MacとBCLと無線の時間

【開設日:2016年8月13日 管理人:hiros_bcl777】
MacなどのApple製品やBCL、アマチュア無線、フリラ無線、デジカメに関する記事を中心にアップしていきます。
リアルタイム受信ログについては、Twitterでアップします。
Instagramもやっています。

2020年12月

2020年12月29日(火)の受信ログです。

受信機:YAESU FRG-7700
アンテナ:ΔLOOP9+
Time(JST)kHzSINPOLang.Station
19:00-19:30944045343JpnChina Radio Int'l



こんにちは!Mac-BCL777です。

先日、25日までに年賀状は出さないと、と思って宛名印刷用データ、年賀状面の絵柄を印刷しようとしたら、なんと印刷できません。Macのプリントキューにはジョブが溜まっているのですが、プリンターが見つけられないと英語表記でエラーメッセージが出ていました。プリンターはFAX機能付きの複合機でブラザーのMFC-J738DN/DWNという機種です。いろいろと試してみると、Wordや宛名職人というアプリからだと印刷できないのですが、ブラザーのアプリ「Brother iPrint&Scan」からだと印刷できます。また、プリンターの状態を確認するアプリでは、ちゃんとMacからプリンターを認識しています。なぜかなあと思っていたら、気になることに気づきました。プリンター、Macなどのパソコンは、無線LANで接続していますが、接続している周波数帯が違っていました。プリンターは2.4GHz帯で接続、Mac側は5GHz帯で接続していました。ひょっとしてこのせいかと思って、Macを2.4GHz帯で接続したら、Wordや宛名職人のアプリから直接印刷できました。やれやれ。こんなことがあるんですね。ブラザーのアプリからは印刷できていたし、プリンターの状態も確認できていましたから、そこまで気が回りませんでした。というわけで、無事に年賀状の作成は完了。ちゃんと25日に年賀状をポストに投函することができました。MacBook AirやiPhone12は、WiFi6対応なので、わざと5GHz帯で接続していたのですが、これからは、印刷やFAXするときは2.4GHzで接続しなおしてから使うことになりますね。でも、旧Intel版のMacBook Airの時は問題はなかったんですがね。M1チップ版では、何か問題があったのかもしれません。

Printer FAX



おはようございます!Mac-BCL777です。
今朝も03:00に起きまして、ラジオ大阪を聞きながら、絶賛作業中でございます。

i000_386

昨日は今年最後の通院でした。といっても整骨院ですが。肩と腰に違和感があったので、そこを中心にマッサージしてもらいました。念入りにやっていただきましたので、かなり楽になりました。これで、体の歪みもなく、安心して年越しができます。今年は夜中の二年参りはやめて、年明けの早朝時間帯の人が少ないときに、住吉大社に行こうかと思っていますが、同じことを考える人もいると思いますので、様子を見て初詣に行きたいと思っています。逆に今年は地下鉄や南海電車、チンチン電車が終夜運転しませんので、その時間帯に行った方がいいかもしれませんね。そもそも行かないかもしれませんけど・・・。



2020年12月28日(月)の受信ログです。

受信機:YAESU FRG-7700
アンテナ:ΔLOOP9+
Time(JST)kHzSINPOLang.Station
17:00-17:301174535232JpnRadio Taiwan Int'l



こんにちは!Mac-BCL777です。

先日、楽天のロジテックダイレクトで購入したMacBook Airのバックアップ用のSSDですが、いや〜、本当に快適です。今まで使っていたハードディスクタイプの外付けHDDに比べて、圧倒的に早い時間でバックアップが終了します。価格は高いですが、これだけ早いなら納得ですね。時間をお金で購入している感じですね。しかも小さくて軽くて便利ですね。M1 MacBook Airといい、やっぱりパソコン関係の製品はスピードが命みたいな感じですね。

SSD 02



にほんブログ村 その他趣味ブログ BCL・ベリカードへにほんブログ村 PC家電ブログ Macへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ