こんにちは!Mac-BCL777です。

昨日に続いてレンズフードを購入しましたので、早速取り付けて見ました。レンズはEOS M6で使える望遠レンズ「EF-M55-200mm F4.5-6.3 IS STM」です。取り付けの口径は、52mmですので、52mmのものを購入しました。価格は928円と、これまたメーカ純正品のほぼ半値です。作りは金属でかなりしっかりとしています。
  • パッケージです。当たり前ですが、昨日紹介したメーカーと同じですので。パッケージも同じです。
  • IMG 0728

  • レンズフードはこんな感じです。昨日紹介したものと同じです。デザインも一緒です。
  • IMG 0729

  • レンズフードを取り付ける前の写真です。レンズプロテクターをつけています。
  • IMG 0730

  • レンズプロテクターを外して、レンズフードを取り付けて見ました。なかなかいい感じです。
  • IMG 0731

  • 正面から見るとこんな感じです。う〜む、やっぱりかっこいい!
  • IMG 0732

  • レンズプロテクターを装着して、その上からレンズフードをつけてみました。ちょっと隙間が増えた感じですが、まあまあいい感じですね。このレンズフードのいいところは、レンズの太さとほぼ一緒なところですね。
  • IMG 0734

望遠レンズは、カメラ本体からすると、結構レンズが出っ歯ている感じですので、レンズフードがないと何処かにぶつけそうになりますので、やっぱりレンズフードがあると安心です。昨日記事で書いたコンパクトな単焦点レンズよりは、この望遠レンズの方が、レンズフードのありがたみがわかります。多分。

明日は、この望遠レンズと一緒に購入した標準ズームレンズ用のレンズフードも購入しましたので、その記事を書きたいと思っています。今日と同じような感じですけど・・。

正直、最初はレンズフードって、取り付けるとかさばるので、つけないほうがいいかなと思っていました。ですが、一度使って見ると、レンズフードがあった方がカッコも良くなるし、いいものだなあと思っています。

いかに私が購入したAmazonの商品リンクを貼っておきます。