MacとBCLの時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのApple製品やBCL、デジカメに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。
Instagramもやっています。

BCL受信機・ラジオ

こんにちは!Mac-BCL777です。

今日は、自宅リビングでFMを聞くのに使っている「SONY ICF-SW7600GR」について書きたいと思います。

 購入経緯、サイズなど


購入のきっかけは、特に必要というわけではなかったのですが、SONYが発売している短波ラジオではバランスがいいとの評判から、買っておこうかということで購入しました。日本向けのパッケージではなく、輸出向けのパッケージをAmazonで購入しました。確か18,000円くらいで購入したと思います。ACアダプタは、SONYのオプション品を2,000円ほどで購入しました。

サイズですが、DE1103などに比べると大きめですが、十分コンパクトなラジオだと思います。
  • 型式:SONY ICF-SW7600GR
  • 大きさ:横190・高さ118.8・奥行35.3(単位:mm)、重量:約600g
  • 電源:単3電池×4(Ni-MH充電式電池利用可)、DC 6V
  • 受信周波数:FM:76~108MHz、AM:150~29999kHz
  • 受信回路::ダブルスーパーヘテロダイン(AM)、シングルスーパーヘテロダイン(FM)
  • ダイヤル:液晶による周波数表示。10キーダイレクト、周波数スキャン、ページスキャンチューニング可能。SSB用ファインチューニング付き
  • アンテナ:FM/AM:内蔵ロッドアンテナ、MW/LW:内蔵フェライトバーアンテナ
  • 主な機能:同期検波機能、SSB受信可(USB/LSB切替)、FMステレオ受信可(ヘッドホン使用)、連続可変型アッテネータ(OFF可能)、、ダイヤルライト、ヘッドホン/LINE OUT/外部アンテナ端子、世界時計(UTC時差セット式)、スタンバイタイマー(2個)、スリープタイマー(最大60分)
  • メモリー局数:最大100局(1ページ10局×10ページ)

DSC 0731


 使いやすい大きさ、音はそこそこ


ソニーが販売している短波ラジオとしては、現在最高峰のラジオとなっています。発売から10年以上にわたって販売されています。発売当初は不具合もあったようですが、現在は安定しており、良い意味で不具合の枯れたラジオといえます。

今のソニーでは数少ない「Made in Japan」のラジオであり、秋田県小坂町の「十和田オーディオ」がソニーからの製造委託を受けて造っています。「十和田オーディオ」の高周波製品は定評があり、そういう意味でも安心して購入できるラジオといえます。

大きさですが、7600シリーズは一貫して「カッパブックス」サイズで、大きくもなく、小さくもない、バランスの良いラジオだと思います。音質ですが、内臓スピーカーから出る音は、そこそこ良い音といったところでしょうか。大きさを考えると、頑張っている感じでしょうかね。最近の薄型ノートパソコンのスピーカーが良い音を出しているので、現在の技術で設計すれば、もっと良い音が出たかもしれませんね。

 この機種の良さは「バランス」の良さ


ICF-SW7600GRの最大の良い点は、「高感度マルチバンドラジオ」としての、バランスの良さにあると思います。昔から7600シリーズを改良して作ってきただけあって、操作性と性能の良さを手堅くまとめられたラジオをいえます。この価格帯で、「同期検波」や「連続可変型のアッテネータ」などを装備しており、かなり頑張っているラジオだと思います。

最近は中華ラジオが安価に手に入りますが、性能、品質の面では、ICF-SW7600GRは素晴らしいと思います。性能のバランスも良く、感度・明瞭度・音質の3要素が、うまくチューニングされているラジオです。

 「同期検波」「連続可変型アッテネータ」「SSB FINE TUNING」など、機能も十分


  • 同期検波:このラジオで最高の武器といえます。混信がある場合に、同期検波をONにすると、かなり綺麗に混信から逃げられます。安価な中華ラジオにも同期検波があるものがありますが、同期検波の効果という点では、次元が違います。それだけ効きが素晴らしいです。
  • 連続可変型アッテネータ:LW/MW/SWだけでなくFMでも使えます。FMで使えるラジオは珍しいです。あまりFMで使うことはありませんが、隣接するFM局を受信するときに、たまに役に立つ時があります。
  • SSB FINE TUNING:SSB受信の時に使います。ICF-2001Dには付いていなくて、欲しい機能でしたが、ICF-SW7600GRには付いています。SSBの復調にはとても便利です。

DSC 0732

DSC 0733

以上、簡単にICF-SW7600GRについて書いて見ました。2万円弱で購入できる受信機としては、かなりいいラジオだと思います。個人的にはSメータがあれが完璧だなと思いますが、あくまでもポータブルラジオですので、これだけの受信性能があれば、十分ではないでしょうか。これからも大切に使いたいと思います。



こんにちは!Mac-BCL777です。

メイン受信機がICOM IC-R75ということもあり、混信除去にSSB受信を結構使います。

 個人的に一番良いSSB音質だと思っているのは「ETON E1XM」


SSB受信において、一番受信音が聴きやすいと思っているのが、「ETON E1XM」です。マイルドでとても聴きやすいです。ただ、「ETON E1XM」は、周波数安定度が通信型受信機に比べると、ドリフトするというか安定しないので、安定度など総合的には、「IC-R75」が一番良いと感じています。ただし、私の「IC-R75」には、オプションの高安定度基準発振水晶ユニットを装備していますので、ノーマルの「IC-R75」の場合も良いのかはわかりません。私としては、総合的には「IC-R75」、音質だけなら「ETON E1XM」というのが、私のSSB受信の感想です。

という感じですので、「IC-R75」では、SSB受信を多投しています。「ETON E1XM」や「ICF-2010」は、SSBではなく、同期検波で受信しています。

 SDR受信機は、フィルタ幅の調整で混信除去


「Perseus」や「FDM-S1」のSDR受信機については、フィルター幅を自由に変更できますので、SSB受信せず、AMやS-AMで受信しています。わざわざSSBにしなくても、フィルターの操作で、かなり混信除去ができますし、SSBの音質がイマイチなので、AM受信ですね。

写真



こんにちは!Mac-BCL777です。

私のメイン受信機でIC-R75のフィルタ設定を変更しましたので、そのことについて書きたいと思います。

 DX向けにフィルタ設定を戻しました


以下の表のように、DX向けの設定に戻すことにしました。つまり元に戻したということです。理由は、以下にも書きますが、短波帯の放送局の間隔には、あまり向いていなかったためです。

タイプ9M455k
WIDE15kHz6kHz
INTER2.8kHz3.3kHz
NARROW2.4kHz2.4kHz


 リスニング重視設定は、短波ではあまり使えない


以下のリスニング向け設定を3ヶ月間使ってきました。確かにワイドの15kHzは確かに音質が良いのですが、短波帯だと放送が5kHz間隔で放送局が並んでいるので、15kHzフィルタだと、混信を受けてしまい、あまり使う場面がなかったというところです。中波帯なら結構使えて、音質の良いリスニングができました。

タイプ9M455k
WIDE15kHz15kHz
INTER15kHz6kHz
NARROW2.8kHz3.3kHz

ということで、短波帯のDX向けの設定に戻しました。しばらくはこの設定で運用したいと思います。2.4kHzフィルターの設定、ここ一発の選択度に期待したいと思います。



こんにちは!Mac-BCL777です。

CQオームさんから、最新受信機のIC-R8600のカタログと案内が送られてきました。別に頼んだからというわけではなく、以前IC-R75のオプションを購入したからだと思います。

DSC 0718

良さそうな受信機ですが、先立つものがありませんので、このカタログをみて楽しもうと思います。CQオームさんで購入すると、ポイントが11,570ポイントももらえるんですね。値引きと合わせると、結構お得な感じもします。IC-R8600といえば、BCL大好きオヤジさんが購入されており、いろいろと使い勝手について、ブログやYouTubeで公開されていますね。購入を検討されている方は、BCL大好きオヤジさんのブログを見られると良いと思います。ブログを見せてもらう度に、私も欲しいな〜と思います。



こんにちは!Mac-BCL777です。

先日、ETON E1XMの周波数調整を行なったと記事に書きましたが、その後です。頑張って調整を行いましたので、とても快適に使えています。やっぱりズレが少ないのはいいですね。本当はズレをゼロにしたいのですが、この機種の調整ネジがセンシティブなので、10Hzから20Hzが限界です。

調整したおかげで、SSBモードでの気になるズレが少なくなったので、いい感じで聞くことができます。音程の変なズレがないのがいいですね。これからも半年に1回ぐらいは、周波数調整を行いたいと思います。

写真01



↑このページのトップヘ