MacとBCLの時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのApple製品やBCL、デジカメに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。
Instagramもやっています。

BCL受信機・ラジオ

こんにちは!Mac-BCL777です。

昨日は、久しぶりにD-808で日本語放送を聴きました。ちょっとΔLOOP9+アンテナのゲインがありすぎて、音が歪んでいます。D-808にはアッテネーターがないので、ゲインのあるアンテナを繋ぐと、すぐに飽和してしまいます。D-808には、SA7000などのパッシブアンテナの方がいいのかもしれません。まあ、聴いた放送が7325kHz China Radio Int’lが強すぎたのかもしれませんけどね。

IMG 3785



こんにちは!Mac-BCL777です。

久しぶりにE1XMに火を入れました。聴いたのは安定の日本語放送、7325kHz Chine Radio Int’lです。7kHzワイドフィルターで聴きました。とても強力で、S=9+50dBまでメータが振れていました。E1XMはいい音ですね。性能もポータブルラジオの中では一番かなと私は思っています。もっと使ってやらないといけませんね。これからは、できるだけ火を入れるようにしたいと思っています。

渋いですね〜。ETON E1XM。

IMG 3777

E1XMでCRIを聴いていますが、S=9+50dBまで触れています。

IMG 3778

グライコもワイドフィルターで聴いているので、全域でスペアナが振れています。ノイズも少ないので、FMを聴いているような感じがしました。

IMG 3779



こんにちは!Mac-BCL777です。

昨日、久しぶりにTRY-X2000で短波放送を聴いてみました。やはりというか、ICF-5900やRF-2200のように正確にダイヤルできませんね。TRY-X2000は放送バンドのスプレッドダイヤル式なので、かなり合わせづらいです。しかもTRY-X2000は1MHz単位のクリスタルマーカーに合わせるのですが、シングルスーパーなので、このマーカー自体にイメージが出てしまい、本当にちゃんとしたMHzのマーカーに合っているのかわかりません。写真は6.055MHzを受信していますが、なかなかスプレッドダイヤルで合わせることができませんでした。このマーカーに合わせようとする間に6.055MHzのラジオNIKKEIが聞こえてくるので、ちょっとガッカリです。マーカーも弱いし、スプレッドダイヤルのロックも甘いため、感度は悪くないのですが、FMかMWで聞く方がいいですね。修理に出せばもっとマーカーがはっきりと聞こえたり、スプレッドダイヤルが滑るようなこともなくせるのでしょうが、修理も先立つものが必要なので、しばらくはFM、MW専用ラジオになりそうですね。音はいいんだけどなあ・・・。

IMG 3745

なんとか6.055MHz付近に合わせられましたが、やっぱり少しずれています。糸かけ式ダイヤルなのも構造的欠陥ですね。すぐにダイヤルが滑ります。音はいいのですが、売れなかった理由もわかりますね。

IMG 3746



こんにちは!Mac-BCL777です。

久しぶりにRF-2600の電源を入れてみました。以前から、デジタル表示が5kHzほどズレが出ていたのですが、ついに訳のわからない表示をするようになってしまいました。9650kHz Voice of Koreaを受信したところ、なんと「115.9MHz」と言う表示になってしまいました。短波、中波のデジタル表示がダメで、FMだけがまともに表示されていました。これは修理に出して治るのかなあと思ってしまいます。今は先立つものがないので修理に出せませんが、そのうち修理に出したいと思います。感度の方は、ちゃんと聞こえているので、問題はなさそうです。

IMG 3741

IMG 3742



こんにちは!Mac-BCL777です。

Universal Radioで予約を受け付けていた新しいBCL受信機「Eton Elite Satellit」ですが、発売は2021年まで伸びるそうです。Universal Radioも現在は予約受付ができなくなっています。もう予約した人もいるのに、残念なニュースですね。久しぶりに、多くの皆さんが購入したいBCL受信機だったのですが・・。すぐに発売されないということは、このまま発売されないような気もしますね。

このニュースの元記事はこちら

Eton



↑このページのトップヘ