こんにちは!Mac-BCL777です。

M1チップが搭載されたMacでは、iPhoneやiPadのアプリが動作します(100%ではありませんが)。ところが、普通にM1 MacBook Airの公式アプリのApp Storeで検索しても、出てこないアプリが多いんですよね。そんな時に救世主となるアプリがありました。「iMobie M1 App Checker」というアプリです。このアプリをインストールして、iPhoneやiPadのアプリを検索すると、なんと!ちゃんと検索されます。ということで、紹介したいと思います。

例えば、iPhoneやiPadなどでベンチマークを取るアプリ「AnTuTu」ですが、公式のApp Storeで検索すると、以下の通り表示されません。

Img 0001

ですので、「iMobie M1 App Checker」をダウンロードします。iPhoneのアプリがM1 Macで動作するのかを確認できます。「無料ダウンロード」をクリックして、アプリをダウンロードします。

Img 0002

Zipファイルがダウンロードされますので解凍します。

Img 0003

するとアプリファイルが解凍されますので、アプリケーションフォルダに入れてください。

Img 0004

「iMobie M1 App Checker」をダブルクリックして起動します。左メニューのiPhoneアプリをクリックします。

Img 0005

検索画面になりますので、ここではベンチマークアプリの「AnTuTu」と入れて、検索ボタンを押します。

Img 0006

すると、検索結果が表示されます。Apple公式のApp Storeアプリでは表示されなかった「AnTuTu」が表示されています。ダウンロードしたい場合は、右にあるダウンロード(雲みたいな)アイコンをクリックすれば、ダウンロードされます。

Img 0007

ここで注意が必要なのが、今使っているiPhoneやiPadと同じApple IDとパスワードを入れる必要があります。ここは自己責任で行ってください。

Img 0008

するとダウンロード画面が表示されますので、「完了」が表示されたら、右の矢印アイコンをクリックして、任意の場所に保存します。

Img 0009

すると、任意の場所に「AnTuTu」のインストールファイルがダウンロードされました。あとは、M1 Macにインストールするだけです。

Img 0010

いかがでしたでしょうか?Apple公式のApp Storeアプリに表示されないiPhoneやiPadアプリを探すのに便利なアプリだと思います。ただ、ダウンロードしたiPhoneやiPadアプリが100%、M1 Macで動くとは限りませんので、その辺は仕方がないということで、あきらめましょう。また、ダウンロード時に、Apple IDの入力が要求されますので、あくまで自己責任でお使いください。入力が嫌な方は 、「iMobie M1 App Checker」を使わない方がいいと思います。