MacとBCLの時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのApple製品やBCL、デジカメに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。
Instagramもやっています。

BCL受信機・ラジオ

こんにちは!Mac-BCL777です。

今日は、IC-R75のSメーターについて書きたいと思います。

 他の受信機に比べて、Sメーターに振れが小さい?


私はPersuesとIC-R75をメイン受信機としてBCLをしています。使っていて感じるのが、IC-R75のSメーターの振れが小さいことです。受信音を聞くと、Persuesと聞こえ方は変わらないのに、IC-R75のSメーターは、全然振れていないことが良くあります。

以下の写真は、5020kHz Solomon Islands BCを受信しているところです。
  • Perseusの受信画面です。Sメータは、S=6まで振れています。
  • 写真02

  • IC-R75の受信画面です。見ていただくと分かりますが、プリアンプを入れても、S=1〜2しか振れていません。でも、受信音を聞くと、Perseusとそんなに差はありません。極端な場合は、全然Sメーターが振れていないのに、放送はしっかりと聞こえていることがあります。
  • 写真01

 まとめ


やっぱり、IC-R75は他の受信機に比べて、Sメーターがあまり振れないようです。でも、受信している音は、Perseusと遜色がないので、受信機自体のノイズは少ないのでしょうね。私が使っている受信機の中で、一番Sメーターが振れない受信機です。もう少し景気よく振れてくれた方が、受信できているなあと感じるんですがね(笑)。まあ、受信性能自体、Perseusと差は出ていないので、良しとしましょう。



こんにちは!Mac-BCL777です。

「kerokeronyororo」さんのblogにICOM IC-R8600の発売時期などの追加情報の記事が上がっていたので、紹介したいと思います。

 発売時期は2017年3月?


BCLの間で注目を集めている新発売が予定されている受信機、ICOM IC-R8600ですが、発売時期は2017年3月らしいとのことです。海外先行か国内・海外同時発売かは不明。気になる販売価格は、230,000〜260,000円になりそうとのこと。「kerokeronyororo」さんのblogからの情報でした。

久しぶりの新型受信機ですから、多くの皆さんが注目していますので、早く発売されるといいですね。

写真01



こんにちは!Mac-BCL777です。


 販売価格は30万円を切るぐらいらしい。


目を離していたら、hamlife.jpに「ICOM IC-R8600」の追加情報が出ていました。昨年12月に行われたICOMの自社イベントでの模様が書かれています。価格は30万円を切るくらいとの予想が出ています。記事を読んでみましたが、とても多機能ですね。発売が楽しみです。と言っても、私にはちょっと手が出ませんが。詳細は、hamlife.jpのこちらのページからどうぞ。

IC R8600



こんにちは!Mac-BCL777です。

しばらくの間、ETON E1XMの場所に、National RF-2600やNational RF-2200、SONY ICF-5900などを入れていましたが、また元のETON E1XMに戻しました。

DSC 0322

 安定したポータブルラジオ


National RF-2600、National RF-2200、SONY ICF-5900、どれも素晴らしい受信機ですが、やはり古いせいか弱い局の受信は、なかなか難しいところがありました。リスニング局なら問題ないんですがね。ちょっと物足りないところがあって、我が家の最高のポータブルラジオのETON E1XMに戻しました。安定度、読み取り精度、選択度などどれを取っても安定しています。さすがETON E1XMです。安心して使えますね。

 ということで、今のシャックの構成


ということで、現在のシャックの構成は以下のとおり。
  • ICOM IC-R75(メイン受信機)
  • Microtelecom Perseus(メイン受信機)
  • ELAD FDM-S1
  • ETON E1XM
  • SONY ICF-2010
アンテナは以下のとおり。
  • ΔLOOP7
  • ALA-1530S+


メイン受信機のICOM IC-R75は、先日の記事でもご紹介ましたが、 フィルター構成をリスニング向けに設定しましたので、強力なリスニング局もいい音で聴けるようになりました。WIDEに設定した15kHzフィルターは最高に音がいいです。外部スピーカーからの音もまずまずです。ETON E1XMの音に近くなりました。

またしばらく、この構成でいきたいと思います。



こんにちは!Mac-BCL777です。

昨日の記事でも書きましたが、PROCEED 2600 のデジタル表示ずれを起こしましたので、急遽、SONY ICF-5900を代わりにシャック入りさせました。
  • シャック入りしたSONY ICF-5900(スカイセンサー5900)
  • 写真01

 スプレッドダイヤルでの受信が楽しい


ICF-5900の特徴は、250kHz毎の基準周波数にマーカで合わせて、スプレッドダイヤルでプラスマイナスして受信するというところです。クーガ2200のように、計算せずに合わせるダイヤルとは違い、ICF-5900は希望の周波数に合わせるためには、基準周波数からプラス、またはマイナス○○kHzと計算して合わせる必要があります。クーガ2200に比べると、少し面倒ですが、その操作が楽しいと言えます。

 クリスタルマーカーの出力が強く、合わせやすい


久しぶりに使って感じたことは、ICF-5900はマーカーの出力が強いのか、クーガに比べるとマーカ音がはっきりしていて、とても合わせやすいです。ですので、スプレッドダイヤルの計算は必要ですが、マーカの合わせやすさで、とても素早く受信することができます。スプレッドダイヤルが大きいので、とても合わせやすいです。

 スピーカから出る音は、迫力があって音がいい


この時代のBCLラジオはどの機種もそうですが、スピーカーが大きく、ボディ全体で音を鳴らしてくれますので、とても音がいいです。私が所有している、PROCEED 2600、クーガ2200も同様です。地元中波局や短波のリスニング局を聴くにはいいラジオです。

古いラジオですので故障が心配ですが、快適に使えるように、大切に使っていきたいですね。しばらくシャックに入れて使って見たいと思います。やっぱりラジオは使ってなんぼのものですから。

写真02



↑このページのトップヘ