の記事「DEGEN DE1103DRMを高性能DXマシーンにする!」の記事で、DREAMソフトウェアを使って、選択度の高性能化やノイズリダクションなどが使えるようになりますので、そちらで遊べるということで、面白いBCLラジオだと思います。



↑このページのトップヘ