MacとBCLの時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのApple製品やBCL、デジカメに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。
Instagramもやっています。

F1

こんにちは!Mac-BCL777です。

先週末のF1 シンガポールGPからなんですが、スマホの公式F1アプリ(有料)が大幅にアップデートされました。

今まで通りのラップタイム、タイヤ、チーム無線、各車のコース上の位置の表示などに加えて、選択したドライバーの車の時速、エンジン回転数、スロットルやブレーキの強さが表示されるようになりました。

IMG 1549

これはこれでいいのですが、個人的には、前のアプリの方が好きかな。何が引っかかっているかというと、コース上の各車の位置表示が「色の点」だけになったので、ちょっと見づらくなりました。まあ、慣れれば問題ないと思いますけどね。

次はロシアGP、その次が日本GPと続いて行きます。F1も終盤戦ですので、面白くなって行きそうです。



こんにちは!Mac-BCL777です。

F1 第15戦 シンガポールGPの決勝が9月16日(日)にマリーナ・ベイ・ストリート・サーキットで行われ、ルイス・ハミルトン(メルセデス)がポール・トゥ・ウィンで今季7勝目を挙げました。

優勝は、ポールポジションからスタートしたルイス・ハミルトン。事実上、トップを譲らないレース展開で今季7勝目、通算69勝目を挙げた。2位はマックス・フェルスタッペン(レッドブル)、3位にはセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が続きました。今回のレースでルイス・ハミルトンとセバスチャン・ベッテルのポイント差は40ポイントに広がりました。

順位Noドライバーチーム
144ルイス・ハミルトンメルセデス
233マックス・フェルスタッペンレッドブル
35セバスチャン・ベッテルフェラーリ
477バルテリ・ボッタスメルセデス
56キミ・ライコネンフェラーリ
63ダニエル・リカルドレッドブル
714フェルナンド・アロンソマクラーレン
855カルロス・サインツルノー
916シャルル・ルクレールザウバー
1027ニコ・ヒュルケンベルグルノー
119マーカス・エリクソンザウバー
122ストフェル・バンドーンマクラーレン
138ロマン・グロージャンハース
1410ピエール・ガスリートロロッソ・ホンダ
1518ランス・ストロールウィリアムズ
1628ブレンドン・ハートレートロロッソ・ホンダ
1711セルジオ・ペレスフォース・インディア
1820ケビン・マグヌッセンハース
1935セルゲイ・シロトキンウィリアムズ
リタイヤ31エステバン・オコンフォース・インディア



こんにちは!Mac-BCL777です。

2018年 F1 第15戦 シンガポールGPの公式予選が9月15日(土)にマリーナ・ベイ・ストリート・サーキットで行われ、ルイス・ハミルトン(メルセデス)がポールポジションを獲得しました。

シンガポール市街中心部に公道を使って設置されたコースは、グリップが低くタイトなコースで、ナイトレースとして行われる独特のグランプリ。完全に陽が落ち、照明で浮かび上がったマリーナ・ベイで気温29℃、路面温度33℃のドライコンディションで現地時間21時にセッションはスタートしました。

ポールポジションを獲得したのは、メルセデスのルイス・ハミルトン。コースレコードを更新する1分36秒015を記録して、今シーズン7回目、通算79回目のポールポジションを獲得しました。フロントローの2番手グリッドには、0.319秒差でマックス・フェルスタッペン(レッドブル)が並びました。2列目3番グリッドはセバスチャン・ベッテル(フェラーリ)。ハミルトンとの差は0.613秒差でした。4番グリッドはバルテリ・ボッタス(メルセデス)が獲得。

フェラーリが有利と見られて来た、このシンガポールGPですが、蓋を開ければ、メルセデスのルイス・ハミルトンが0.6秒もの大差をつけてのポールポジションはすごかったです。

順位NoドライバーチームQ1Q2Q3
144ルイス・ハミルトンメルセデス1分39秒4031分37秒3441分36秒015
233マックス・フェルスタッペンレッドブル1分38秒7511分37秒2141分36秒334
35セバスチャン・ベッテルフェラーリ1分38秒2181分37秒8761分36秒628
477バルテリ・ボッタスメルセデス1分39秒2911分37秒2541分36秒702
57キミ・ライコネンフェラーリ1分38秒5341分37秒1941分36秒794
63ダニエル・リカルドレッドブル1分38秒1531分37秒4061分36秒996
711セルジオ・ペレスフォース・インディア1分38秒8141分37秒3421分37秒985
88ロマン・グロージャンハース1分38秒6851分37秒3671分38秒320
931エステバン・オコンフォース・インディア1分38秒9121分37秒5341分38秒365
1027ニコ・ヒュルケンベルグルノー1分38秒9321分37秒4501分38秒588
1114フェルナンド・アロンソマクラーレン1分39秒0221分37秒641 
1255カルロス・サインツルノー1分39秒1031分37秒716 
1316シャルル・ルクレールザウバー1分39秒2061分37秒747 
149マーカス・エリクソンザウバー1分39秒3661分39秒453 
1510ピエール・ガスリートロロッソ・ホンダ1分39秒6141分39秒691 
1620ケビン・マグヌッセンハース1分39秒644  
1728ブレンドン・ハートレートロロッソ・ホンダ1分39秒809  
182ストフェル・バンドーンマクラーレン1分39秒864  
1935セルゲイ・シロトキンウィリアムズ1分41秒263  
2018ランス・ストロールウィリアムズ1分41秒263   



こんにちは!Mac-BCL777です。

F1ネタです。ちょっと気になったネタだったので載せます。

マクラーレンは、今シーズン限りでストフェル・バンドーンを放出することを発表し、その後任として、ランド・ノリスを2019年のドライバーに起用することを発表しました。

ランドノリス

2019年のマクラーレンは、カルロス・サインツとランド・ノリスの新たなドライバーラインナップで戦うことになりました。ストフェル・バンドーンも悪いドライバーではないと思いますが、F1の世界は厳しいですね。結果が出ないと、解雇されますね。



こんにちは!Mac-BCL777です。

2018年 F1 第14戦 イタリアGPの決勝レースが9月2日(日)にモンツァ・サーキットで行われ、ルイス・ハミルトン(メルセデス)が逆転優勝しました。ポールポジションからスタートしたキミ・ライコネン(フェラーリ)は、惜しくも2位でレースを終えた。キミ・ライコネンは通算100回目の表彰台を優勝で飾ることができず、少し残念でした。

順位Noドライバーチーム
144ルイス・ハミルトンメルセデス
26キミ・ライコネンフェラーリ
377バルテリ・ボッタスメルセデス
45セバスチャン・ベッテルフェラーリ
533マックス・フェルスタッペンレッドブル
68ロマン・グロージャンハース
731エステバン・オコンフォース・インディア
811セルジオ・ペレスフォース・インディア
955カルロス・サインツルノー
1018ランス・ストロールウィリアムズ
1135セルゲイ・シロトキンウィリアムズ
1216シャルル・ルクレールザウバー
132ストフェル・バンドーンマクラーレン
1427ニコ・ヒュルケンベルグルノー
1510ピエール・ガスリートロロッソ・ホンダ
169マーカス・エリクソンザウバー
1720ケビン・マグヌッセンハース
リタイヤ3ダニエル・リカルドレッドブル
リタイヤ14フェルナンド・アロンソマクラーレン
リタイヤ28ブレンドン・ハートレートロロッソ・ホンダ



↑このページのトップヘ